2011年09月27日

無駄な時間のつくり方

 SSDの速さがわからないなどとほざいておりましたが、旧式の職場の環境と比較して、爆速であったことを実感します。単に気のせいですが、システムをチューニングしたわけでもないのに、動作が益々、軽快になっていて、重い作業はたまにしかしないのですが、重いとすら感じなくなっているので、ちょっと怖いかも。あ、そんなことで幸せをかみしめていたら、携帯がまた壊れました。どこでどんな圧力をかけたのかすら記憶がなくて、薄すぎるのも問題かもと。外側に損傷の後がなく、内側の液晶だけがピンポイントで真っ黒になっているので、原因は不明です。

 他方、個々の情報は取引相手とでは重要なのですが、右から入って左から流さないともたないぐらい情報量が多いので、脳みそもSSDぐらいにならないかなあと。必要なときにランダムアクセスが速くて、不要になったらさっさと記憶から消える。そんな脳が欲しい日々です。

 そういえば、先週の木曜日だったかな、NHKの夜9時のニュースは、トップが帰宅難民で、とうとう被災地をだしにするのをやめて露骨だなあと。ローカルニュースでやれという感じで、どこも同じかなと思って、もう一度10時頃にテレビの電源を入れて、『報道ステーション』をつけたら、まずは被災地でNHKよりも時間が短かった気がしますが、はるかに分析的に映像を流していて、あれま。30秒ぐらい首都圏の帰宅難民の映像が流れて、次は名古屋市守山区の防災の問題を取り上げていて、ほほおと見入ってしまいました。

 区内に8ヶ所ほどしか非常用のサイレンがない上に、住宅地から離れているため、住民の多くがサイレンそのものに気がつかなかったとのこと。さらに、気がついた人もサイレンの意味が分からなくて、なにをどのように対応したらいいのかが分からなかったとのこと。加えて、100万人を超える市民を対象に避難勧告が出されたのにもかかわらず、収容できる避難所が5万人程度だったとのことでした。田舎ではあるものの、僻地とはいえない程度の地方都市在住者としては他人事ではなく、はるかにコミュニティが機能していた東北地方ですら、あれだけの被害がでたのですから、3月11日クラスよりも軽微な災害ですら、襲われたときに、非常に危険な環境で暮らしていることを実感しました。

 しかし、民放が主要ニュースを幕の内弁当のようにうまくまとめているのに、NHKのバランス感覚のなさは異常で、たまにしか見ないからたまたま目に付いただけだとは思いますが、7時のニュースはもう昔からひどいそうで、あらあらという感じ。まあ、公共放送様を過信していただけのようです。ただ、土曜日に久しぶりに出張先で『朝日』を買ったら、一面トップがユーロ圏の問題で、隣に光速を超える質量を持った素粒子が発見されたというニュースが同じ程度の比率で出ていたので、噴出しそうになりました。物理学とかまったくわからないので、アインシュタインの相対性原理を否定する話とかはさっぱりなのですが(学生時代に読んだ原著論文では光の速度一定とか他の座標系に対する絶対性などの相対性原理というのは一種の公理であって、実証された事実ではないという程度)、ギリシャ問題と並べると、感動がヨーロッパで生まれたという熱い解説をいくら読んでも、「物理学者の道楽に金をかける時代じゃないの!」と裏の真意を読みたくなってしまいます。

 8月から国内ばかりですが、土日が、勤務先で潰れるか、出張という状態で、もう限界。今週の日曜に最後の出張から帰ってきて、疲れ果てていたのですが、無性にテレビで軽い番組でもと思いましたが、国内のお笑いにはついてゆけず、後の番組もさっぱりだったので、CATVのオンデマンドで軽そうな洋画でもと思ったら、『恋とニュースのつくり方』(Morning Glory)がVODにあったので、見ていたら、感想も浮かばないぐらい、気分にマッチして、楽しかったです。「時の最果て」の中の人は、俳優でパッと見てわかるのが、ハリソン・フォードだけという終わっている人なのですが、ヒロインのBeckyが失業するあたりから思い話のはずなのに、実にタッチが軽くて、ラブコメとサクセスストーリーを安直に組み合わせただけなのですが、ここまで安直だと、かえって爽快な感じでした。

 ツボにはまったのが、Adam Bennettがハリソン・フォードが演じるMike Pomeroyを世界で3番目に嫌いだと言っていて、残りの二人は途中で知らない女優と金正日だというあたりでした。あとは、テロップに性的スキャンダルが出ている状態でカーターの顔がでてくるあたりで、また大笑い。あとは、マイクが自分の経歴を語るあたりで、パウエルやチェイニーなど共和党ばかりで、ライスさんははめこみでしょうが、テレビ画面でマイクと並んでいるあたりも、本人がOKしたのかとびっくりでした(オバマ政権のグダグダへのあてつけか)。アメリカの全国地上波ネットワークの事情には疎いのですが、NBCとABCとCBSが三大ネットワークだというのはさすがにパッと出てくるのですが、CBSだけは実名で出てくるのはちょっとびっくり。"Today"という朝のショーが実在するのも知らなかったです。頭の固いマイクをキャスターに引っ張り込むのに、契約書を調べて600万ドルを失いたくないでしょと落とすあたりは好感度大。テレビは報道だと説教するマイクに、娯楽と言い切るベッキーも爽快。まったく知識がない状態で見たので、細かいところはわからないのですが、ベッキーのお母さんが、娘が失業したときに、8歳で夢を見るのは素敵で、18歳でも同じだけれど、28歳で夢を追うのは(以下略)というあたりはしんみりせずに、笑ってしまいました。ラストでCBSの"Today"にヘッドハンティングされたベッキーの服装がお姫様みたいで、ついつい見とれてしまいました。ピンク色のヒールでこんな上品なものがあるのかというあたりもびっくり。Colleenもいい味ですし、一杯、笑い転げましたが、久々に、深く考えずにすっきりしました。

 仕事とは別に、震災関連で重たくて妙に理屈っぽい話でうんざりしたり、なんかすごそうだけれどやたらと薀蓄話を聞かされて、興味がなかったら無価値なのになあと疲れたりした後で、見たせいか、癒されました。あとでネットで検索したら、女性向け(女子力アップ!みたいなのりみたい)らしかったので、ちょっだけ恥ずかしくて、「寝言」とはいえ、辞めておこうかとも思いましたが。長期不況が本格化する時代に増税とか気が狂っているとしか思えない話題ばかりの時代ですので、ついつい、『29歳のクリスマス』で松下由樹が「明るい光景に点々と暗いところがあるのと暗い光景に点々と明るいところがあるのとどちらが幸せなんだろう」みたいな問いを発していたのを思い出すのですが、後者を笑い飛ばして生きるというのは、難しいけれども、そう過ごしたいものだと思ったりします。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふまじめな寝言