2012年12月20日

前途多難

 毎年12月は余裕がなくて、今年が特別というわけでもありません。ただ、今年は加齢を感じるようになりました。疲れてくると、精神的にハイになったりすることもありましたが、今年に入ってから、どよーんとした気分になるだけですね。回復するには、寝るしかない状態で、食べて精をつけるとかは愚策もいいところという感じでしょうか。

 リビアの話はいったん棚上げです。クリントンが指名し、マイク・マレン提督やトーマス・ピカリングが率いる委員会のレポートが出て、私の想像を超えて事態は深刻でした。簡単に言えば、治安が悪い地域では命がけのアメリカの外交官を守る基本的な安全さえ確保できないところまで来ているのかと驚きました。帝国としてのアメリカを地球規模で維持するのは困難になっているのではないのかとすら感じます。この委員会は各地域の情勢を正確に把握する能力も相当、低下していると指摘しています。

 他方で、締め切りを乗り切って(正確には全く守れていないのですが、もっと遅い人がいるというだけですね)、英字紙を読む時間が増えると、嘆息するばかりです。Wall Street Journalが2012年12月19日付で配信したEleanor Warnock and Takashi Nakamichiの"New Japan Government to Bust Budget Caps"という記事を読んでいると、憂鬱になります。特段、目新しいことは書いていないのですが、内心、嘆きながら、自民党に投票したのですが、是非に及ばずという心境でした。あえて白票を投じた方がよかったのではないかとすら思います。記事は、民主党政権が国債の新規発行に44兆円という上限を設けていたと述べていて、それ自体は間違いではないのですが、麻生政権を超えるのはさすがにまずいという程度の話で、ちょっとどうなんだろうという記述も目立ちます。

 しかし、これから誕生するであろう安倍政権はその枠すら突破しそうというのはなんとも重苦しいです。海外の投資家と比べて、国内の投資家の方が来る安倍政権の経済政策に懐疑的であり、そのことを長期国債や10年を超える超長期国債の利回りの上昇が示しているというのは納得です。私自身は金融のど素人なので下のリンク先を見ればよいと思っていますし、聴かれたら、そう答えています。

http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html

 まあ、実際に予算編成が済んでからが問題だと思いますが、実質的には、麻生政権以後、自民党は小泉政権以前の、「失われた十年」をもたらした、拡張的財政政策と金融緩和の組み合わせに戻りつつあるのでしょう。言ってみれば、糖尿病患者に先がもうないのだから、好きに暴飲暴食をしなさいというのはある種の優しさかもしれませんが、真顔で、暴飲暴食をすれば治りますといわれると、ドン引きします。日本の未来は、借金を返済するために増税するという状態でして、これはお先真っ暗というところでしょうか。

 なんだか疲れが取れないまま、ぐったりしました。二度寝したいですね。


続きを読む