2012年12月27日

年の瀬

 2012年も終わるようですが、なんとも実感がなく、他方で、毎年、年末の仕事がつらくなる一方です。そのうち、給料を削られるのですから、仕事を減らしてくれというのが本音でしょうか。仕事が増えているのに、給料を削られるのはさすがにひどいなあという感じです。

 第2次安倍内閣に関してはとくに感想もないのですが、麻生太郎氏が副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融)デフレ脱却・円高対策担当とのことで、これで財政再建は当分はないでしょうし、2001年9月以降、7年間かけて歳出削減を行った遺産を麻生政権がぶち壊しにして、民主党政権がそれを「上限」にして意味もなくばらまいた路線を引き継ぐんだろうなと。失礼ながら、政権が戻っても、これは私の主観でしかないのですが、好ましくない財政政策だけが継続するのでしょう。止めてほしいのは、エコポイント等の実質的な特定産業への補助金政策でして、補助金が切れたとたんに、家電メーカーの業績が悪化しているのは、国際的な競争で敗れている企業の問題とはいえ、産業の衰退を早めます。とにかく、愚策だけは勘弁してほしいというところでしょうか。完全に脱線すると、ネット上では、政権交代直前に金融危機と最悪の状態で総理大臣の任にあたった麻生氏に同情が多い印象がありますが、私自身もタイミングという点では惻隠の情ぐらいはありますが、無能という点では厳しい評価をするのは当然だとすら思っております。

 あとは、公共放送様によると、オバマの覚えがめでたいとのことですが、露骨な円安誘導はアメリカ側の理解をえているんですかね。中国と同程度に為替操作国と指定されても不思議ではない発言を、総理大臣を筆頭に繰り返している印象があるのですが。あとは、短期的に株価が上がっても一喜一憂しないことが大切では。2001年9月から総理大臣を務めた方は、「株価に一喜一憂しない」と明言していましたが、政治家もしみじみ軽くなりましたね。上がったことを功績であるかのように述べると、下がったときには責任を負わなくてはならなくなります。少しは頭を使ってほしいものだと思います。

 また、今回、失敗したら自民党も民主党と同じ運命をたどるという認識自体は特段、間違っているとは思わないのですが、力まないで下さいね。2001年9月に自民党総裁、そして総理大臣になった方は、「痛みをともなう構造改革」、「改革なくして成長なし」と述べたおかげで、すぐに実績を上げなくとも、期待値を下げることに成功しました。おそらく、意図せざる結果で、本気で改革を目指していたのだと思いますが、すぐには成長はないよというシグナルを、結果論ですが、発することによって、2003年の株価の底を潜り抜けたと思います。既に手遅れですが、景気が活発になる主役は民間部門であって、公的部門ができるのはそれを邪魔しない程度だということぐらい理解して頂きたいと存じます。おそらく、安倍総理にそのようなことを願うこと自体、私自身が夢想家と思われてもやむえをませんが。

 fiscal cliffはなんとかなるだろうと甘く見ておりましたが、WaPoのコラムニストの大半がオバマ勝利でげんなりしていたのは、さすがだなあと。ただ、ロムニーが勝っていても、共和党内の対立、あるいはティーパーティに加えて、小さな政府志向の穏健派を宥めることができたのかは疑問なのですが。この問題を軽く見ていた私の勘の悪さは明記しておく必要がありますね。正直なところ、オバマで継続した方が、ロムニーが勝利して、新政権発足までにゴタゴタするより、話が片付きやすいという程度で見ておりました。さすがに、一時的とはいえ妥協が成立すると思いますが、性急にヘルスケア改革を進めて反対を封殺しただけに、アメリカの財政問題は、政治的に落ち着く目途がまだ見えないのでしょう。

 ヨーロッパは、今年を乗り切ったという点で、驚きの粘り腰でした。問題は、緊縮財政に債務危機が顕在介していない国も含めてどこまで耐えられるかですが。ちゃんとデータを見ての「寝言」を書く余裕がないので、現時点ではとくに見通しすらないです。

 脈絡がないのですが、高校時代に読んだ高坂正堯氏の『文明が衰亡するとき』のような話を老後の楽しみにしようかなあと。まったく、現代への関心から切り離されているといえば、嘘になりますが、なにかそこから「歴史の教訓」をえようとか、小賢しい高邁な関心ではなく、人が生まれ、生を営み、老い、やがて死んでいくプロセスと同じように文明を表面的にでも眺めていたいという程度の話ですね。


 続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言