2013年04月06日

拘束される日々 解放される日

 高校時代が陸上部に属した最後です。筋トレのメニューがありましたが、どうにも苦手だったのがスクワットでした。周囲はみんな気合を入れるのですが、私だけはわが身の安全が第一で、膝を痛めない程度に適当に力を抜いていました。適当にやっていると、周りは敏感に察知するもので、「ほんにお前という奴は」という扱いを受けましたが、けがをしないという点では異常に安定していました。個人レッスンも4月いっぱいで一段落したい気分もあるのですが、膝が痛まないスクワットをやって汗だくになりましたが、すっきりしました。帰宅してから20回を3セットほどやりましたが、膝に驚くほど負担がかからないですね。こういう種目が1回のレッスンで最低でも1つはあるので、続けてしまいます。

 最初はストレッチポールの上で腕を上げたり、腕で弧を描いたりする運動をしていました。非常に珍しいのですが、何のためにやっているのかの説明がほとんどなくて、最後にプルダウンをやりました。上半身はかなり左右で歪みがなくなっているのと、動きがよいのでしょうか。

 次がスクワットでしたが、とうとうやるのかというのが正直な感じでした。スクワットなんて、膝を痛めるだけの無駄な運動と思っていました。当然、膝を曲げるのですが、あまり前に突き出さないように注意されて、ホッとしました。膝に負担をかけるのは危険ですからと言われたので。お食事中の方には申し訳ないのですが、和式の大きい方で踏ん張る態勢によくにています。尻を後ろに下しながら突き出す感じですね。トレーナーの方は、「筋肉痛でのた打ち回りますから」と笑顔で10回を3セットで終わりにしましたが、一人で体が覚えるまで叩き込む意味もあってプラスして20回を3セットやりました。ジムでは最後の10回は7キロの棒を抱えて負荷をかけていたので、回数が倍になっても楽なものです。どうも、下半身の筋肉は、もちろん高校自体とは比較にならないほど衰えてはいるものの、負荷のないスクワット程度では筋肉痛にはなりそうにないです。そういって明朝、起き上がれなかったら、笑うしかないのですが。ふくらはぎと太ももの筋肉は、歩いているせいもあって、かなり安定しているようです。最初、負荷をかけたときに、いつも褒めてくれることが多いのですが、今回は想定外によかったようで、あっという間に負荷を厳しくかけられました。

 こうなってくると、血栓性静脈炎になぜなったのかが益々、謎でして、その時期に運動不足で病気になったという可能性もあるのですが、どうも「たまたま」ではないのかと。2004年のときには、遺伝子レベルの検査を受けてほしいけれど、負担が大きいからなあと言われたので、遺伝も影響しているのかもしれません。研究の対象になるぐらいなので、遺伝で確定しているわけではないと思いますが。

 2011年の11月から禁煙を始めましたが、漸く、目標とする段階に来つつある感じです。一つはやはり体ですね。これを「唯物論」というと、問題があるのかもしれませんが、体に不安を抱えていると、精神の働きも不安定になるというのが持論です。肉体に不安を感じるのなら、面倒でも一つ一つ、それを克服していこうと。3年程度はかかると見ているので、最終段階といっても、ここから最低でも1年間ほど、運動を続けないと全く意味がありません。

 そして、やはり本業はデスクワークですので、肉体の不安を取り除くプロセスと並行して精神的な活動を活発にするチャンスかなと。今の職場では誰も理解してくれない話にチャレンジするので、できたら異動があるといいななんてね。それはともかく、まさかこの問題にこのアプローチを使うのかという驚きをもって勉強していますが、もう1段階、踏み込んで生活自体を変える必要がありそうです。

 それにしても、まず禁煙に着手したのは、「時の最果て」で何度も書いているので、うんざりする方もいらっしゃるかもしれませんが、よかったなあと。タバコから自由になると、他の拘束もどんどんと楽になります。勤務先の拘束は増える一方で、肩書が上の方の拘束は減る一方なのはどういうことなんでしょと不思議で仕方ないのですが。


続きを読む
posted by Hache at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康な?寝言