2014年01月29日

適当な話(2014年1月)

 先週に風邪を引いてしまいました。この1年ぐらいは、風邪をバカにできなくなってきて、今回も38度を超える熱がでるありまさです。40代半ばになろうとすると、さすがに、38度ちょっとでもきつく感じます。土曜日は外せない仕事があったので出勤して、ひたすら回復です。だからというわけでもないのですが、英字紙はタイトルを拾うのがやっとでして、『日経』を読んでいると、なんだか気もち悪いなあと。風邪の上に、寒いのか温かいのか、すっきりしなくて家にひきこもりがちだったので、久しぶりに内向きの話というのもよかろうと。

 まずは、株価の乱高下ですが、『日経』によると、新興国の通貨安が原因だそうで、別に否定するつもりもないのですが、日本以外の先進国は異常な金融緩和の状態にあることを指摘しないと、わけわかめなのではと。あ、ちなみに、株屋さんとはまったくお付き合いがないので、そこのところは素人くさいので、ご承知おきください。最近は株価をまるで見ていなかったので、あらためてびっくりですが、アメリカの場合、S&P500で見ると、金融危機以前の最高値が2007年の1500ドル台だったのに対し、2013年末から2014年にかけては1800ドル前後で推移しているわけでして、だからバブルと決め打ちする気もないのですが、普通に考えて、先進諸国の中央銀行が量的緩和を実施している最中で、景気に明るい動向が見えると、株式市場に資金が流れ込みやすくなっており、前代未聞の水準に達すると、オーバーシュートするのも人情でしょうと。

 ユーロ圏も似たもので、まだユーロ危機が終わったわけではないと思うのですが、いつの間にかDAX指数はまさかの9000超え。金融危機の前は2007年12月に8000を超えるのがやっとだったのを考えると、金融緩和の効果が強烈に資産市場に影響していると見るのが普通ではと思います。それと比較すれば、わが国の株式市場は控えめでありまして、TOPIXがなんとか1200を超えているという現状は、日本人がつつましい民族であるという嘘くさい神話を信じたとしても、控えめなわけでして、量的・質的緩和だといくら日銀が力んだところで、金融危機以前の水準にすら資産市場を代表する一つである株式市場が到達しないというのは、これから襲うかもしれない株式市場の崩落のなかで、下落幅が相対的に小さいのが慰めになるという点ではよいのではと思ったりします。

 「寝言」なので書きやすいのですが、いわゆる「リフレ政策」が資産価格をターゲットとしないのが不思議でありまして、なぜ財価格ばかりを問題にするのかなと。適当な話ですが、IS-LM分析レベルのマクロ経済学に貨幣数量説の発想を接ぎ木した程度の話じゃねえのという感じ。話がそれましたが、債務危機を抱えるユーロ圏をDAXで代表させるのは滅茶苦茶な気もしますが、東京証券取引所などというのは、アメリカ、ヨーロッパの金魚の糞みたいなものだということをわきまえていないと、新興国の通貨安に一喜一憂するという無駄なことをしなくてはなりません。これは素人の戯言ですが、売買高自体はそれなりのボリュームがあるので、すぐさま立て続けに暴落するという状況ではないのではと。

 話がいきなり飛びますが、東京都知事選の候補者を見て、よその地域に住んでいるとはいえ、これはつらいなと。石原氏の悪口をさんざん聞かされましたが、東京都で、この顔ぶれというのは人材が本当に少ないなあと。もちろん、田舎の首長選挙に比べれば、はるかに賑わている気がするのですが、総理経験者がでてきて、「脱原発」を争点にしますというのは、私が東京都民だったら、そういう話は別の機会にしてくれないかとなりそうです。まあ、投票権がないので、見ているだけという感じが強いですが。政治的指導者の育成が必要なのは実感するのですが、一体どうすりゃいいんですかいという感じでしょうか。

 最近は経済政策から遠ざかりたいなあと。タクシーの自由化もどうかなという感じですが、規制強化派の人にこのモデルが使えませんかねえと言われて絶句ですね。結論ありきで、道具なんだって。そんな手合いとはかかわり合いたくもないので、だんだん、ひきこもることになりそうです。


続きを読む
posted by Hache at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2014年01月14日

『ぷよm@s』part33 備忘録(ネタバレ要注意)

 『ぷよm@s』part33がアップされているのに気が付いた頃には、1万アクセスを既に過ぎていて、不覚でした。たぶん、内容の魅力を、私などよりも、はるかに豊かに伝えられる方が多いとは存じますが、あえてメモ程度に感想を書き残しておこうかと。それでも、ネタバレは避けられそうにないので、「続き」の方に書いておきます。解説など、とてもできるレベルではないので、ネタバレだらけになっています。まだ、本編をご覧になっていない方は、興趣を削ぐと思いますので、まずは本編をご覧ください。



続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2014年01月07日

とりとめがない!

 昨年末から、プライベート重視になってきて、特定秘密の保護に関する法律とか、靖国参拝とか、全部スルーしました。12月後半にニコ割に回答して、つまらないことばかりだなあと。安倍政権は不支持で、発足当初から変わらないです。市民的・経済的自由の敵の政権を支持するわけがないのであって、まあ、当然の帰結でしょう。いわゆる「リフレ政策」など、財政・金融政策で物価の期待形成までゆがめようとなってくると、元々、付き合いきれないですし、電力の自由化と称して、電力会社の経営や融通など市場や私企業の領域に経済産業省の関与ばかりが強くなると、ああ、私とは正反対のポジションだなあと。まあ、要するに、国内は、本丸である社会保障改革、あるいは手厚すぎる高齢者の既得権益が拡大する一方でしかない現状を糊塗するだけの政権でしょう。

 問題は、海外なのですが、日本のマスコミは、中韓ばかりで、たまに東南アジアとアフリカ程度。英字紙に頼るしかないのですが、正直サボっていると、段々、焦点を絞るのが難しくなります。絵文字を使ったメールとか書いていると、ふにゃっとしてきて、これはいかんなあと。まあ、しかし、こんなことも、もう二度とないかもしれないし、まあ、だらだらと正月を過ごしたのですが、アメリカ経済への回復期待が根強いものの、アメリカの影響力は落ちる一方ですねえ。これで、軍事力が低下したら、日本も本気で中国とどう妥協するかを真剣に考えた方がよいのではと思いますが。まあ、起きるとしても、先なんでしょうが。オバマ政権の任期がまだ3年も残っていると考えると、アメリカ中心の秩序はいい感じでぶっ壊れてくるんじゃないでしょうか。靖国参拝したあべしもその「手助け」をなさったわけで、最近、政治の話は一切していないのに、なんで参拝するのと聞かれて、「アメリカの東アジア外交が手詰まりになる、オウンゴールを華麗に決めたかったのさ」と答えると、二度と聞かなくなるので、便利です。

 「伝道者の書」が自分の価値観に近いというのは理解されないなあと思っておりましたが、気が付いたら、周囲にインテリが多くて、ああ、頭の悪い人たちばかりだったんだなあと。ご普通の方が特別、口にもせず、感慨もなく、「昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない」という感覚を持っていることに漸く気が付いてきました。「人は、自分の仕事を楽しむよりほかに、何も良いことがないことを。それが人の受ける分であるからだ。だれが、これから後に起こることを人に見せてくれるだろう」という感覚と、「日の下であなたに与えられたむなしい一生の間に、あなたの愛する妻と生活を楽しむがよい。それが、生きている間に、日の下であなたがする労苦によるあなたの受ける分である」という感覚を共有できたから、幸せというよりも、まあ、なんとか生きたといえるのではないかというかと思っていましたが、もう少し、女性にも、同じような感覚があっても、上手に味気ない人生を、まるでいろんな冒険をしている気分にさせてくれる人もいるということに漸く気が付いてきました。


続きを読む
posted by Hache at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言