2014年07月30日

アルゼンチンの債務不履行の可能性に関する一部邦字紙の報道

 ご飯というのは一人で食べるよりも、二人、あるいは大勢で食べる方がおいしいと独り身できた私でも思うのですが、例外もありますね。たぶん、万単位で奢って頂いているのに、まったくありがたみを感じないというのは私が薄情だからでしょう。舌は美味しいと感じているはずなのに、気持ち的にはまずく感じます。独りで食べる定番のサバの味噌煮定食などは高々、800円ですが、よほどおいしく感じます。集団的自衛権の問題に限定すれば、法学部ご出身の方に、安倍政権の基本的な方向は正しいと思いますよと話しました。現行の政府解釈は権利はあるけれども使えないというのはバカにしているのかと。はっきりと申し上げますと、戦後生まれだけれど、まだ子供の頃には傷痍軍人の人がいてねと、さも戦争を知っているかのような話をされると、ここ数日はまだ過ごしやすいとはいえ、疲れがどっと出てしまいます。

 相性というのも大きいものでございまして、最近、感じるのは、かなり私自身が心が狭いんだなあと。これは私自身も過ちを犯すことがあるので、他人に対して極端に厳しくなり過ぎないように努めているつもりですが、事実関係をあまりに不正確に説明されると、本気でイライラします。『朝日新聞』の読者でも、個人差が多いように思いますが、集団的自衛権の問題で傷痍軍人がどうたらこうたらで早く帰りたいなという状態のところに、アルゼンチンが債務危機で世界の金融システムが滅茶苦茶になりそうなんだけれど、知っているかと尋ねられたので、そんな話、存じませんと。英字紙を読んでいて、そんなことも知らないのかと言われたので、不勉強で恥じ入りますとお答えしました。

 まあ、知らないならいいやと優越感が満たされたようで、これでまた金融危機だね見たいな話をされるので、はあと。アルゼンチンは正確な時期は失念いたしましたが、既にデフォルトを経験しているので、他国の金融機関も融資には慎重でしょうし、ほとんど影響はないのではと説明しましたが、そうだといいねとバカにしたような反応でした。

 で、『朝日』は紙ではまったく読まなかったので、デジタル版を見ていると、「アルゼンチンの債務問題再燃 主要市場に動揺拡大の恐れ」という記事が2014年6月19日付で配信されておりました。紙媒体では見出しや記事がどうだったかは確認ができないので、わからないのですが、国際的に金融システムが崩壊するというのは読み手側に飛躍があるとはいえ、そうもとれないことはない内容です。もっとも、『朝日』は遅すぎる気もしますが、2014年6月28日付で「アルゼンチン、債務不履行の危機再び 影響、限定的か」という記事を配信しており、軌道修正をしています。どの記事が紙媒体に掲載されたのかはわかりませんが、両方とも掲載されていれば、最初の記事だけを読んで2番目の記事を読んでいなかったり、単純に読み手サイドの読解力の不足の問題かもしれないです。ロイターが7月29日付で配信した「アルゼンチン、デフォルトでも市場大混乱しない=IMF専務理事」という記事が、ロイターという点がやや気になりますが、普通の感覚ではと。集団的自衛権の話で、地球の裏側まで米軍と行動をともにするというのかとか、お前みたいな若造(もう中年のオヤジなんですが)は戦争を知らないとか、疲れていたところに、アルゼンチンの債務不履行で世界経済破綻みたいな話まで聞かされて、疲れ果てました。リベラルの人は適当な論拠で適当なことを主張して、自分と意見が異なると罵倒して、本当にお気楽なんだなあと実感しました。


続きを読む
posted by Hache at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2014年07月20日

計算量と水平線効果

 世論調査の結果を斜め読みしている程度ですが、集団的自衛権への懐疑が根強くあるように感じます。他方で、集団的自衛権の行使を認めるべきではないと原理的に否定されている方にはびっくりですね。失礼な言い方ですが、50代後半以降の世代の人はそんな程度ではという感じですが、30代前半でも稀にいるんですね。困ったことに、個別的自衛権と集団的自衛権の違いがわからないなみたいなとぼけ方をしたりすると、しどろもどろになるので、こちらがひきます。結局、憲法第9条を守れみたいな話になるので、相手にするのが疲れます。ひどい言い方になりますが、党派的な主張というのは本当に楽なもので、本当に分析が必要なところは相手任せ、都合のいいことだけを見る、具体的な話は避けるという具合で、あまり深入りしたくもないですし、親切心もないので、えらい人が説得してくだされで終わりですねえ。あんまりないとは思いますが、極論の類が増えているとなると、なかなか大変だなとは思いますが。

 第3回電王戦第3局であからさまにコンピュータ側の指し手に違和感を感じたのですが、以前、書いた通り、水平線効果という話のようです。あんまり、わかっていないのですが、コンピュータの読み手が1秒で百万手単位、千万手単位になっても、だいたい20手ぐらいで読みを打ち切らないと、計算量が莫大になって結論が出なくなるそうです。20手以内という制限で「最善手」を見つけるとなると、かなり無理もあって、20手以内にコンピュータ側が自身の形勢が極端に損なわれる局面が出現すると、それよりはマシな局面を作り出すために、人間だったら指さないタイプの悪手を指してしまうようです。私程度の棋力でも違和感があるので、もっと強い方なら一目瞭然でしょう。当初は、コンピュータが処理する計算量が増えれば解決するのではと考えていましたが、評価関数を改善する方が先のようです。もっとも、スーパーコンピュータに計算させたらどうなるんでしょみたいな話はおもしろいのですが。

 他方で、プロ棋士や奨励会三段レベルあたりになると、序盤の段階で終盤を構想するというのは珍しいことではないそうなので、おっかない話です。プロ棋士相手に高い勝率で勝ち越しているというのは、コンピュータ将棋が既に高い棋力をもっていることを示しているのでしょう。他方で、プロ棋士でも一秒単位では読める手という意味をなさないようなので、その計算量でコンピュータ相手に、まったく勝てないというわけでもないということは、人間の思考というのは遅いようで、意外と効率が良い面があるかもしれません。

 これは私自身の棋力が低いからかもしれませんが、棋力が高い人ほどコンピュータ将棋と人間の指す将棋の違いを感じるようです。序盤よりも中盤、中盤よりも終盤という具合で、コンピュータが強くなる傾向のようです。よって、コンピュータ将棋を相手にするときには定跡を外すのが有力な方法で、棋士でも相当、意識されているようです。他方で、計算量が飛躍的に改善すると、水平線効果のような現象は回避できるのかもしれませんが、コンピュータ将棋がどんなに強くなったとしても、人間の所産というのは変わらないのではと。ただ、計算量が膨大になってくると、開発者の方でもコンピュータの指し手を理解できなくなるので、他分野に応用する際に、コンピュータが選んだということ自体が理由になるのはちょっと怖い気もします。将棋ならば、勝敗のみならず、棋譜という形で一応は過程も検証できるのですが、そうではない分野での応用ではまだまだハードルが高いと思います。現状では、スマホでさえ、使うというより使わされている光景も目にしますので、難しいところですが、人間の意思決定を補助するツールとして以前よりも、役割が大きくなるだろうとは思うのですが、代替する事態は起きないだろうと。補助ツールとしてさえも、なにかトラブルが生じたし際に、どの過程に問題があるのかが検証できないと、能力が高くなっても、役割は限定されるのでしょう。


続きを読む
posted by Hache at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2014年07月14日

階段連鎖あるいはズラース法

 そろそろ『ぷよm@s』とBぷよは別カテゴリーが必要になるかもです。part34では小鳥さんが4連鎖ダブルを異常なスピードで組んでいくのもあるのですが、素人的にはほとんど不定形に見えます。かろうじて、階段連鎖かなあと感じる部分もあるのですが。part34に話が戻るのですが、「ある意味では、生粋の『ベーマガ派』らしい組み方とも言えるかもしれないな」というキョウスケPの発言は、続く発言で「小鳥さんの中で、ぷよの組み方というのは長いあいだ『階段』と『挟みこみ』しかなかったはずなんだから……」と補完されています。結局、階段連鎖も使えないまま、中断してしまったので、まずは階段連鎖の練習からです。BぷよのCPU戦で最も遅い0に設定して、練習です。4連鎖がなんとかなったところで、1時間が経過してぐったりです。もともとは究極連鎖法を目指していたのですが、途中から階段連鎖、あるいはズラース法に変えました。理由は単純で、デスタワーを組みたいのですが、段差の把握を確実にするためには階段が最適と考えて、いきなり不定形というのはやはり想像以上に難しかったということもあるのですが、デスタワーを目標にするために、階段連鎖の練習です。
 土曜日に「タラPとぷよろう生放送 inBぷよ」(参考)を見たのですが、生で見れなかったのが残念でした。それでも、おもしろいです。下を押さない縛りがすごくて、発送の幅がやはり違うなあと。刺激は受けたのですが、そんなレベルではないので、とにかく階段で5連鎖を目指していたら、日曜日に2回に1回ぐらい、ばよえーんするようになりました。ただし、最も遅いCPU相手でも、勝率はがた落ちです。段差の把握がある程度できるようになったので、当初はわかりやすい同色3段で隣に1段だけぷよをずらす連鎖でしたが、途中から2段+2段をまぜたりしていると、組むスピードが落ちるので、勝率は相変わらずでしたが、いろいろな配ぷよに対応できるなあと。ただ、同色3段+1段の方が多少のゴミも挟みこめるので楽な感じもしました。
 4連鎖ダブルを作りたいなと思って、画面左の方に連鎖を伸ばす余地をつくって組んでいったら、10回目ぐらいでダブルができて、少しうれしかったです。16手もかかっているので、実戦ではまるで使えないレベルですが・・・・・・。平日は1時間ぐらいが限界なので、土日に2時間ずつぐらいですかね。だいぶ慣れてきたので、漸く、楽しめるようになりいました。まったく初めてというわけではないのですが、だいぶ間が空いたので、なにをどうすればいいのかすら忘れていて、最初は大変でした。操作ミスが多いので、まだネット対戦は無理かなあ。もう少し、一人で連鎖をいろいろ試してみたいですし。もっとも、ネット対戦でトラウマになるぐらいボコボコニされると、案外、モチベーションが高まるのかも?
posted by Hache at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2014年07月09日

『ぷよm@s』part34

 『ぷよm@s』の感想を書くようになって、初めて感想を書くべきか、真剣に悩みました。迷ったことならあるのですが。内容に不満があるとかですと、スルーして終わりなのですが、そうではなかったので。この動画を見始めてから、長い常連ではないものの、新参でもなくなってきていたのに、鱈Pの制作の動機とか、最初は意識していたと思うのですが、いつの間にか、忘れてしまっていたなあと。鱈Pによる動画説明文を読んでしまうと、解説とか無粋に思えてしまうのですよ。

※ぷよm@sを見て初代ぷよを始めた、興味をもったと言われることほどうれしいことはありません。タラはそういう人たちと遊んでみたくてぷよm@sを作っているのです。
というわけで「タラPとぷよろう生放送inBぷよ」を7月11日22時からぷよm@sコミュでやることにしました。初心者でも遊べるようなルールを用意して待ってますので、ぜひ下記のBぷよをダウンロードしてお越しください。




 思えば、まだ生き残っていたSFCで初代ぷよぷよに熱中して、どうにかこうにかサタン様を倒せたのも、『ぷよm@s』があってのことでした。連鎖がこんなに楽しいということを感じるきっかけになったのも、『ぷよm@s』があってのことでした。もちろん、動画を見て楽しむのはありなのですが、SFCが故障してから初代から離れてしまい、いつの間にか、Bぷよもやらなくなったまま、『ぷよm@s』を見て、批評もどきのことを書いているだけになりました。

 自己批判みたいな幼稚なことはしないのですが、自分でも一番の楽しみを忘れていたなあと。私レベルの初心者・初級者レベルでは上級者のプレイを見ることは勉強になるものの、まず自分が手を動かしていないと、すごさの一端もわからなくなってしまいます。将棋も似たような感じでもやもやしていました。やはり、自分自身が動かしてこそのぷよぷよの楽しみなんだと思いました。早速、Bぷよでプレーしましたが、残念ながら、4連鎖シングルが限界で、苦笑いです。それにしても、part34ほど初代のゲーム性の特徴を実感させられる動画は数が少ないと思います。凝視能力が欲しいとか、勘違いをしていたことを実感させられる動画です。なお、続きは多少ですが、ネタバレを含みますので、クリックする際にはご了承下さい。


続きを読む
posted by Hache at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2014年07月04日

包括的な安全保障法制の整備

 『ぷよm@s』がいつ更新されても不思議ではない状態なので(投稿時で進捗25分30秒)、そちらと区別できるように、この「寝言」を記す、じゃなかったつぶやいておきます。まず、マスメディアの報道、といっても、国内は『日経』ぐらいしか目を通していないのですが、だいぶ印象が異なるなあと。集団的自衛権の問題ばかりが異様にクローズアップされていましたが、まるで異なる光景です。もちろん、日本国が集団的自衛権をもっているが行使できないという政府の憲法解釈を変えること自体は重要だとは思いますが。記者会見(参考)の最後の方で抑止の話がでてきたのですが、このあたりは文書化が難しいかもですねえ。

 素人的には記者会見そのものよりも、「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」という閣議決定の文書の方がわかりやすいです(つぎのリンクはPDFファイルが開きます。http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf)。大雑把に言って、(1)武力攻撃に至らない、いわゆる「グレーゾーン」の対応、(2)集団安全保障、(3)自衛権の行使の3項目が柱かなと。以下は感想文程度ですが、メモです。なお、見出しは閣議決定された文書に従っています。

1 武力攻撃に至らない侵害への対処

 治安出動というのはさすがに古いかなあと。今回は、自衛隊と海上自衛隊など軍事組織と警察機関の連携など以外は原則論がメインのようなので、日本側が周辺諸国を刺激したかのような印象を与えないように留意しながら、次の政権でさらに踏み込んだ見直しが必要かなあと。この点に関しては行政府への一定期間の委任と立法府による事後的なチェックのしくみが必要だと思います。

2 国際社会の平和と安定への一層の貢献

 後方支援の整理は若干、陳腐な感じで、見直しというほどでもなく、これまでの解釈を踏襲したのとほとんど変わりがないでしょう。「戦闘地域」を「現に戦闘行為を行っている現
場」と言い換えただけで、自衛隊が活動している地域が「非戦闘地域」と発言した小泉氏からほとんど進歩がない感じ。政治的に妥協したのでしょう。ゼロじゃないからマシといったところか。PKO活動における武器使用も曖昧で、わかりづらいです。形の上では、武器使用要件を緩めた上で、武器使用が制限される条件をより明確にしたというところだとは思いますが。もっとも、PKO活動でどこまでリスクを取るべきかというラインとしてはこれで十分な気もします。

3 憲法第9条の下で許容される自衛の措置

 ここは、かなり妥協しましたね。国会の事前承認を書き込む時点で、よほどのことがない限り、自衛権の行使はないとも読めます。もっとも、よほどのことも考えておかないとまずい環境ではあるわけで、国会の事前承認を要件としていてはスピード感が皆無ではあるのですが、行使する可能性がゼロではなくなっただけでも前進と申すべきでしょうか。集団的自衛権の行使の可能性がゼロではなくなっただけであって、現実問題としては、過去の解釈を前提にしても集団的自衛権の行使をそうだとは言わずにやってしまうという選択肢があったわけですが、ゼロではなくなったことを評価する方がよいのでしょう。

 こうしてみると、安全保障法制の整備としては包括的ですが、安倍政権で変わるのは個別的および集団的自衛権の行使がゼロではなくなったというところでしょうか。現行法制では、集団的自衛権以前に個別的自衛権の発動すら難しいので、国会の事前承認は要件としては慎重すぎるぐらいの気もしますが、いい加減なマスコミにほいほい戦争したがってますよみたいに言われないようにするには、このぐらいの留保が必要なのかもしれません。根本的な問題として、事前承認は相当、慎重な留保だということが理解されない可能性があるのですが。そうはいっても、自衛権の行使の要件が明確化されることによって、抑止が高まることは期待できそうです。

 私の読解力が足りないのかもしれませんが、報道から受ける印象とは対照的に、見直しの範囲は包括的なものの、過去の政府解釈とそれほど極端に乖離しているわけではないと思います。むしろ、これまでの政府解釈を踏まえながら、実をとったというところで、留保が厳しい印象はあるものの、何も進まないよりはマシといったところでしょうか。


続きを読む
posted by Hache at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言