2015年08月20日

天皇機関説

 昔話から始めて恐縮ですが、もともと法学部を第1志望にしていて、入学試験に落ちたので、やむを得ず、滑り止めで受かっていたとある大学のどうしようもない経済学部に進学しました。大学時代に法学でまじめに勉強したのは民法と商法というぐらいでした。というよりも、憲法の講義の水準が、日本史で出てた過去問(出題時期は昭和50年代でしょうか。内閣総理大臣の在任期間を旧憲法と新憲法で比較して、新憲法下で長い理由を説明せよというなかなか歴史を棒暗記と勘違いしているバカを確実にはじく問題が出題されていました)よりも容易だったので、大学以降は憲法学を内心、小馬鹿にしていたのが実情です。

 「天皇機関説」というタイトルは偽りありです。下記の動画を見ていたら、単にひどい事件としてしか見ていなかった美濃部達吉博士の弾圧事件から明治憲法と当時の法学者のレベルが現代では考えられないほど、桁違いに高い水準であったことが少しだけ実感できました。



 実は、故岡崎久彦氏が明治憲法というのは議会制民主主義を排除しない、柔軟な内容ですと主張されていて、疑うというわけではないのですが、そこまで解釈できるんだろうかと首を傾げたままでした。岡崎氏の著作は何度も読み返していたのですが、上記の動画を見ていて、明治憲法と議会制民主主義の問題はまるで読めていなかったなあと気が付きました。上の動画の内容に完全に納得がいっているわけでもないのですが、天皇機関説が大正デモクラシー以降、明治憲法の正当な解釈として定着していたという記述の意味が理解できていなかったことがやっとわかりました。

 生兵法は怪我の元なのですが、あらためて大日本帝国憲法を読んでいると、よく考えたんだなあと。以下、色々と面倒ですので、旧仮名遣いは使用せず、すべて現代仮名遣いに直しております。1条で天皇に統治権があるといってから、3条では神聖にして侵すべからずと書いてあるので、普通は天皇主権で天皇に統治権があると読める。ところが、4条では天皇の地位を国家の元首として規定した上で、「統治権を総攬しこの憲法の条規によりこれを行う」と立憲君主制がこの憲法の定める国体ですよと読めるように書かれている。これはまったく迂闊でした。今、昔、買った六法全書で明治憲法を読んでいるのですが、国会はもっとおそろしい。5条は「天皇は帝国議会の協賛をもって立法権を行う」とあるので、字句通りに読めば、立法権は統治権の一部として天皇が有し、議会の協力と賛同を得て行使すると読むのが普通かなと思いますが、37条で「すべて法律は帝国議会の協賛をへるを要す」とあり、立法権は実質的に議会にあるとも読めます。少なくとも、明治憲法下の天皇といえども、議会を無視して法律を制定したり、施行はできないわけです。勅令もおそろしく制限がかかっていて驚きです(8条)。

 司法権に至っては、57条で「司法権は天皇の名において法律により裁判所これを行う」とあって、現行憲法の象徴天皇制とは異なるとはいえ、天皇の大権といっても、実際には分権が進んでいたことになります。戦前の歴史に興味を持った段階で、ちゃんと明治憲法を読んでおくべきでした。問題は、内閣でありまして、55条1項で「国務各大臣は天皇を輔弼しその責に任ず」と定めたため、これも字句通り読めばですが、現行憲法とは比較にならないぐらい、内閣総理大臣の地位と権限への言及がないので、冒頭の入試問題が成立したわけです。小泉政権後の自民党の混迷と政権交代後の民主党政権のおかげで、昔はこんな入試問題がつくれたんだけど、今じゃあねと言っていたら、失礼ながら、全く期待していなかった安倍政権が長く持ったので、憲法だけでは説明がつかない部分もあるのかなと。多分、模範解答は内閣総理大臣の地位と権限に触れた上で、統帥権、さらに軍部大臣現役武官制に触れる必要があったと記憶しております。このあたりは、とりわけ統帥権に関してですが、美濃部博士の解説を読む時間が出来たら、まとめたいところです。

 明治憲法を字句通り読むと、天皇主権説になるというのはまあそうでしょうね。というよりも、それで済むなら、たいした学問ではない感じです。天皇機関説になってくると、これは学がないとわからない。いや、現代の大卒程度では低学歴なので、失礼ながら無理でしょう。正確を期せば、学歴というよりも、真剣に憲法について考え、書物を読まないと無理です。私も、まだ勉強不足なので、あやういところがあります。ただ、昨年、亡くなった岡崎氏が生前、繰り返し指摘されていた明治憲法の柔軟性というのは氏の個人的な見解ではなく、天皇機関説という形で、軍部と右翼を除く知識人層に共有されていたというのはなるほどです。

 しかるに、国体明徴運動ともに、字句通りに憲法を読んでもわかりづらい天皇機関説は軍部や右翼だけではなくメディアと世論から見捨てられてしまう。大筋では帝国の隆盛を支えたのは結局のところ「臣民」であり、帝国を殺したのも「臣民」であったという根底にある歴史観はあまり変わらないです。


続きを読む

2015年08月15日

火力不足

 大型艦建造でリアルラックがなく、大和型もビスマルクもいないまま、夏のイベントを迎えてしまいました。前回の2015年春のイベントの時も同じような有様でしたが、イベント実装のためのメンテナンス後、サーバが異常に重たくなるので、日付が変わって火曜日になってからログインして、普段通りの事だけして眠ってしまいました。以前は、もう少し、高揚感があったのですが、大規模作戦ともなれば火力不足が露呈するだけなので、酷暑の影響もあり、あまり気が進まない状態です。

 特定の海域に出撃した艦娘は、他の海域への出撃が制限されるので、なかなか全力投球というわけにもいきません。一昨日ぐらいから手を付けたのですが、最初の「発動準備、第二次SN作戦!(ショートランド沖)」(E-1)で既に容易ではないなと。手抜きというより、この後、どのように出撃制限がかかるか読めないので、レベルが50台の艦をメインにしました。初戦とボス戦のみの2戦ですが、ややボス戦の夜戦に不安を覚えたので、球磨改の電探を夜偵に代えてみたところ、3戦目でとうとう初戦大破撤退、4戦目はボスマスに行かずにルートから外れ、5戦目も初戦で大破撤退と、心が折れそうです。結局、当初の電探装備に戻したら、あっけないぐらいの終わり方でした。

 ある程度、覚悟はしていたのですが、E-1でここまで手こずるとは思わなかったので、データもそろい始めたおかげで、第2海域の「連合艦隊、ソロモン海へ!(ソロモン海)」(E-2)へと進出です。こちらも、難易度は甲を選択してスタートです。攻略サイトに水上部隊がよろしいとあったので、申し訳程度に軽空母で2番目にレベルの低い祥鳳さんを起用しました。戦艦も、伊勢・日向と悪くはないのですが、途中からあまり使わなくなってしまった航空戦艦です。雷巡は思い切って、大井さんを起用しました。これは結果的によかったです。戦闘の経緯ですが、4戦ストレートでボスS勝利でクリアでした。運がよかったと思います。あとは、中破しても大井さんの連撃が厳しいので、軽巡棲鬼もおとなしく深海に帰ってくれました。今回は、最終形態になる時点を正確につかもうと、戦闘結果やドロップした艦名をエクセルで記録しているのですが、3戦目が終わった時点で疲れていたのか、もう4戦ぐらいしたのかなと変な感覚になりました。前回のイベントでは7回ボスS勝利でクリアというパターンが多かったので、まだまだと思っていたら、4戦目でボス艦隊に戦艦棲姫が入っているので、早すぎないという感じでした。ラストダンス(対ボス艦隊最終形態戦闘)では、少し編成をいじろうと思っていたのですが、あっけないぐらい、大井さんが連撃で決めてしまったので、終わりました。

 連合艦隊での出撃ですので、キラ付けが面倒です。基本的に、最初に三重キラ付けをしてから、あとは、1回ずつキラ付けをして、キラが剥がれないようにします。7戦ぐらいすると、どこかでキラキラが剥がれるので、最初からやり直しです。これが実に面倒で、E-1のように、第1艦隊のみの出撃なら25分ぐらいで済みますが、E-2のように連合艦隊での出撃となると、1回のみのキラ付けでも50分近くかかるので、とても疲れます。それでも、E-1の6戦目で野分がドロップしたので、少し気分が高揚しました。

 どうやら、今回のイベントの第1関門はイベント第3海域「激突!第二次南太平洋海戦(南太平洋海域)」(E-3)のようですので、攻略サイトを見ながら、編成を考えました。正規空母と軽空母、戦艦は主力を惜しむことなく投入してよさげなので、下記の編成ですね。問題は第2艦隊でして、当初は摩耶さんを秋月さんの防空カットインの保険として入れていたのですが、ボスマスでの戦闘、とくに夜戦では無力化してしまうので、予定変更です。もう一つは、初戦はなんとかボスA勝利でしたが、水母棲姫の耐久をほとんど削ることができませんでした。眠い状態でしたが、もう一戦、難易度を甲から乙に下げて挑戦しようとしたら、出撃の時に忘れてしまって、一気に目が覚めました。摩耶様の代わりにプリンツ・オイゲンを起用しましたが、秋月さんの対空カットインがHマスとZマス(ボスマス)で発動しないので、焦りました。秋月さんの対空カットインは恐ろしいほど強力で、航空戦のみのEマスでは2回とも発動して、2回目の深海棲艦側の航空攻撃が実質的に発生しない、すなわち爆撃機や攻撃機が全滅するところまで追い込みます。発動したHマスでも、航空戦による被害は〇でした。これが発動しないと、とくに、第2艦隊の北上様が中破に追い込まれてしまって、ほぼ絶望的な状況になります。乙にするのを忘れるあたりで、今日はもうよした方がよいだろうというので、演習を済ませて、長時間遠征も出航させて、寝るだけですね。

 このイベントが終わったら、艦これもそろそろ「卒業」かなあと。正直なところ、大和や武蔵の建造など、やりたいことは残っているのですが、面倒になってきました。とりあえず、イベント最終海域(E-7)まで、頑張れたら、実質的には休止したいなあと。正直なところは、イベントも放り出して、他のやりたいことに集中したいですね。

【反撃!第二次SN作戦】

【E-1 発動準備、第二次SN作戦!(ショートランド沖)】 難易度:甲

球磨改(Lv 53) 睦月改二(LV 66) 朝霜改(Lv 55) 早霜改(Lv 51) 叢雲改(Lv 53)
千代田甲(Lv 12)

【E-2 連合艦隊、ソロモン海へ!(ソロモン海)】難易度:甲

(第1艦隊)
伊勢改(Lv 83 @381mm/50 三連装砲 A試製41cm三連装砲 B一式徹甲弾 C零式水上観測機)
日向改(Lv 79 @381mm/50 三連装砲 A試製41cm三連装砲 B一式徹甲弾 C零式水上観測機)
古鷹改二(Lv 65 @SKC34 20.3cm連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B零式水上観測機
 CFuMO25 レーダー)
衣笠改二(Lv 55 @SKC34 20.3cm連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B零式水上観測機
 CFuMO25 レーダー)
鈴谷改(Lv 72 @20.3cm(2号)連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B瑞雲12型 C13号対空電探改)
祥鳳改(Lv 25 @烈風 A烈風 B零式艦戦62型(爆戦) C彩雲)

(第2艦隊)
鳥海改二(Lv 67 @20.3cm(2号)連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B13号対空電探改
 C零式水上観測機)
球磨改(Lv 54 @20.3cm(2号)連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B九八式水上偵察機(夜偵))
大井改二(Lv 93 @甲標的 A20.3cm(2号)連装砲 B20.3cm(2号)連装砲)
朝霜改(Lv 56 @12.7cm連装高角砲(後期型) A12.7cm連装高角砲(後期型)
 B22号対水上電探)
早霜改(Lv 54 @12.7cm連装高角砲(後期型) A12.7cm連装高角砲(後期型)
 B22号対水上電探)
叢雲改(Lv 55 @12.7cm連装高角砲(後期型) A12.7cm連装高角砲(後期型)
 B22号対水上電探)

【E-3 激突!第二次南太平洋海戦(南太平洋海域)】難易度:甲→乙(予定)

(第1艦隊)
千代田航改二(Lv 56 @流星(六〇一空) A烈風 B烈風 C彩雲)
長門改(Lv 118 @試製51cm連装砲 A試製41cm三連装砲 B零式水上観測機 C一式徹甲弾)
陸奥改(Lv 87 @試製51cm連装砲 A試製41cm三連装砲 B零式水上観測機 C一式徹甲弾)
加賀改(Lv 126 @烈風 A天山一二型(友永隊) B烈風(六〇一空) C烈風)
大鳳改(Lv 78 @烈風(六〇一空) A烈風 B彗星(江草隊) C烈風)
千歳航改二(Lv 86 @流星(六〇一空) A烈風 B烈風 C烈風)

(第2艦隊)
阿武隈改二(Lv 78 @20.3cm(2号)連装砲 A20.3cm(2号)連装砲 B甲標的)
Italia(Lv 54 @381mm/50 三連装砲 A試製35.6cm三連装砲 BFuMO25 レーダー
 C九八式水上偵察機(夜偵))
Prinz Eugen改(Lv 79 @SKC34 20.3cm連装砲 ASKC34 20.3cm連装砲 B22号対水上電探
 C零式水上観測機)
北上改二(Lv 111 @甲標的 12.7cm連装高角砲(後期型) A20.3cm(2号)連装砲
 B20.3cm(2号)連装砲)
秋月改(Lv 92 @10cm連装高角砲+高射装置 A10cm連装高角砲+高射装置
 B13号対空電探改)
雪風改(Lv 86 @61cm五連装(酸素)魚雷 A61cm五連装(酸素)魚雷
 B61cm五連装(酸素)魚雷)

2015年08月03日

連・装・砲

 「連装砲」と「報連相」をかけたのは、六隻目だけではなかったですね。以下の動画で、、鳳翔さんが、「申し訳ありません、『連・装・砲』を徹底するように指示したのですが」と話していて、思わず噴きました。この次の回は、秋月を中心とした恐怖の弾幕回になっておりますね。



 秋津洲さんをレベル137まで育てた提督が、レベル147の綾波さんに一対一で対決している画像を見て、上級者は怖すぎる感じでしょうか。次のイベントが第2次ソロモン海海戦をモチーフにした大規模作戦のようなので、申し訳程度に秋津洲さんを育てましたが、まだレベル24です。上級者の方の画像を見て、やはり装備は変わらないのかという感じですが、これでどうやってレベル137まで育てるんだろうと。

 日曜日の午後と想定よりも1週間ほど早く阿武隈さんを改二にすることが出来ましたが、彼女の場合、演習+4-3レベリングでなんとかなりましたです。遠征+1-6旗艦という、ちょっともったいない使い方しかできていないのですが、大淀さんと起用をわけることになりそうです。加古さんの改二が遅々として進まないので、少し焦るのですが(5-4-1レベリングは事故率は低くく、3-2-1レベリングよりも効率が良いのですが、4−3ほど効率がよくないので、集中力が途切れてしまいそうになります)。

 最新の「艦これ il-2」の動画を見ながら、あまり大きな声では言えないのですが、攻略wikiなどで2-4が序盤の壁とあったので、戦艦・正規空母をメインに育てておりまして、あまり困らずに突破した覚えがあります。以前、書いたように、3−2も駆逐艦を育てないと大変なようだったので、島風さんを筆頭に、改(レベル20超)を6隻ほど揃えておいたところ、簡単ではありませんでしたが、レベリングらしいレベリングをすることもなく、クリアしました。意外と困ったのが次のことでしょうか。

(1)第4艦隊開放イベント(金剛型4隻の編成)で、金剛さんが中々、ドロップしない。
 これは、次の4−3をクリアする前に、金剛さんが建造落ちしてやっと解決しました。金剛型4隻ですが、「比叡→榛名→霧島→金剛」の順で建造落ちした覚えがあります。また、この順で改二も進めました。最初の嫁は、戦艦にしては運のパラメータがまあまあの榛名さんか長門さんの予定でしたが、諸事情で金剛さんを選びました。レベルではイベント以外でもEOでの起用が多い加賀さんにトップの座を明け渡したものの、他の艦でらちが明かないときに金剛さんを起用すると、なんとかなるという意味で、ありがたい存在です。

(2)リランカ島空襲(4-3)
 3-2の方がつらかったという人が多いので、やはり、艦これの世界でも一般からずれているのかなと思うのですが、4-3は地獄でした。何度やっても、羅針盤に勝てませんでした。しかも、羅針盤に敗れて、ボスに到達できずに、連続出撃すると、南に直行して大破撤退するという悪循環でした。3-2を先にクリアしていたので、羽黒さんのレベリングを始めたのが、このあたりですね。なにも考えずに、改二のみを目指して、レベリングをしておりました。それでも、ボスマス直前で3分の1がひけなかったりで、泥沼でした。なお、ケッコンカッコカリ後の「二人でする初めての任務!」も、4−3で羅針盤に苦しめられました。レベリングでも事故率はそれなりに高めですが、ボスまで行こうとすると、本当に大変です。

(3)長門・瑞鶴の建造
 北方海域や西方海域で金剛型で火力不足を感じるようになってから、長門型の建造に入ったのですが、陸奥さんは早い段階で建造落ちしてくれました。苦労したのは、長門さんです。デイリーの建造任務を1隻だけこなしておりましたが、とにかく1か月近くやっても落ちませんでした。瑞鶴さんはそれ以上の難関で、びっくりするぐらい落ちませんでしたね。2か月ぐらい、デイリーで1隻ずつ建造して、ある日、あれとなった感じです。ルーティンワークのようにこなしていたので、びっくりしました。

 通常海域で行ったら、5−3とかも大変なのですが、2−4以降から南方海域までの間で詰まったのはこのあたりでしょうか。5−3は夜戦通過後の昼戦勝利ですが、こればかりは試行回数を増やすしかない感じでしたので、運ゲーというよりも、途中から作業ゲーという感じでした。大型艦建造は別の問題ですしね。今まで、データをとっていなかったのですが、夏イベ以降、大型艦建造を再開した時あたりから、データをとろうかなあと。しかし、大規模作戦に大和型・ビスマルクなしで突入するのはかなり不安ですね。

 まあ、いまさら心配しても仕方ないので、今週中に勲章を貯めて(現時点で7)、改装設計図が足りない事態だけは避けようかと。渾作戦以前は、利根型なんてとても無理という感じでしたが、EOをなんとかクリアできるようになってから、少し楽になりました。しかし、今月は2−5でゲージ破壊までに6回も道中大破を食らったので、資源の備蓄が吹き飛びました。高速修復材はどうにかなるのですが、燃料が困ります。まだ、3−5と4−3が残っているので、イベント前に終わらせる予定ですが、燃料と弾薬はやや不安です。ボーキサイトは15万台が見えてきたので、乗り切れるかもという感じでしょうか。