2014年07月14日

階段連鎖あるいはズラース法

 そろそろ『ぷよm@s』とBぷよは別カテゴリーが必要になるかもです。part34では小鳥さんが4連鎖ダブルを異常なスピードで組んでいくのもあるのですが、素人的にはほとんど不定形に見えます。かろうじて、階段連鎖かなあと感じる部分もあるのですが。part34に話が戻るのですが、「ある意味では、生粋の『ベーマガ派』らしい組み方とも言えるかもしれないな」というキョウスケPの発言は、続く発言で「小鳥さんの中で、ぷよの組み方というのは長いあいだ『階段』と『挟みこみ』しかなかったはずなんだから……」と補完されています。結局、階段連鎖も使えないまま、中断してしまったので、まずは階段連鎖の練習からです。BぷよのCPU戦で最も遅い0に設定して、練習です。4連鎖がなんとかなったところで、1時間が経過してぐったりです。もともとは究極連鎖法を目指していたのですが、途中から階段連鎖、あるいはズラース法に変えました。理由は単純で、デスタワーを組みたいのですが、段差の把握を確実にするためには階段が最適と考えて、いきなり不定形というのはやはり想像以上に難しかったということもあるのですが、デスタワーを目標にするために、階段連鎖の練習です。
 土曜日に「タラPとぷよろう生放送 inBぷよ」(参考)を見たのですが、生で見れなかったのが残念でした。それでも、おもしろいです。下を押さない縛りがすごくて、発送の幅がやはり違うなあと。刺激は受けたのですが、そんなレベルではないので、とにかく階段で5連鎖を目指していたら、日曜日に2回に1回ぐらい、ばよえーんするようになりました。ただし、最も遅いCPU相手でも、勝率はがた落ちです。段差の把握がある程度できるようになったので、当初はわかりやすい同色3段で隣に1段だけぷよをずらす連鎖でしたが、途中から2段+2段をまぜたりしていると、組むスピードが落ちるので、勝率は相変わらずでしたが、いろいろな配ぷよに対応できるなあと。ただ、同色3段+1段の方が多少のゴミも挟みこめるので楽な感じもしました。
 4連鎖ダブルを作りたいなと思って、画面左の方に連鎖を伸ばす余地をつくって組んでいったら、10回目ぐらいでダブルができて、少しうれしかったです。16手もかかっているので、実戦ではまるで使えないレベルですが・・・・・・。平日は1時間ぐらいが限界なので、土日に2時間ずつぐらいですかね。だいぶ慣れてきたので、漸く、楽しめるようになりいました。まったく初めてというわけではないのですが、だいぶ間が空いたので、なにをどうすればいいのかすら忘れていて、最初は大変でした。操作ミスが多いので、まだネット対戦は無理かなあ。もう少し、一人で連鎖をいろいろ試してみたいですし。もっとも、ネット対戦でトラウマになるぐらいボコボコニされると、案外、モチベーションが高まるのかも?
posted by Hache at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101660758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック