2008年04月24日

「寝言」は「寝言」

 昨年、愛読していたブログが2箇所、停止になりました。このときはいろんな人が事情を含めて語っておりましたが、私は沈黙しておりました。自分でも、こういうときに気の利かないことを書いてしまうことがあるという自覚がありましたので。今回も同様です。

 ふと思うのは岡崎久彦さんが20年前後前の著作で日本人には情報にカネを払うという感覚が希薄だと嘆かれていたことです。20年たった今、情報は氾濫するぐらいありますが、志の高い方はいらっしゃるものの、ネットで「市場」が成立するには参加者の厚みが足りないような気がいたします。私は論外ですけれども。

 さて、なんでブログなるものを続けているのかと問われれば、とくに理由もなく、あることがらについて掘り下げて情報を発信しようとか、政治に限らず、なにか主張したいこともなく、どちらかといえば、私怨・私憤の類を本業で巻き散らかさないよう、私怨・私憤の類を「寝言」、あるいは悪い冗談としてネットで吐き出しているという感じでしょうか。失礼な話ですが、この方とちょっとだけ共通する部分があるのかもしれません(「きょうの人間力」の履歴を残していただけるとありがたいのですが。とくに、塩野七生さんの話しあたり)。まあ、20代にそれなりに辛酸をなめて30代になってちょっとは安定してきたかなという感じで、最近は堕落する一方です。

 というわけで、書き続ける理由はなく、明日、やめてもいいなと思っております。他方、やめるべき理由も見当たらず、なんか書きたいなと思ったら、適当に書き散らしている、そんな感じです。気がつくと、なんと7日間も連続で更新していますが、これも目標があってそうなったのではなくて、なんとなく書きたいからというのが正直なところ。次の週あたりに更新がなかったら、「寝言」が浮かばないか、単に体調が悪いか、普通の人からすれば簡単なことでしょうが私にとっては「激務」に追われているか、もっと簡単に面倒なだけでしょう。出発点がもともと低いと、そんなものだ。

 ただ、そんな私でも自分の「心が折れる瞬間」を想像することはできます。ブログのアクセス解析でPVが10,000万の大台を超えるとか、忍者ツールのアクセス解析で訪問者数が1,000の大台を超えるというのが目安です。たとえば、この「寝言」などは、読んだ途端に読者の方の心が折れてアクセス数が減るだろうという下心があったりします。遺憾ながらバカ丸出しの「寝言」を書いたら、こいつは次はどんなバカなことを書くんだろうという、心温かい読者の方が多数だという簡単なことを見落としておりましたが。

 finalventさんのところなどは私とは感性がまるで異なるがゆえに刺激がありますが、コメント欄を見ると、アクセス数が大きいところは大変だなと(後進組にははてなのシステム自体が「?」なのでよけいにわけがわからないのですが)。私だったら、コミュニケーションがとれない方のお相手をすること自体が苦痛になります。たぶん、そうなれば、ブログ自体面倒になるでしょう。先ほど、「感性がまるで異なるがゆえに刺激があります」などと偉そうなことを書きましたが、一回読んで、まるで受け付けないところの方が大多数ですね。基本的に私は心が狭く、意図していない形で引用されると(そうならないように本人は配慮していると思い込んでいるわけですが)、他者から見れば嫌になるぐらいしつこく「そんなことを書いた覚えはねえんだよ」ということを遠まわしに書いたりします。

 「寝言」は「寝言」。「時の最果て」は「時の最果て」。私は私。そんな地点からまるで進歩がない私というのは相変わらずだなあという「寝言」が浮かびました。


 こちらで「60年代世代を追い払うのはとっても難しいのです。厚かましい人たちだからなあ」というのがピンとこなくて、へえという感じ。「60年代世代」の方たちを見てうらやましいと思ったこともなく、かといって追い払いたいと思ったこともなく、業種・業界の違いか、かんべえさんが「エロイ人」なのに対して、単に私が「どうでもいい人」だからかもしれませんが。社の運営はもとより、国家の運営など、御免真っ平ですし、言論の世界も面白い人の話をつまみ食いするのが楽しくて、つまんない人(失礼!)はスルーするというちゃらんぽらんだからかもしれませんが。まあ、「60年世代」の子孫の一人である私が面倒な仕事はせずにのおのおと暮らしているという意味で「厚かましい」という程度の含羞と後ろめたさはありますがね。

 それにしても、床屋談義をすることすら面倒なぐらい日本政治への期待値が下がっています。「ポスト福田」ですか、フフンてな感じ。週刊誌あたりだと、麻生さんが本命で安倍さんがくっつくそうで、このあたりまではついてゆけますが、そこに「造反組」の有力議員が入るそうな。これはついてゆけない。

 郵政民営化や郵政選挙そのものへの評価はあまり高くないのですが、私のような愚民の願望を満たしてくれたという点で小泉さんの評価は高いです。簡単に言えば、衆議院で造反する前にきな臭い話がとびかっていましたが、彼らが造反することを願っていました。なぜなら、彼らは小泉に「No!」をつきつけたということで溜飲を下げる程度の政治センスしかない。そんな人たちが愚行をおかして報いを受けるのが見ていて楽しい。露骨に言えば、自業自得で約480人の「先生」の首がとぶ。「小泉劇場」を「劇場」だと自覚して見れば、三文芝居ではありますが、これほど愚行が報いを受けそうなシチュエーションはなく、そのような愚民の願望を満たしてくれるという意味で造反議員は大衆迎合的で、政治家として重要な資質にかけていると感じます。そんな人たちが加われば、「麻生陣営」に幻滅しか感じないでしょう。

 他方で、小池百合子さんを小泉さんが押すそうで。こちらも、萎えますね。周囲の男連中では小池さんは私以外からはとことん嫌われています。私も大臣ならともかく総理となるとさすがに。お下劣な私でも露骨な表現は避けますが、「世渡り上手ですこと。おほほ」てな感じ。で、「麻生陣営」が「抵抗勢力」色を強めると、「小池陣営」は改革色が強まりそうですが、そろそろなんのための改革であり、どんな手段を講じるのかという方向性を明確にして実行できなければ、「厚化粧」メッキがはがれるのも速いのでしょう。

 で、「小池陣営」が民主党の中堅・若手議員と「合体」なんて事態になると、さらに萎えます。麻生さん自身は異なるタイプでしょうが「麻生陣営」が「観念的保守」、「小池陣営」が「改革勢力」、残りの自民・民主が「単なる議員」という状態になっても、なにが争点なのかがボケるだけで、どの勢力が主導権を握っても、政治が変わるとは思えないです。

 1990年代の前半あたりに故高坂正堯先生が、『サンプロ』で「これからは『冷酷軽税党』と『親切重税党』の対立が基本ですなあ」と話されていたように思います。他方で1990年代に不良債権処理が終わらなかったこともあって、「構造改革」の対外的な側面はもちろん、内政面での意義が問われてこなかったように思います。もちろん、「冷酷軽税党」だけでも「親切重税党」だけでも市場では解決しない、市場とは異なる異物をも含む「一人ではなにもできない」社会にソリューションを与えることはないでしょうし、高坂先生もどちらの路線ですべてが解決するというほどナイーブなことはおっしゃっていなかったように思います。ただ、既成政党の再編成が行われるとしたら、内政面ではこの基本が明確にならないと、「顔」で選ぶだけで実質が伴わないでしょう。誤解のないように申し上げておきますと、「顔」で選ぶこと自体が悪いのではなく、中身が伴うことが大事だということです。

 たとえば、道路特定財源に関する議論で違和感を感じるのは、一般財源化の反対の論拠として「受益者負担の原則」をもちだすことです。「受益者負担の原則」をもちだすなら、まず問題になるのは地方への道路財源の委譲になるでしょう。すべての無料の道路が地方公共財に該当しないかもしれませんが、国防や外交などとは異なって地域住民にとっての公共財である場合がほとんどでしょう。当然、一般財源化を主張する側からすれば「受益者負担の原則」をもちだすのは得策ではなく、財政問題一本槍で進めるのが当たり前。ただし、それは道路整備を無視した、本来の意味での改革とはならないでしょう。ずれた人から見れば、メディアやネットで口角泡をとばして議論していることは、たいていはどうでもいいことに映ります。

 日本政治への「期待値」が低い理由は簡単で、老・壮・青で「改革派」にせよ、「守旧派」にせよ、担い手がすくないことです。民主党の若手はものわかりがよすぎて、「改革派」でも「守旧派」でも、それ自体が解にならないことを理解しているものの、政治家としてはスタンスをはっきりさせないとなにをしたいのかが伝わらないことを理解していない点で不安が残る。さらに、総理にふさわしいとなると、麻生さんぐらいだろうと。悩ましいことに、私自身は「改革派」の総理を期待しているので、政策面では支持できない。こんな「寝言」を考えているうちに眠たくなって、期待値が低いのは単に私の頭が混乱しているだけだなあという正真正銘の寝言が浮かんだので、おやすみなさい。 
posted by Hache at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14352633

この記事へのトラックバック