2015年07月27日

連・相・報

 この2、3年は時間があるようで、ない日々が続いております。とにかく、高温以上に、湿度が高いので、ダウン寸前のところをなんとか持ちこたえているような感じです。久々に、ツイッターを見ていたら、「某艦これ系作品でホウレンソウがレンソウホウになっていたのは笑ったが、連絡相談報告という基本は外してないので実にすばらしい」と書かれていたのを読んでいて、その回、熱かったはずと思いながら、鳳翔さんが唯一の空母だったころだと思って探しておりました。なんとか見つかったので、自分用にアップしておきます。



 あれやこれやと無理難題が降りかかってくる中、一服の清涼剤が「艦これil-2」シリーズになっておりまして、あらためて見ていたのですが、砲雷撃戦がけっこう複雑だったなあと懐かしいです。6分29秒あたりで、「すいません提督、連、相、報がなってなくて」という鳳翔さんのセリフが入ります。報・連・相の順番を換えて、連装砲とかけているあたりが面白いわけです。まあ、この種のギャグを解説しようとすること自体が無粋ではありますので、この程度で。

 次の動画を見ていたら、「GATE」って何みたいな感じで、見ていたら、こちらは、米軍が無茶苦茶していて、苦笑しました。アニメを3話まで見て、想定していたよりも、ちと面倒な話を扱っているなあと。漫画の方ですが、原作の無料お試し版をニコニコ静画で見ていたら、さすがに、これはとなりました。漫画にツッコむのは野暮の骨頂ですが、北条首相の「特別地域は日本国内と考えてもいいだろう」というのは、その後の、自衛隊の武力の行使とつながらないだろうと。逆に言えば、漫画ですら、(個別的)自衛権の発動と描くのが難しい日本の現状を示しているのだろうかと考え込んでしまいます。




 やっと、北上さんとケッコンカッコカリで、11人の艦娘と強い絆を結びました。大型艦建造は矢矧さんが落ちたぐらいで、大和型はやはりなかなか厳しいです。ならばというわけで、運頼みの大型艦建造であたりをひくのを待つわけにはいかないので、現有勢力を徹底的に強化するしかありません。現在、レベリングを実施しているのは、古鷹・加古・阿武隈ですね。阿武隈が最優先なのですが、4−3のレベリングは、随伴艦が損傷する確率が高い上に、最大3戦しますので、正規空母で大鳳を入れると、燃料と弾薬が恐ろしい勢いで飛びます。土日ぐらいしかレベリングをする余裕がないのですが、阿武隈さんのレベルが62なので、イベントには間に合わないですね。

 できたら、夏のイベントが終わったら、引退もしくは週に一度か二度触る程度にしたいです。飲み会が終わっている最中も、ああ遠征が終わったのに、次の遠征に出せないとか気になっているのはどうかなと。米軍が相手ではないので、なかなか飽きがこなくて、ちょっと困りものですね。
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/157045738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック