2008年07月09日

「オタク」商売の難しさ

 とうとう5年まえに買ったPCが動かなくなってしまいました。昨年、「Vista恐怖症」で慌ててセカンドマシンを準備しましたが、デュアルコアの驚くほどの性能にびっくりです。アンチウィルスソフトが常駐していようが、無闇にIE7でPDFファイルを読み込んでデータをいじくりながら、息抜きにゲームをしようが、まるで速度が落ちないです。結局、新しい方がメインになったのですが、今回の故障で家で1台しか確実に使えるPCがないというのはちょっと不安になります。ノート型はありますが、アンチウィルスソフトのパターンファイルを更新すると、2、3分は放置せざるをえない状態で、なかなか厳しいです。デスクトップとノートの両方を新調するのはさすがに苦しいので、どうしようと迷っておりました。

 そうこうしているうちに6月末でXPが出荷停止となって、もうないかなと思いつつ、「XP Professional」アップグレード版を探して、まずはビックカメラに行ったところ、ありゃま、買い溜めをしていたそうであっさりゲット。土日はどこもどっと混むという感じなので、平日の帰りに寄ったりすることが多いのですが、楽でした。予算がちょっと余ったので、グラボもPCI Express対応のものがほしいなあと物色したら、売り場の担当者にスペックと用途を説明したら、このあたりで十分ですかねとでてきたのがLEADTEKのGeforce8400(256MB)搭載のグラボ。ロープロファイル対応でないとちときついのでこんなものかなと。4,000円ちょっとの買い物だったので、このまま帰ろうかなと思いましたが、自作用のバーツコーナーだったこともあって、CPUやメモリーの価格表やPCケースの実物と電源などをしばし眺めておりました。

 さっき説明してくれた方がとても説明がわかりやすかったので、マザーボードの整理をしているところで、「お忙しいと思うんですが、ちょっとだけ相談にのって頂けませんか」と尋ねると、快諾してくれました。まずは、素人らしく、インテル系のP35とP45の違いがさっぱりなんですがと尋ねると、あっさりと「形式的にはPCI Express2.0に対応していることやメモリーが16GBまで搭載可能なことなどがありますね。あとは、Core2シリーズのアップグレードについてゆくにはP45の方がいいでしょう。でも、正直なところ大した差はありませんね。そのうちアーキテクチャーがまるで異なるCPUがでてくるはずですが、どちらも陳腐化しちゃいますから」とのこと。素人的にはインテル系にするのかAMDにするのかでまず迷うので、なるほどという感じです。今のメインがAMDなので、自作はインテル系でもいいかなと思いましたが、マザーボードがわけわかめだったので、助かりました。

 次は、電源とPCケースです。これは素人的な感覚ですが、PCや周辺機器のほとんどは、よほど安いものでない限り、物理的な故障がほとんどです。壊れた後に壊れやすそうな物理的形状であったり明らかに加工の段階で手抜きっぽい場合がほとんどで、雑誌に載っているほど安定性などはあまり気にならない感じがします。ネットでパラパラと大手販売店のサイトで商品を見て、メーカーのHPで個々の製品の説明を見ておりましたが、電源はENERMAXが気に入ってケースはANTECあたりが見た目もよさげ。しかし、素人判断なので見本がいくつかありましたので、早速、尋ねると、「そのあたりが定番ですね。電源だったらスカイテックあたりも安定しています。ここはケチらない方がよいですよ。電源の不具合だけは代替が利かないですし。ただ、複数、電源を用意しておけば対応できますが。あと、他のパーツはともかく、ケースはいくつも買うのが大変ですからね」と話してくれました。そんなに悪い判断をしていたわけでもなさそうです。とくにケースは意外なところで重要で、「私も過去15台ぐらい自作しましたが、不要になったパーツの処分で一番、困るのがケースなんです。これは中古の引き取りもないですし、役所に届けても1ヶ月に1回の頻度でしか回収に来ませんから」。自作マシーンが15台というのもびっくりしますが、「出口」まで考えてのアドバイスは感じ入りました。「高いものを買うときにはあまり迷わなくてもいいんですよ。まず、外れがないですから。明らかに安いものを買う場合も期待していないから簡単ですし。難しいのは微妙に安いものを買うときです。うまくゆけばお値打ち感がありますが、外れると痛いですからね」というあたりはなるほど自作の話を離れて消費者行動として納得してついつい別のことを尋ねたくなりますが、相手もお仕事ですから、抑えてPCの話に。

 次のポイントはキーボードとマウスとのことでしたが、こちらはメーカー製のものを使うことが少ないので、今でも十数年前のAptivaについていたキーボードがあるのし、マウスはいらないぐらいありますからと放すと、「昔のIBMのキーボードは本当によかったんです。今でも、中古で探している人がいるぐらいですよ」と教えてくれて、これまたびっくり。外部に露出しているパーツで壊れやすいのが中学時代からキーボードでこれは大切に扱っていましたが、物持ちのよさが意外なところで役に立つこともあるんだなと思いました。反則ですが、職場でも昔のPCを保管しているところから無理やりお願いしてキーボードだけIBMのものを使っております。職場でも自宅でもIBMのキーボード。これだけは譲れないです。使っていて本当に疲れないですから。

 そうはいっても、やはり性能を決めるのはマザーにCPU、そしてOS。もう一度、P45の見本のところでネット対戦型の3Dゲームをやりますかと尋ねられて、思わず首を横に振ってしまいました。「今のネットゲームはスキルよりもマシンの性能で決まりますから、そこまでのヘビーユーザーであれば、インテル系をお勧めしますね。ケースはNine Hundredあたりとは相性もいいですね」とのこと。でも、Core 2 Duo E8500はよさげですよねと漏らすと、「ベンチでは抜群なんですし、Core2系は一つのタスクをとことんやり込むには向いていますが、並行作業に意外ともろいこともあります。AMDはベンチマークで数字が出ないので雑誌ではボロボロに叩かれますが、タスクが多いときでも閾値寸前でもスピードが変わらないので、安定感は抜群です。今だったら、Phenom対応のマザーボードが史上最高といわれているんです」と言われて、意外でした。実は、クアッドコアまでは考えていなかったので(単にゲーマー御用達という程度のイメージですが)、PhenomもCore2 Quadも別の意味で「圏外」扱いしていました。AMDのマザーの見本で配線などのイメージを教えていただきましたが、素人でも扱えそうなぐらいシンプルでした。このあたりで閉店終了の音楽が流れ始めたので、流石に申し訳ない感じで、名刺を頂いて帰りました。Yさん、ありがとうございました。

 それにしても、話の内容は正真正銘の「オタク」でしたが、話がとても丁寧で、かつわかりやすくて勉強になりました。15万はかかるかなと見積もっていたのが、あっという間に想定していたスペックよりも高い状態で10万ちょっとに収まってしまいそうで、びっくりです。当初は、通常の家電量販店ではパーツを買わない予定でしたが、よき「オタク」に恵まれたおかげで、こちらとお付き合いするの方がよいかもと思いました。余計なお世話ですが、余計なものを買わせようとしないというのは、商売としては損かもしれないと思いましたが。ただ、長期的な取引を前提にすれば、信用をえるという点で合理的なのかもしれないとも。それにしても、こちらも楽しい会話でした。

 小売店の存在意義として古典的には単なる商行為だけでなく、商品に関する知識の提供やアフターサービスなどが挙げられますが、昨日はなるほどと実感しました。あまりにニッチの市場の話なので(もっともメーカー製のデスクトップ市場での日本人の購買行動は他国と比較してちょっと特異だという話もありますが)、一般化はできませんが、知識のスピルオーバーがあるため、量販店ではサービス水準が低下してしまうというのが素人的な見方です。最近ならば、消費者の側も一通りの知識をもっていますし、販売員が客に話しかけると、逃げてしまうという問題もあるのでしょう。他方で、いわゆる「家電のデジタル化」の進行とともに、顧客のニーズや支払能力に応じて適切なソリューションを提供できる能力が消費者にとって必要な時代だとも感じます。あれこれ理屈をこねていますが、Yさんのような「オタク」が報われるような競争環境というのは、やはり価格競争が主の状態ではなかなか実現しないと思います。価格にサービスの質なども反映するのが望ましいのですが、なかなかそうはならないのは昔から変わらないとも思います。


 財の供給にサービス、とりわけ情報の提供がかかわる場合、短期では市場が機能しないことが少なくありません。サービス水準が過剰になったり不足したりと不安定になりがちです。いろいろなアプローチが可能でしょうが、やはりある種のサービスが価格に適切に反映しないがゆえに市場が機能しないというもっとも基本的な問題が大切なのだろうと思います。国際的なインフレの時代に逆行するような「寝言」になりますが、ある種のサービスというのは"redundancy"なのであって事前に価格に反映するのではなく、事後的に価格競争によって乱高下する性質があるように思います。サービス水準をいかに適切に設定するのかという問題は、理論的な説明以前に実務的にも定式化が難しく、「現場の勘」に頼っているのが実情ではないのかと思います。

 私自身は「産地偽装」の問題に関心がもてないのですが、なぜかといえば、産地や消費期限を表示するのが当然だというのが前提になっているからです。偽装した業者を擁護するわけではなく、これだけ財が消費者の手元に届くまでのプロセスが複雑になっている以上、産地や消費期限の表示にも、産地の選定からチェック体制まで多様な「費用」が生じるわけですが、それをまったく無視していることは、「偽装する」インセンティブを与えているようなものだと思います。医療制度には無知なので的外れかもしれませんが、評判の悪い後期高齢者医療制度にしても、医療費の1割を払えば、高齢者の誰でも治療行為を受けられるという制度な訳で、もちろん、問題点が多いのでしょうが、実は、そのような機会を保障するのにも費用が生じるということを無視しているように感じます。"redundancy"を確保するのにも費用が発生し、それを事前に価格に繁栄することが難しく、過剰ない水準であるのか、不足しているのかがわかるのは事後でしかないという問題につきあってゆくというのは、現下の経済状況を考えると、「寝言」そのものでしょうが、「低炭素社会」の実現よりも、あるいはこの問題も含む、実は切実な問題なのではないかと感じたりします。

 Yさんの話でも、自作の醍醐味は市販の既製品では実現できないハイスペックのマシーンをつくること以上に、パーツを複数、用意しておくことで、不具合に即応できるとのこと。最悪でも、パーツを自分で交換すれば済むので、修理に出して何週間も待つ精神的な苦痛を味わうリスクを避けることができるというのはなるほどでした。話がまるでまとまりませんが、"speed"と"redundancy"というのが見えない、これからの経済のキーワードかなと。なんちゃって。
posted by Hache at 08:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
お久しぶりのカワセミです。

PCパーツの買い物、普通の店頭で買える商品らしき形をしているものとしては特殊で、万単位の金を払ってそれが動くか自分の役に立つか全く不明というものはなかなか他にないでしょう。

>小売店の存在意義として古典的には単なる商行為だけでなく、商品に関する知識の
>提供やアフターサービスなどが挙げられますが、昨日はなるほどと実感しました。

昔からの話なのですが、これになかなかお金を支払う人がいないのは残念です。長期保証との抱き合わせくらいしか思いつきません。またこの種の知識はますます多様化していくので販売店レベルでの対応はますます困難になっています。それを必要な人が自分で情報を得るしかなく、お金を払うと高額になるという乖離はますます進行しているようにも思います。最終的な数字しか見ないというのは昔からある話です。

昨今の格差社会、背景としてはIT革命等による個人の能力差の拡大という事があると思うのですが、実際の社会での現れ方としては会社の能力差の拡大であり、個々人が必ずしも評価されるわけではないというのが難しいところです。優秀なA社で能力5の人が競争力の欠けるB社で能力8の人より待遇が良いというのはよくある話です。経済が拡大していれば新規事業への進出でまた事情が変わることもあるのでしょうが、そういうのも少なく、厳しい時代ではあります。

さて余談ですが、Phenomに関してはこのコラムがなかなかいいです。ここまで力の入った詳細な解説は海外サイト含めてもなかなか無いように思います。
http://journal.mycom.co.jp/special/2008/phenom01/index.html
http://journal.mycom.co.jp/special/2008/phenom02/menu.html
しかしクロックが上がらないという現状はいかにも苦しく、サーバ向けといいながらサーバに適したチップセットを持っていない現状はいかにも辛いところです。とはいうものの、ローエンドクラスではなかなかC/Pが高いマシンが組めるので充分良いと思うのですが。私なら安いのだとAMDの4850eあたりで1台、予算があれば今月末くらいには出そうなintelのE8600でしょうか。E8500の価格の所に入って順次ラインナップがずれるらしい。
http://nueda.main.jp/blog/archives/003649.html

キーボード、私もひところIBMのを探してました。今は断念してしまいましたが。最近だと独チェリー社の軸を使ったキーボードが人気で、私も持っています。特に黒軸と言われるものは昔の9801みたいにクリック感が無く重たい感触でなかなかいいんですよね。
http://park16.wakwak.com/~ex4/kb/tech_cherry_mx.htm

私もそろそろ1台手配したいのですが、ちょっと忙しくて手が出ないですね。まぁ、もう少し自分のブログの更新をやってからかな:−)
Posted by カワセミ at 2008年07月11日 00:29
>カワセミ様

コメントを頂いて日数がたってしまい、恐縮です。小売店のサービスの外部性は、金銭的インセンティブだけでコントロールすることが難しい分野です。長期保証というのはなるほどです。ただ、消費者が情報提供サービスに力を入れているところでは買わずに、長期保証などをより安い価格で販売している小売店で求める可能性が残るわけで、なかなか難しいところです。結局、他の業種と同じく、現場の士気頼みというのが現状なのでしょう。一連の不祥事に関する報道の影響で疑心暗鬼になる方も少なくないようですが、全般に日本の、とりわけ製造業の品質はいまだに高いと思います。少なくとも、今日までそのような水準を維持できたことを説明するために、市場の外部の要素を入れるか入れないかは立場が分かれるところですが、私自身は無視することはできないと思います。

個々の人材の能力が報酬に反映してゆくには、労働市場が流動的になる必要があり、おそらく、その結果として生まれる格差はむしろたえがたいのかもしれません。個人的には今の売り場の方に変わってほしくないので、あまり流動化されるのも困るというのは悪い冗談ですが。今までで一番、安いグラボを買ったのですが、信じられないぐらいグラフィック関係がきれいになりまして、売り場で聞いてみるものだと思いました。

Phonomに関するコラムをご紹介頂き、ありがとうございます。膨大なテストをしていて全部、目を通しましたが、率直なところ、これは「猫に小判」だなあと。Core 2 Duoでさえ、もてあましそうなので、クアッドコアなどとてもとてもと思っておりましたので、あまりベンチとかを見ておりませんでした。性能面というより、やはり消費電力が気になります。予想以上に高い値が出ているので、これはさすがに。P35とP45の違いなどを尋ねていたのとグラボでも高い性能が必要ないのがわかって、より少ない予算でハイスペックのものが組めますよという提案でした。マザーのチップセットだけでグラボを省略できるというソロバン勘定です。デュアルコアでも性能的にフル活用するには数年はかかりそうなので、クアッドは今回は見送りですね。予算的には値下がりしたところでE8400かE8500あたりかなと思いました。悩ましいのはマザーの選択肢が多すぎるので、初めてですから無難にP35でバグがなさそうなのがよいかなと考えております。

問題はOSで、手持ちのPCより性能が上がるのでVista慣れしたいところですが、勤務先は当分XPから変えることはないようなので、XPにしようかなというところです。DSP版がないのがちょっと痛いのですが。ちなみに私のIBMのキーボードは13年前のAptivaの付属品ですが、10年以上も使い続けるとは思いませんでした。キーボードの予備も多いのですが、ご紹介頂いたキーボードもつくりがしっかりしているようで、予算が余ったら検討したいです。

私の「CPU」がヨレヨレですので、まとまりがなくて恐縮ですが、また、コメントを頂ければ幸いです。 
Posted by Hache at 2008年07月13日 02:06
>結局、他の業種と同じく、現場の士気頼みというのが現状なのでしょう。

インセンティブという面からすると、金銭以外、例えば世評とか日々の仕事の
楽しさであるとか、そういう側面が何がしかないと難しいかもしれません。
ただ「仕事」ですから結局は金銭が指標となるのは当然で悩ましいですね。

>全般に日本の、とりわけ製造業の品質はいまだに高いと思います。

付加価値の低い業種まで頑張りすぎてしまっているので裏目に出ている面もあるようですね。その付近を外部化するのを潔しとしない日本人の変に潔癖な側面が出ているように思います。防衛政策でも外人部隊のような汚れ役をアウトソーシングする発想はなぜか昔から好まれませんが、同じ理由かもしれませんね。その一方で米国に丸投げする大規模なアウトソーシングに抵抗を感じないというのはどうにも知的退廃だなという気もしますが。

>クアッドコアなどとてもとてもと思っておりましたので

現状クアッドはそれほどメリットがないでしょう。一般の人であれば動画エンコードくらいでしょうか。販売側の都合の面が強いような。私はデュアルで高速なクロックのものがいいと思うんですけどね。

>初めてですから無難にP35でバグがなさそうなのがよいかなと考えております。

P45が変更点が少なくマイナーチェンジに近いのでそっちでもいいかもしれません。製造プロセスの改善で消費電力は下がっています。もう少ししたらintel純正のマザーも発売されるので、一度組んで何年か構成を変えないなら検討しても良いかと思います。グラボは液晶ディスプレイを接続するならDVIのあるファンレスのローエンド品を1枚買えば事足りるのでは。\4,000前後でありますね。

OSは、世間で言うほどVistaは悪くないと思うのですが、XPのほうが無難ですよね。SP3を統合してからインストールするのがお薦めです。最新のマザーボードの場合はこの方法で無いとインストール出来ない場合もあります。私はこのツールを使ってDVDに焼いてインストールしています。CDより高速になりますしね。別途bbieが必要ですがそれもフリーです。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/instmng/instsupt/spmaker.html
Posted by カワセミ at 2008年07月13日 13:13
>カワセミ様

品質の問題はなかなか難しくて、世間ではどうしても情報の非対称性に注目が集まりますが(もちろん、現実的にも理論的も大切だと考えております)、完全情報を仮定しても、意外とわからないことが多いのが現実です。私も、すこしだけ関わったことがありますが、これはびっくりするぐらい面倒です。実は、再販には売り手側からすると、メーカーが小売店にサービス水準を過小にしないインセンティブを与える側面があるのですが、売り手サイドの経済合理性(利潤最大化)のみから考えても適切な水準に価格を設定することができるための条件が厳しく、理論レベルでも明らかに企業が事実上、入手困難な情報を把握できることが前提になるので、実務レベルではほとんど難しいのではと思います。あるいは、理論的に十分に解明できていないけれども、実務的にはある程度、コントロールできているのかもしれません。それにしても、サービスの中身を問わずに単に支出金額をコントロールするだけで、これほど難しいとはびっくりです。なお、これは売り手側の合理性だけを問題にしているのであって、再販そのものを正当化するものではありませんが。

日本人の品質へのこだわりは異常な感じで、Nine Hundredでも内部まで塗装してある日本限定モデルがあるのはびっくりです。いきなり高い筐体を買ってしまう私もアレですが。確かに付加価値の低い産業にまで過度に高い品質を求めてしまうのは、偽装は論外とはいえ、やはり変なインセンティブを与えている可能性があるのかもしれません。他方で、お値打ち感のある製品が減っている印象もあります。グローバル化が進むと、このあたりは従来のような商売は厳しいかもしれません。

防衛政策の「アウトソーシング」に関する違和感は同感なのですが、少なくとも1990年代までは成功した側面もあると思うのですよ。国民の間に戦争アレルギーが強かったですし、極論すれば、日米同盟という選択肢以外のベターなチョイスがなかったわけですから。ただ、それを国内的に説得する努力が政府側に十分ではなかったという憾みはありますね。中曾根さんあたりは意識していたと思います。安倍政権に期待していたのは最初の3年は細かい作業でじっくり国民との信頼関係を築いた上で、しっかりとこれまでの安全保障政策だけでは日本の安全をためにはリスクが高すぎるということを説得的に語っていただくことでした。結果はご覧の通りで、米軍の抑止力の低下や北朝鮮情勢(拉致問題に話が集中していますが、核開発で再び北朝鮮が裏切れば、アメリカの日本国内における威信が大きく損なわれることを危惧しております)などもあって、この先10年程度は混迷が続くと思います。

知り合いがDSP版もあるよと教えてくれたので、カワセミさんの高度な技を試してみようと思います。本当に貴重な示唆と情報を頂いて恐縮です。今回はとくにきつい試行錯誤になりまそうなので、アドバイスを頂ければ、幸いです。
Posted by Hache at 2008年07月14日 03:09
再販に関しては国内独特の商慣習との絡みもあるのでさらに面倒そうですね。書籍の取り次ぎとかややこしいことになっているようですが。非常に長いスパンで見ればそれでも落ち着くところはあるのでしょうけど。

>日本人の品質へのこだわりは異常な感じで
世界的に有名な話で、「日本でだけ」受けない企業というのがたまにありますよね。それ以外の全世界で問題なく商売ができていても。Antecなんかはちょうどその逆といいますか、地元の北米でも高級路線ですしラインナップから日本に持ってくる物の選択もアレンジもうまいです。秋葉原のショールームに色々製品を並べていますけど、日本での商売に向いている会社だと思います。私は最初にP160を買ってかなり気に入り、その時はまだ入手性が良くなかったので同じものをもう1台買って並べようとしたとき海外ショップからの通販になってしまいました。電源はOEMですが、過去のいくつかのモデルを除いてあんまり外していない気がします。

>少なくとも1990年代までは成功した側面もあると思うのですよ。
結果としての現実解にはなっていましたね。元々日本は単独で安全保障政策を考えるのが好きな国です。そもそも近代までは島国ということで外国の侵略をあまり考える必要がなく、明治以降は周辺諸国の近代化が遅れていた事情で「欧米列強の進出」への対抗という意識から出発した経緯は不幸ではありました。安全保障に関してどのような要求と優先順位があるのかを考えることなく、漠然と高いレベルを低コストで享受するのを当然視するような風潮は、それ自体幸運なことではあっても国際的に通用しないものでありました。そういう議論を言語化するというのが一番大事なのはおっしゃる通りです。それは政治における言葉というものに関して歴代屈指の稚拙さを見せてしまった安倍政権には元より対応できないものだったかもしれません。中曽根氏以外に過去の首相で可能性があった大平氏と小渕氏がいずれも任期中に亡くなられてしまったのは残念なことでした。どうにもうまくいかないというのが今までの経緯かと思います。

>アメリカの日本国内における威信が大きく損なわれる
それは現時点で底値ですのでさしたることもないかと思います。日本の福田政権も真剣なメッセージを国民に投げかけていたわけでないことは皆承知していることですし、双方政権が替わって巻き直しとなればうまい損切りにはなるでしょう。南北統一が唯一の最終解であることは専門家の間で広く共有された意識ですので、どういう手順を辿るかというのが焦点になるかと思います。

>知り合いがDSP版もあるよと教えてくれたので
実はこの統合インストールはMicrosoftが公式に推薦しているやり方です。それに準拠したツールが世界中で作成されており、日本で有名なのはこのSP+メーカーです。本来これはMicrosoftが作って配るべき話ではないかと思うのですが。なおDVDに焼く場合は付属のライティング機能は使えないので別のソフトで実行しましょう。何度も消せるDVD±RWメディアでちょくちょく作り直す人が多いですね。このソフト毎月バージョンアップするので。
Posted by カワセミ at 2008年07月15日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16766743
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック