2006年11月22日

24時間戦えますか。

 久々にブログなるものの記事などを書いてみます。まず、日曜日に書き忘れましたが、『溜池通信』以上に迷惑なのは、『チャンネル桜』。日中安全保障対話などというけしからん番組を3回も見てしまう。これだけで9時間以上は潰れている筈です。怖くて続きが見れませぬ。ようやく、仕事全開モードに入ったところですので。

 高校時代は、「あいつは毎日8時間以上勉強しているに違いない」という私のポリシーからすれば、屈辱的な噂を流されました。だいたい、陸上の練習をして家に帰ると、9時を回っていましたから、まともに8時間も勉強すれば、朝の5時になってしまう。学校の勉強など片手間にやるものであって、時間がかかるなどというのは恥ずべきことです。試験前に徹夜したなんて自慢話を聞きながら、感心したふりをしながら、内心でせせら笑ってしまう。ふだん勉強していれば、試験勉強などいらぬ。間違っても口にだしませんが。

 しかるに今の私は…。締め切り寸前にようやく仕事全開モード(Lv1)に達するというダメダメ人間に堕落してしまいました。それにしても、「つまらん、つまらん」と言いながらやっていたのが、本気になってみると、面白い。素人さん向けのマニュアルなので、辛いのは辛いのですが、自分が本気でやっている仕事の意味が基礎から確認できて、意外な発見です。

 ふと、学生時代に学部の、正規ではない私的なゼミの後で昼食をおごっていただきながら、教官と次のような会話をしたことを思い出します。

A:大蔵省って、給料いいんですか?
教官:安いんだなあ。これが。
:…(よくそんな恥ずかしい質問ができるなあ)。
教官:でも、カネが貯まって貯まってしょうがないんだよ。これが。
A:はあ?
:…(まさか、「悪代官」?)。
教官:使う暇がないからねえ。毎月、貯金ばかりしてるもんだな。安月給でも遣わなきゃ、貯まるんだよ。あははは!
A・私:…(戦闘不能リアクション不能)。
教官:(私に向かって)君、徹夜をしたことはある?
:ありません(きっぱり)。
教官:それじゃあ、役所は無理だなあ。
:はあ。
教官:僕は72時間連続稼動が最高だけど、もっと凄いのがゴロゴロしているからなあ。もめる案件だと、寝ちゃう奴から脱落してくんだなあ。最後は体力勝負だからねえ。
:…。
教官:フフフ。まあ、役所なんてつまらないから、好きな仕事をやることだ。

 実名は書きませんが、この方が私にとって最大の「恩師」かもしれません。今では音信不通ですが。72時間連続「稼動」なんて…。くわばら、くわばら。今の仕事でよかったとつくづく思います。ま、軽く試験の段階で落ちていたでしょうけどね。誰が見てもエリートとしか見えない方が、泥酔して「役人なんてマ○じゃなきゃやってられるか!!」と叫ぶシーンを見てしまうと、つくづくノーマルもとい凡庸な人生に恥じ入るばかりであります。

 しかるに、昨年の私はこの記録を破ってしまったのでした。忘れもしない4月の第3週。金曜日から土曜日まで36時間寝たあとに、日曜から水曜まで連続96時間「稼動」。とどめが、8月の84時間稼動。その後、堕落しきってしまって、9月、10月は食っちゃ寝、食っちゃ寝の連続でぶくぶく太りましたねえ。左足の静脈はでっかい血栓が詰まっていてむくみぱなしでしたし。慌てて11月にジムに駆け込んで、3ヶ月で10sの減量と、血栓融解を実現してしまいました。最近は、ピラティスとか軟弱なことばかりですが。

 それにしても、仕事全開モード(Lv1)に入ったのは、10年ぶりぐらいでしょうか。96時間徹夜しようが、今の生産性にはかなわない。健康の秘訣は、まず寝る。『溜池通信』とか『雪斎の随想録』とかついつい何かを言いたくなるサイトを見ない。見ないのが無理だったら、感想を考えない。『寝言@時の最果て』は、まったく安全。人畜無害。自分で自分の書いたものを読むと、眠くなりまする。こんなブログでも、200を超える訪問者の方々がいらっしゃるわけで、知能指数の低下を招かないことを祈っております。

 それにしても、この歳になって人情を感じます。仕事が遅い私に苛立ちながらも、刺激的な話題を提供して鼓舞し続けてくれるD先生には感謝の念に堪えません。とりあえず、当面の仕事が済んだら、30年ぐらいして今の私ぐらいの年齢の人を育てて御恩返しができるかどうか怪しいですが、少しは本物の「借財」を少しは返せるのでしょう。

 ふわあ。眠くなってきました。仕事全開モード(Lv2)になったら、「寝言」も復活というところでしょうか。さすがに老化を感じますので、20年前のようにLv30は無理でしょうね。このレベルだと、6時間も寝れば、体全体に精気がみなぎっていたのですが。うっかり「レベル5デス」なんて食らっても、おっかないですし。

 …お約束のようにとりとめがなくなりました。こんな下らない記事に最後までお付き合い頂いて恐縮です。私は、遺憾ながら、明日も休みじゃないんでそろそろ寝ます。

おやすみなさい。

あっ、一番ヤバイブログを忘れていました。『やじゅんのページ』。ワードのA4仕様で軽く2頁分ぐらいコメントを書いていましたねえ。あの頃は若かった(遠い目)。
posted by Hache at 23:51| Comment(9) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
生きてらして何よりです兄貴。しかもなにやら覚醒されているご様子。仕事のしすぎでドーパミンが出ているだけならよろしいのですが…

私も文章を書くときにはスイッチが入らないと辛いですね。3年ぐらい前までは1時間でスイッチを入れられたのですが、最近は週末になってさて書くかとなってから「平日の仕事からのチルアウト」→「思考の材料の脳内へのセットアップ」という手順で土曜日がまるまる潰れてしまいます。これは結構辛い。結局スイッチが入らないまま作業を仕上げる羽目になることがままあり、そういう時にはほとほと消耗します。

もっとも、テンションを上げていく準備が無くいきなりテンパってしまうと、いきなりV-MAXが発動することが年に1・2回あります。最近は修士論文で使う数理モデルをV-MAX状態で作成しました。論文の目玉の部分なのですが、なにぶん通常状態では正しいかどうかを検証するのが精一杯。論文の他の記述にあわせて修正しなければいけなくなるとエイジではなくゴステロ様よろしく「の、脳が痛ぇェ〜!!」と頭を抱えることになります。

そういえばゴステロ様には「約束ってのはするときより破るときの方が刺激的で面白れぇんだぜェ!!!」という名セリフもありますね。
Posted by mitsu at 2006年11月23日 07:06
>mitsu様

生きてはいるのですが、私ともう一人の若手が仕事が遅いので、今月末までに終わらせないと、企画自体がボツとなるので、かなりシビアな状態です。普通は数理モデルを使うところを数式を一切、遣わずにintitiveな説明で理解させろというご無体な制約でやっているので、乗ってはきましたが、なかなか大変です。

修士論文を書いていた頃が、懐かしいです。〆切の3ヶ月前に原稿が全部、出来上がって、手を入れていました。11月頃に散歩をしていたら、突然、今まで見えていなかった線が見えてきて、すべて書き直しました。同じ状態になるのは無理でしょうが、この仕事が終わったら、2年越しで放ったままになっているモデルをじっくり攻めたいです。



Posted by Hache at 2006年11月23日 08:39
れ、レイズナー??
すいません、ツッコミさせていただきました。
Posted by やじゅん at 2006年11月26日 15:05
昨日、ものの占いをやっていたら、拙者は、42歳から20年間は、それこそ受験生時代、院生時代に戻って必死に「24時間闘えますか」で勉強しなければならないとか…。何でぇ、のんびりしていられるのも、あと二ヵ月かよ…。
Posted by 雪斎 at 2006年11月26日 16:38
ちなみに私も極限まで追い詰められてきたので、ブログ読まないように努めてます。

お互い元気になったらまたノーガードの打ち合いやりましょう。ジョー対力石ばりに。
Posted by やじゅん at 2006年11月27日 00:28
>やじゅん様

レイズナー、恥ずかしながら見ておりません。mitsu様との「密会」に「時の最果て」を御利用していただくのは、大歓迎です。

>雪斎先生

「24時間戦えますか」は、さすがにお控え頂いて、「100年戦えますか」に目標を変えていただきますると、幸いです。私の場合、歳をとるほど、運気が安定するとでてきます。このあたりは凡庸だという暗喩かなと思ったりします。
Posted by Hache at 2006年11月27日 00:38
>やじゅん様

日曜日のやじゅんさんのコメントへのリプライを書いていたので、順番がおかしくなってしまいました。申し訳ないです。

お体を大切に。私の方は、「極限状態」というより泥沼ですね。月曜日の記事にも書きましたが、ノイズが多いので、雑念を捨てて、やりきるしかないという感じでしょうか。

やじゅんさんの「力石」になれるのなら、幸せなことだと思います。達観には至っていないのですが、私の人生の最終地点は意義のある「捨石」かなと思うことしばしばです。
Posted by Hache at 2006年11月27日 02:04
適当なことばかり言ってしまって申し訳ありませんでした。
人様のところでコメントを書くのは自分のところで記事より楽なので、つい口が軽くなってしまいます。

Hacheさんに力石になっていただくとはとんでもないことです。
へなちょこな私は、顔面を打てないジョーのように、両手ぶらりやってるだけで攻撃できません。
お手柔らかにお願いいたします。

いつもアホなことばかり言って、お邪魔してすみませんー。
今後ともご指導のほどお願いいたします。
Posted by やじゅん at 2006年11月27日 22:52
>やじゅん様

困ったことに、やじゅんさんが記事を更新すると、ついつい刺激を受けてしまうので、本当に迷惑です。

…。

…。

…。

楽しくてしかたがないんですけどね。
Posted by Hache at 2006年11月28日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1791877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック