2006年11月29日

20代の安倍政権不支持 私の支持

 昨日は、公務員採用が決まった若い2人たちと楽しく夕食。公務員試験も景色が変わって「人物重視」となっているようです。「採用されちゃったってことは、もう民間じゃ無理だってことだね」などとからかうと、彼らも苦笑するしかなく、楽しいひとときでした。年金一元化の話をして君たちの老後も厳しいなあなどと言いたい放題。

 ちょっと驚いたのが、私が小泉ファンであることを知りながら、小泉不支持を二人とも明言したことでした。彼らの目には安倍総理も小泉路線の継承者と映っていて、これまた不支持。20代では「稀少な」意見なので、ちと聴き手に周ると、「『改革』、『改革』とうるさかったけれど、本当によくなったことなんてあるように思えないです」。さすがにこれには反論しようと思いましたが、あまり周囲では耳にしない意見なので好き放題しゃべってもらいました。話にいろいろ濃淡があって微妙なのですが、郵政選挙はくだらないという点では2人の意見が一致して(要は衆議院で可決して参議院で否決して衆議院を解散するのは変)、投票行動は異なっていたようです(不謹慎ではありますが、「小泉さんの鶴の一声で、『先生』と呼ばれる人たちの首が一斉に480近くとぶんだぞ。しかも、一部ではあるが自業自得だ。こんな痛快な『解雇劇」はないぞ』と煽ると、生真面目な2人もさすがに笑っていましたが)。一人は民主党、もう一人は仕方なく自民党。拉致問題などではさすがに小泉前総理を評価しているのですが、それでも、厳しい評価をするので意外な体験でした。もちろん、ちょっとだけ意地悪な私は、「これで君たちも『抵抗勢力』のお仲間というわけだ」とちょっと古いネタでからかってしまいますが。

 冷静に見ると、小泉政権の5年間は突発的な大事件が起きて、それへの対応への評価でかなり意見が割れたように思います。9.11に始まって電撃的な訪朝、イラク戦争。小ぶりな話では、年金未納問題や郵政関連法案での造反など。そして、自民党の「基礎体力」は、小泉政権下でも回復しなかったように思います。2005年の総選挙では自民党の比例代表での得票数が約2,588万票であるのに対し、民主党が2,103万票を獲得していました。2003年の総選挙では自民党が約2,066万票、民主党が約2,209万票でした。2003年の総選挙では野党共闘が功を奏して民主党が小選挙区でも議席を増やした選挙でした。さらに、社民・共産も700万票近くの得票をえています。

 表層的な分析ですが、来夏の参院選は復党問題の有無に関わらず、長期的なトレンドからすれば、自公で参院での優位を確保できるのか、疑問に思います。小沢民主党は、最近の補選や首長選挙で連戦連敗の印象がありますが、相乗りを止めたり、野党共闘に動いたりと着々と来夏に向けて布石を打っているように見えます。

 この記事の目的は、選挙予想をすることではなく、今後10年間で政権が交代する可能性が無視できない状況では、安倍政権は外交・安全保障で確固とした国内的コンセンサスを形成することに力を入れないと、この国の将来が危うい可能性があることを指摘することです。MDでの日米協力ですら寒い状態で政権が不安定になったり、最悪の場合、交代となると、日米同盟が再び、「漂流」の時期を迎える可能性があると思います。2009年1月にはアメリカの政権も交代する。左よりの民主党政権の下で台湾海峡で問題が発生し、それまでの主張を撤回して集団的自衛権の行使に関する見解をまともにすれば、自民党もついてこざるをえないといううがった見方も可能でしょう。

 しかしながら、当たり前すぎて書くのが憚られますが、同盟の主たる目的は抑止であって、実力の行使は抑止が破られた場合のやむをえざる選択です。意図と能力を明確にして(ただし、「仮想敵国」を明示する同盟など例外ですから、あえて想定される事態に政府が言及する必要はありませんが)、自国の安全とアジアの安定のために日米同盟をより双務的な同盟に高める努力を安倍政権に期待しております。好ましくない事態は来るかもしれないし、来ないのかもしれない。しかし、起きてからでは話が遅すぎる。「時の最果て」などという鄙びたところにいると、「造反組復帰」など下らないバカ騒ぎのように見えます。
posted by Hache at 13:30| Comment(0) | TrackBack(2) | まじめな?寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1869533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

定年退職後、本当に豊かな生活をしている人がいます
Excerpt: この方法も賢い楽しい老後の生活のためのひとつです!
Weblog: 定年退職後の収入は?定年ホームレス対策は?
Tracked: 2006-12-03 13:31

自民党造反組復党 その実情
Excerpt: TBさせていただきます。 11人の自民党造反組みが復党しました。しかし、その内情は?さつきさん、ゆかりさんにあてて、レポート。
Weblog: 現役雑誌記者による、ブログ日記!
Tracked: 2006-12-09 16:51