2008年10月27日

「バターも大砲も」という時代の終わり

 お金に関する話をネットで見ると、まったりと職人的なお話をされているところはホッとしますね。他方で、「オピニオン」がメインのところはとうぶん読まないでしょうね。新聞を読んでいたら、噴出しそうになるので、間違っても朝食後にコーヒーを飲んでいるときには読めません。利下げの是非はまだしも、売手を批判するというのはちとびっくり。インターバンク市場で「闇金利」でもつくれってことかとちょっとだけドン引きしますが、まあ、「寝言」みたいなものかなと思えば、心地よく、二度寝しそうになりました。今週は理由もなくスルーしてしまいましたが、先月の『サンプロ』で日経平均が1万円を割るという予想が悲観的すぎるというのが「エコノミスト」という方たちのコンセンサスだったそうで、奇怪な世界があるものだとびっくりしました。後出しじゃんけんですが、その頃、株式市場について尋ねられたら、今回の危機は、アジア通貨危機よりも厳しいのだから、そのときよりも悲観的に見る方が普通ではと答えておりましたが、「エコノミスト」と呼ばれる方たちはつくづく不思議な人種だなあと思いましたです。

 そうはいっても、記事が役に立たないとはいえ、新聞の株式相場欄を見ると、悲しいものです。しみじみ変な高校生だったのですが(たしか浜松市から静岡市に引っ越してから『中日新聞』から『静岡新聞』に変わった記憶がありますが)、一面から政治面、経済面をなめまわすように読んでつまらないなあと思って毎日見ていたのが、なぜか株価のところ。経済にはまるで興味がありませんでしたが、株価とドル円は毎日、見ておりました。「円高不況」で、父上がこれまで何度も修羅場を見てきたが、今度ばかりはもうどうにもならんとしきりに話していたせいかもしれません。ふと、郵便局と関係があるのかしらんという会社名が気になって父上に尋ねたら、海運会社とのこと。このように書くと、かえって深読みされそうですが、株価の水準を覚えているのが少ないのと、その中で社名が連続している会社が少ないことが理由です。

 株価だけ見ると、父上の勤務先と同じぐらいなので、小さな会社なのと尋ねたら、びっくりした様子で、「うちと比較するなんてとんでもない!」という反応でした。いい大学に入って、そういう一流会社に勤務してくれたらなあというのが、父上の願望だったようです。それにしても、金融セクターがボロボロなのは当然としても(失礼!)、私が高校3年生ぐらいのときに見た水準よりも一流企業の株価が下がっているのを見ると、この先、どうなるんだろうと。いくらでも後付けの理由なら探せそうですが、しみじみ市場というのは極端にぶれやすいものだと思います。2003年に冬を越したのに、日本経済にとっては春が短すぎたような感じでしょうか。ドルを支えることに反対するつもりはありませんが、足元をしっかり固めておかないと、現時点ですら、金融危機が対岸の危機という感覚が残っているようにも見えますので、危険な感じがします。

 それでも日本人は「冬」に慣れている部分があるのかもしれませんが、2008年のFT500のナンバーツーになったペトロチャイナがあっという間に3,000億ドル超から1,000億ドル超まで時価総額が低下するのを見ると、市場経済のおそろしさを初めて体験する国は大変だろうなあと。露悪的に言えば、ホッとしますね。英米の海上覇権が衰えて、新興国、とりわけ中国が経済的に力をつけ、それだけならまだしも腕力をつけるとなると、「日米同盟と国際協調」から「国際協調と日米同盟」へとウェートをかえて、リスクをヘッジする必要が生じるでしょう。時間稼ぎにすぎないかもしれませんが、アメリカ発の金融危機でアメリカのダメージも大きいですが、新興国の方がダメージが大きいのかもしれない。このあたりは、楽観も悲観も排して見ておいた方がよさそうです。経済のみで覇権が移り変わることはありませんが、その社会が使いうる資源の範囲をみておけば、長期での観測を、高い精度では無理でしょうが、意義あるものにするでしょう。

 それにしても、しみじみブッシュ政権というのは「大砲もバターも」という時代だったのだなあと実感します。両者は通常はトレードオフの関係ですが、ブッシュ政権は意図せざる結果として、「大砲もバターも」という異常な事態を継続することができました。大学時代に読んだ中村隆英先生の『昭和経済史』の章だったか、節のタイトルが確か「大砲もバターも」だったような。高橋財政の時代のことですが、日本は公債の日銀引受で、アメリカは投資銀行やヘッジファンドのレバレッジでそのようなトレードオフが存在しないかのような時代を演出したというのは「寝言」の域を超えているかも。それにしても、次期大統領が直面するのは、おそらくは景気後退下になるのでしょうが、「バターか大砲か」という通常のトレードオフであり、所得の減少を考えれば、普通の発想ではバターに極端にブレる可能性が高いと思うのですが、そのような観測が的外れなのかどうかを見極めてゆく必要があるのでしょう。もし、大砲をケチる状態が長期間にわたって続いた場合、米軍の抑止力が本格的に低下するだけでなく、覇権そのものが衰退するリスクを評価しておく必要がでてくるでしょう。もっとも、この国がアメリカの覇権を補完する勢力として生き残れるのかは別の問題としてあるわけで、リスクをヘッジする前に見捨てられる可能性の方がはるかに高いのでしょうが。


 アメリカ大統領選挙も終盤を迎え、盛り上がっているのかそうでないのかは今ひとつピンときませんが、アメリカのメディアをつまみ食いしても、なにが論点なのかピンとこないです。というわけで、「時の最果て」ですから、思い切り話を膨らませて、ブッシュ政権というのは「バターも大砲も」という時代であったのに対し、次期政権は「バターか大砲か」という問いに答えざるをえないでしょうという、「ざるの脳」にふさわしい「寝言」にしてみました。それにしても、ブッシュ政権というのは不思議だなあと。9.11の後は、イラク戦争で評判を落としましたが、国内的には大規模な減税を行い、今ではグリーンスパンまで批判の対象になっていますが、通常なら直面するはずの「バターか大砲か」というトレードオフが存在しないかのような時代を演出しました。経済だけを見ていると、私自身も1929年の世界恐慌を思い浮かべてしまいます。歴史は繰り返すのかそうでないのかはわかりませんが、再現性がほとんどないだけにこの問い自体があまり意味がないのかもしれません。大雑把に言えば、ブッシュ政権の時代は9.11を出発点に戦時経済と景気刺激が同時に行われた珍しい政権だったと思います。

 経済の面で進行しているのは「ロジックモードを変更!シンクロコードを15秒単位にして!」みたいな感じで、反則という気もいたしますが、まあ完全にハッキングされてしまう、もといメルトダウンしてしまうよりはマシなわけで、どうにもならない感じです。アメリカの金融機関には「他人に頼るとは、君らしくないな」と嫌味の一つも言いたくなりますが、 「なりふり構ってらんないの。余裕ないのよ、今!」というのが現在でも実情でしょう(エヴァヲタではないので誤解のなきよう)。経済危機がアメリカの覇権、とりわけ軍事的な側面にどのような影響が出てくるのかは、わかりませんが、普通にゆけば、軍事に割ける資源は限られてくるのでしょう。それが一時的なのか長期にわたる傾向となるのかは現時点では見通しすら立たないのが率直なところです。

 それにしても、ASEMでの麻生総理の言動を追った記事で国内の最大の関心事は解散の時期というのは脱力するばかりです。国民の関心とか国内の関心というのは、あなたの関心でしょというところでしょうか。危機の時代に誕生したばかりの政権を支えることができないのは本当に不幸な事態だと感じます。それにしても、新聞記者の平均年収を見ると、格差社会を実感する、とっても不幸な日々を(以下略)。
この記事へのコメント
またまたご無沙汰いたしております兄貴。最近のエントリの間隔と内容を見て、少なくとも気力のほうはずいぶん戻られたのかなと拝察しておりましたが、くれぐれもご養生なさってください。

「ジェロで『海雪』お願いします」「それ違う漢字ですから」の会社ではライバル会社と株価(および時価総額)が逆転したことが社内でちょっとした話題になってました。どちらの会社もこのマーケットに揉まれてボロボロになっての数字なんで皆さんほろ苦い表情でしたがね。ペトロチャイナが3分の1になった話を書かれてますが、アンクルさんのところなんて1年できっちり6分の1になっちゃって、堅い会社だと勘違いして持ち株会とかやってる人は大変だろうと。でもねぇ、ただでさえキャッシュフローはマーケット次第なんだし、まして投資家の想定割引率なんて気にして商売やってらんないですよ。

幸いにして職場の活動予算は半期ではなく1年で取っていたので出張の予算はまだ削られておりません。9月の半ばから10月中旬までの3週間、ロンドン→ボン→ニューヨーク→シカゴと出張しておりました。おまけにロンドンではシティで飲み会、ニューヨークではWTCの横に宿泊とまさに歴史の生き証人になるべき旅程なのでしたが、こうゆう状態でも世の中変わらないなぁというアホの子的な感想しか持てなかったのには自分でも笑ってしまいます(仕事はしてきましたよ一応)。夜にホテルに帰ってテレビを付けてもニュースキャスターが深刻に喋っている裏番組はバカっぽいクイズ番組だったり、週末のウォール街は呑気な観光客で一杯だったり、人間なんてらら〜ら〜らららら〜ら〜。

来週はまた出張で、火曜日の昼にダラスのホテルに着き、水曜日から仕事です。火曜の夜のCNNは自分の部屋でじっくり見るか、スポーツバーで他のアメリカ人と空気を共有するか、少し楽しみにしています。
Posted by mitsu at 2008年10月29日 22:09
>mitsu様

御多忙の折、恐縮です。もはや不謹慎そのものですが、私でも手が届くかもと資金を準備していたら、あっという間に微妙な株価になってしまい、誠に残念です。2003年のときにも三河の会社ばかり注ぎ込んでいたので逃しましたが、「100年に1回の好機」を逃したのは本当に惜しいです。本文で悲観的なことばかり書いているので、忸怩たるものがありますが、すっちゃっても自分のカネだしという感覚ですね。足が微妙に重たいのも、動きを鈍くしてくれました。それにしても、マクロでは悲観的なものの、個々の銘柄を見ていると、ありえない水準で、"willingness to pay"というのをこれほど実感できるのは滅多にないなあと思いました。

あとは実体経済への影響ですが、貿易が縮小するにしても、どの程度なのかというのは通関ベースでわかりますが、海運市況が先を見るにはよいのかなと思ったりします。まったく話がずれますが、つべこべ言わずに海自を派遣しないのかとイライラしますね。警職法の規定をあてるというばかげた条文を直すというのなら別ですが。このあたりは沼っぽいですが。

長時間のフライトに耐えられそうにないのが残念ですが、北米にいる人、いった人に聞くと、バラツキはありますが、「大恐慌?ハァ?」みたいな感じの話が多いですね。アメリカ人の鈍感力に恐れ入っております。皮肉ではないのですが。どうも、この島国では「おしん」的な感覚が強いようで、やっぱり金融とかで食ってゆくのは無理だよなあと感じる日々です。

Posted by Hache at 2008年10月30日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21916814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック