2008年11月06日

"Yes We Can"は変わらないことを演出できるのか?

 風邪薬でこれほどまで眠くなるとは……。一日中、頭がボーっとしていました。とにかく、集中力を維持するのが精一杯。珍しく午後9時からのNHKのニュースを見ておりましたが、これは大変だなと。これだけオバマ次期大統領への期待値が高いと、どうやって政権への期待値を妥当な水準に落としてゆくのに苦労するような気がします。今回の大統領選挙で確定した"change"は、大統領選挙が正常に行われて、次期大統領が確定したことぐらいですから。"Yes We Can"が経済における政府への依存心に変われば、かなりまずいような。オバマがよほど上手に期待値を下げないと、かなり厳しい事態に陥るでしょう。率直なところ、金融危機をあるレベルで安定させるのが精一杯で、すぐに生活レベルで対策が打てる状況だとは思えないですから。もっとも、"Troubled Asset Relief Program"の成立過程でマケインとともに議論に参加していたわけですから、私などが書かなくても、理解されているのでしょうが。

 外交や安全保障でも劇的な変化というのは困難だと思います。イラクからの全面撤退は、いくら治安情勢が大幅に改善したとはいえ、マリキ政権がとても独り立ちできるところまでいっていないわけですから、イラク情勢を不安定化させかねないでしょう。さらに、アフガンに兵力を投入するというのは、イラクの治安改善と同列には議論できないでしょう。言いにくいですが、ブッシュ政権が「バターも大砲も」という時代を7年近くやった結果、それでもアメリカの選択肢は他国よりもはるかに大きいとはいえ、かなり制約されていると思います。現実問題としては、ブッシュ政権末期の政策を大幅に転換するのは難しいと思います。他方で、英米系メディアのブッシュ政権への支持率は軒並み20%であるのに加えて、不支持率が70%を超える状態です。ホワイトハウスの主は他の国の首脳よりも世界に与える影響力が大きいとはいえ、すべてを意のままにすることはできない。ホワイトハウスの主が変わること自体、"change"でしょうが、現政権の不支持率はそれ以上の変化を望んでいることを示しているのでしょう。オバマ政権が発足した後、事実上、ブッシュ政権と同じことをしなければならない場合、"change"がそのような印象を打ち消す可能性もあれば、やっぱり変わらないのかという失望に変化する可能性が高い。"Yes We Can"はアメリカ人らしくそれ自体は好感がもてますが、選択肢がそれほど大きくはないことを人々に伝えることはよほど難しい。

 アメリカ人の大部分はブッシュ政権の下で「閉塞感」を感じていたのでしょう。オバマは、党派間対立を克服しうる人材としてかなり早くから注目されていました。"Yes We Can"は、アメリカの民主主義の「復元力」の現われなのかもしれません。しかし、現在のアメリカが自らと世界に及ぼすことができる影響力は8年前と比較すれば、はるかに落ちている。そのような現実を受け入れるスローガンになるのか、現実を拒絶するスローガンになるのか、それとも、オバマが大衆が見たいと欲する現実を見せるためのスローガンにできるのか。ありきたりですが、風邪薬でボーっとした状態で、そんな「寝言」が浮かびました。


 まあ、酷使様が空軍のトップになれちゃう国よりも、アメリカの方がはるかに活力があり、悪いなりに耐え切れる底力を発揮するのでしょうけれど。

【採集地】【田母神】全てはコミンテルンの陰謀ですが何か?3
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1225905891/

325 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2008/11/06(木) 20:04:42 ID:???

もし、世界の終わりが明日だとしても、私は今日、林檎の種を蒔くだろう。
〜ゲオルギー・コンスタンティノビチ・ジューコフ〜

人はだれでも負い目を持っている。それを克服しようとして進歩するのだ。
〜山本 五十六〜

自分のショーは自分で演出する。
〜エルウィン・ロンメル〜

根拠が無くとも、前線の隊長が正しく、後方の司令官が間違っている。
〜コリン・パウエル〜

問題の本質は何が正しいかを見極めることだ。難しいのはそれを実行することだ。
〜ノーマン・シュワルツコフ〜


実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。
〜田母神俊雄〜
この記事へのコメント
お久しぶりです。”酷使様”=上手い!
Posted by 老眼 at 2008年11月06日 13:16
>老眼様

お久しぶりです。先の大戦で負けた最大の要因の一つを身をもって示された前空幕長に敬礼あるのみです。
Posted by Hache at 2008年11月06日 22:38
選挙報道はホテルのバーで見ていました。個人的にはマケイン氏の敗北宣言がジンときました。見ているときは気付かなかったのですが、Wikipediaによると「敗北宣言を行なった後、マケインがステージを去る際に黒人副長と確執していた白人艦長が自らの非を認め和解してエンディングを迎える映画『クリムゾン・タイド』のメインテーマ(作曲:ハンス・ジマー)が会場内に流されていた」だったそうで。

田母神氏の件は萎えまくりなのですが、「それ以前の問題でしょう」というところを排して書けば、これはシビリアン・コントロールの問題ではないし、「政府と異なる」「ゆがんだ歴史観」の問題(酷使様の立場からすれば言論の自由の問題)でもない。現役軍人が「軍人が死ぬには正義が必要だ」という意味の意見表明をしたことが問題なのです。"Soldier, Ask Not"という言葉で自分を律せ無いような人間は、近代国民国家の軍人として国民の敬意を得るには値しない。辞任は当然です。

オバマ氏の件、国際関係においてはブッシュ政権の政策から大幅な転換が困難というのは、別の見方をすればブッシュ氏はまともな政策へと転換しているのに人徳の無さで周りがそう見てくれない(苦笑)ということでもあるので、カリスマもありコミュニケーション能力の高い大統領に代わることだけでよい方向に向かうというのは充分ありうる話だと思います。
問題はやはり経済問題の収拾なのではないでしょうか。ここ数ヶ月のFRBのバランスシートの膨張を見るとヘリコプター・ベンの綽名は伊達ではないと思うのですが、ヨーロッパと競争で為替の切り下げ競争に突入しているようにも見え、その競争の先はあるのか、金融政策の自由度の少ない日本はどうなるのか、東アジア経済ブロックみたいな話は切に願い下げだがなんて思ってますが。
Posted by mitsu at 2008年11月07日 23:37
>mitsu様

マケインはよき敗者だったんですね。今回の大統領選挙は勝者の方が苦労するだろうなあという感覚で見ております。正直なところ、2000年のような事態にならずにホッとしたというところです。私が鈍感なだけだと思うのですが、やはり人種問題が大きいのでしょうか。選挙戦を見ている際にもオバマが黒人だという意識がほとんどなかったので。

件の作文に関しては、怪しげな文書で60年もたってぐだぐだ言い訳をするなということにつきます(内容的には「犬死史観」としか読めないのですが)。"Soldier, Ask Not"に関しては同感です。靖国の際にコメントを頂いたときに、そこまで整理できず、恥じ入ります。

オバマが無能だとは思わないのですが、経済危機で政府ができることはかなり限られていると思います。それをそのままプリゼントするのはまずいのですが、期待が大きすぎると大変だなと。ちなみに、究極のひねくれ者なので、ブッシュ、オバマ、マケインの3人で誰が大統領にふさわしいかと尋ねられれば、ブッシュです(笑)。人徳というより、やはり普通の人が耐えられる期間内に成果がでなかったことが大きいのでしょう。詮無きことですが、あと1年早くイラクが現状に落ち着いていたら、駐留問題も楽に解決できたのにと思います。

『本石町日記』さんがあくまで大雑把な感覚と断った上で、先進国の金融政策はゼロ金利に収束するかもと書かれていましたが、似たような感覚はあります。FRBの対応はベストではないかもしれませんが、ベターな政策を考えるのは難しいと思います。ひどいことを言えば、日本は一度やってるんだから、慣れてるでしょと開き直るのがベストかと(先駆者というのはちとひどすぎるのでしょうが)。今のところ、いわゆる「ブロック経済」の可能性は低いと思います。アメリカでさえ、「アウタルキー」を単独で形成するのは困難でしょう。バラバラになりたくてもなれない世界もそれなりにつらいものだと感じます。
Posted by Hache at 2008年11月08日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22468311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

米大統領にオバマ氏
Excerpt: 米大統領選は4日、全米各州で投票、即日開票され、民主党のバラク・オバマ候補が共和党のジョン・マケイン候補を大差で破りました。オバマ氏は来年1月20日、第44代大統領に就任します。 ***♪“Yes ..
Weblog: 歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
Tracked: 2008-11-09 14:24