2009年01月18日

最悪のPCトラブル

 とうとう自作したマシーンがOSの再インストールもできない状態になってしまいました。C521も、SP3をあてるとUSB接続機器の動作がが不安定になり、IE7を導入すると問題が多く、やむなくSP2にIE6で対応しています。それにしても、自作機をメインにしようとしたのは無謀だったのかも。今頃になって気がついたのですが、ネットではP5Q-EのUSB関係のトラブルが多くて、びっくり。今まで、よくトラブルなしで済んだものだと思います。どうも、BIOSを1703にアップデートしてから、極端に不安定になったので、元に戻そうと、既にダウンロードしてあった古いバージョンのBIOSに戻そうとするとエラーがでます。OSをインストールしていないデータ専用のHDDをプライマリーにしても、XPのSP2のままインストールしようとしても、CDからデータを読み込んでディスクの状態を確認する段階で弾かれてしまって、BIOSの再起動が始まってしまいます。「おまじない」と変わりませんが、当分、マザーからリチウム電池を外して、放置して、工場出荷時の状態に戻ればラッキー、このままOSを受け付けない状態が続けば、マザーを買い換えるしかなく、非常に厳しい状況です。C521も相変わらずUSB関係のトラブルが多く、セカンドマシーンとしてすら、不適格です。「ハードウェアの安全な取り外し」を実行しても、USBで接続している機器が停止した状態で取り外すと、エラー音が出るので、恐怖から一度、接続したUSB機器を取り外すときには電源を落としてからという不便な状態です。こちらは、BIOSを古いバージョンに戻すことができますが、ほとんど関係なく、SP3を導入するか否かに関係なく、USBの不具合は何度もイメージリカバリーをかけても元に戻らないので、このまま使うしかないのでしょう。正直、最悪の事態を超えてしまったので、開き直って、なすがままでいいという気分です。

 事実上、徹夜に近い状態が続いているせいか、机の上の照明スタンドの蛍光灯までが不調。蛍光灯を換えにでかけた時間が遅かったので、近くの量販店はしまっておりましたが、スーパーでなんとか売っていたものの、1,380円とちと高い。背に腹は代えられぬとばかりにレジにもっていったら、なんと100円均一で消費税を含めて105円。この1週間で一番、嬉しかったことがこれでは本当に不幸せです。

 以下は、自分用のメモです。「寝言」というより日記みたいなものなので、「寝言」もどうかと思いますが、他人に読まれることを前提として書いておりませんので、悪しからず。自宅ではオフィスソフトやメールなどを利用するだけに留めていて、ネットへのアクセスも、極力、最小限にしております。


 「ASUS EZ Flash2」でBIOSをアップデートしようとすると、これまでBIOSを含んでいるUSBメモリーだけが表示されたのが、なぜかすべてドライブが表示されてしまう。原因は不明。しかも、過去のBIOS設定を保存していないので、以前のバージョンに戻すことができない。全然、「危機管理」への備えをしていなかったことに気がつく。この問題に気がついた頃には遅すぎた。

 以前は、BIOSの設定画面で"Boot Device Priority"で、光学デバイスを"1st Boot Device"に設定しておけば、XPのCDから回復コンソールを起動できたが、今週に入ってから、それすらできなくなった。Windowsのロゴが表示される画面が出現すると、再起動がかかったり、ファミコンの画面がバグったような真っ暗な画面に左上だけ赤くなっている奇妙な画面になったりしてしまう。

 Windowsの"Boot.ini"ファイルには問題がないことを確認した。あとは、"kernel32.dll"ファイルが破損している可能性があるが、回復コンソールすら起動しない状態ではどうにもならない。先週の段階で準備不足だったことや、最悪、クリアインストールをすればよいだろうと考えていたのが甘かったようだ。デスクトップだけで2台も準備している状態で、ここまでひどい状態は初めてで、しかも、2週間かけても立ち直れないというのは厳しい。

 C521で自作機のHDDをUSB経由で見ると、パーティションおよび各ドライブ内のフォルダーやファイルなどは正常に認識される。他方、自作機のBIOS画面でも、SATA1、SATA2ともHDDが少なくとも表面上は正常に認識されている。SeagateのHDDを複数台、同じSATA電源ケーブルで連結すると、エラーが生じるという問題は、やや贅沢だが、別のSATA電源ケーブルを独立してHDDのみに接続して電力を供給することで回避している。なお、自作機のCドライブにエラーチェックをしてから、完全に回復コンソールが起動しなくなった。「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」、「不良セクターをスキャンし、回復する」の二つのチェックボックスにチェックを入れてエラーチェックを行ったことが原因かもしれない。なお、修復・回復を行う前にエラーチェックを行ったが、エラーは検出されなかった。

 疑わしいところは、次の3点である。

(1)BIOSアップデートによる相性問題の顕在化

 昨年の12月までは非常に安定していたが、BIOSアップデート後、やや不安定な状態が続いていたために、バックアップをとっていた。ただし、webメールをそのまま保存できない状態になったため、やむをえず、Outlook Express7でダウンロードしてから、メールのバックアップをとっていた。なお、年末からwebメールでは添付ファイルまで開けることができない状態になった。これもOutlook Express7で読み込めば添付ファイルを開いたり、保存できるのだが、それまでと比較して、格段に不便であった。C521でMicrosoft UpdateからIE7とセキュリティの修正を読み込むと、同様の状態になるので、BIOSの問題ではなく、IE7のセキュリティ強化でメールを読み込めるように設定する方法を理解していないからだろう。

(2)HDDのブート領域の問題

 "boot.ini"に異常はなさそうなものの、回復コンソールが起動しないだけでなく、"Windows XP SP2"をインストールすること自体ができない。SP3を統合したDVDでは反応しないので、元のディスクを利用しているが、Windowsセットアップに移ってCDからドライバなどを読み込んだ後に、インストールの続行を選ぶと、次の2種類の反応が生じる。まず、ほとんどの場合、Enterキーを押すと、直ちに再起動してBIOSに戻ってしまう。まれに、読み込むところまで行くが、10分近く放置しても、ディスクの構成を確認している状態からまったく進まない。HDDのブートに関しては理解していないことが多すぎるが、基本的にHDDにアクセスできない状態のようだ。この問題に関しては、まったく修復のめどがたたない。

(3)BIOS起動時のエラー

 メモリーを4GBに拡張した状態でBIOSが読み込むプロセスを見ていると、USBのコンフィグを読み込む段階で停止したり、メモリーの領域を確認するプロセスで500MBまで確認したところで停止したりする。これは、BIOS設定画面で"Boot menu"から"Boot Settings Configuration"で"Quick Boot"と"Full Screen Logo"を"disabled"に設定した場合にのみ、発生する現象である。"Enable"の状態では発生しない。なお、増設した2GBのメモリーを外した状態でも、同様のトラブルが生じる。また、"Power Menu"から"Hardware Monitor"で"CPU Q-Fan Controll"を"Enabled"に設定すると、BIOSが再起動した後に、CPUファンエラーが出現する。これも、昨年12月のBIOS更新後に生じる新しい現象である。昨年の8月に組み立ての初動段階では頻発したが、その後は発生しなくなっていた。

 現時点での構成は次のとおり。

【基本構成】

OS:Microsoft Windows XP Home Edition DSP版(フロッピーディスクドライブと抱き合わせ)

CPU:Intel Core 2 Duo E8500

マザーボード:ASUS P5Q-E

メモリー:CFD販売 FSH800D2B-K2G(DDR2 800MHz CL4-4-4-12-2T 2.0V 1GB×2) 2GB(BUFFALOブランド)
     増設用 同上(CFDブランドのみ) 2GB

HDD:Seagate Barracuda 7200.11 ST3320613AS 320GB×2

光学ディスクドライブ:Pioneer DVR-A15J-BK(ATAPI)

電源ユニット:ENERMAX EMD525AWT

グラフィックボード:LEADTEK WinFast PX9600 GT(S-FANPIPE)

【オプション】

サウンドボード:Creative SoundBlaster 5.1vx(PCI)

※オプションは、現在、PCIスロットから外している。

キーボードは、P5Q-EのバックパネルにあるPS/2に直接差し込んでいる。光学マウスは、USBに直接、接続している。PS/2-USB変換ケーブルは利用していない。
posted by Hache at 01:34| Comment(3) | TrackBack(1) | 情報通信技術関連
この記事へのコメント
こんばんは。私の乏しい知識の中では・・・Flashメモリそのものが逝かれてるようだと、間違いなく修理でしょうね。
私の乏しい知識の中でアドバイスさせて頂きますと、
・HDDディスクがせっかく二つあるので、OSのインストール先を変える。必ず一台だけつなぐのが吉。最小構成でやるのがセオリーなので。
・メモリの不良の可能性があるので、Memtestをやってみる。
http://shattered04.myftp.org/pc_38.html
アトランダムにエラー出てる感じなんで、原因が一つじゃないかも知れません。健闘を祈っております。
Posted by やすゆき at 2009年01月18日 23:19
>やすゆき様

ご教示頂き、恐縮です。memtestでやはり異常があるのがわかりました。なんとか、9時頃には最低限の復旧が終わりました。ただ、メモリーそのものの異常なのか、スロットの異常なのかの区別が私では無理なので、とりあえず、トラブルの元になりそうなメモリーとスロットを外したところ、非常に快適になりました。初心者なので、ずいぶん回り道をしてしまいました。適切なコメントを賜り、ありがとうございます。

日曜日の作業内容をまとめますので、よろしければ、ご覧頂いて、お気づきの点がございましたら、ご指摘ください。もちろん、運営者自身が気分しだいですので、気軽にご覧頂くだけでも、うれしいです。さすがに疲れましたので、そろそろ寝ます。

Posted by Hache at 2009年01月19日 01:08
ご指摘だなんてとんでもない。山勘が当たっただけの話ですので(汗)
Posted by やすゆき at 2009年01月21日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25612482
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【つぶやき】memtestで「お役に立てて良かった」
Excerpt: ちょっと前の話になりますが、 末尾になりましたが、適切かつ有益なコメントを頂いたやすゆき様にお礼を申
Weblog: 福田川新報
Tracked: 2009-02-11 16:28