2009年03月05日

民主党は党利党略を追求せよ

 民主党は惜しいチャンスを逃しましたねえ。小沢氏が現段階で検察の言い分を認めないのは、事の真偽は別として当事者としては当然でしょう。また、今回の献金が、企業献金を個人の政治資金団体が受け入れることを規制した法に違反するのかは法廷で争えばよいでしょう。代表を辞めれば、疑惑を認めたことになり、小沢氏に対するイメージだけでなく、民主党もダメージコントロールが難しくなるかもしれません。

 しかし、政権与党も目をそむけたくなる惨状で、小沢氏が検察の言い分を否定した上で(くどいようですが法的な問題はあえて触れる必要はないでしょう)、このような疑いがもたれること自体、「矜持」(笑い)から争う構えを見せた上で、党の代表は別の方に譲る、すなわち代表選挙を行うことを提起していれば(タイミングが難しいですが)、苦しいながらも民主党への注目の視点が少しは変わるでしょうし、「政治とカネ」以外の政策論争を行って、一つ間違えば党内が空中分解するかもしれませんが、民主党としての外交・安全保障政策や経済政策に、不満分子が残ったとしても、最低限、方向性が示せれば、自民党も安倍政権のときのようにスキャンダルではなく、国民の信用の源泉である政権担当能力に疑問符がついている状態ですから、民主党への期待値が上昇する可能性はあったでしょう。民主党がなにを考えているのかがわからないというのが、自民党に愛想をつかしている層でも不安材料ですから、完全に払拭できなくてもよく、党内がバラバラなのも似たようなものですから、方向性を示すのには絶好の機会になったのかもしれません。

 小沢氏が辞任しなかったことで、民主党はピンチをチャンスに変えるどころか、今後、「政治とカネ」という今さらな問題を政策イッシューの主要な一つとしかねない選択をしてしまいました。今でこそ、自民党は自重していますが、現在の経済環境や国際情勢を考えると、自民党の弛緩した状態を延命させる選択でしょう。小沢氏が代表の座から降りることこそが党利党略だと思いますが、民主党はそれすらしなかったというのは驚きです。

 公人が純粋に公益のためだけにつくすなどというのは誰が見ても非現実的な前提になっている現在、「党利」すら追求できない民主党は哀れみの対象でしかありません。もっとも、「寄合所帯」で無理な注文だという批判もあるのでしょうが、「マニフェスト」というのは、所詮は、一私党がだす「党略」にすぎず、それすら明確な方向性を出せないようでは政党としてどうなのか。「公党」というのは変な表現で、複数政党制の下では与党であろうが野党であろうが私党にすぎません。もちろん、議会制民主主義の下では与党が国策に権限と責任を負うのは当然ですが、よほど隔絶した勢力差がない限り、野党の意見を無視することはできないでしょう。与党の「党略」と野党の「党略」が明確であり、ぶつかってこそ妥協の余地が生じます。民主党がそれなりに建設的な対案を出すときには話が細かすぎる。この問題を小沢氏は封印したまま、解散総選挙に備えようとしていたのでしょう。そのような「重石」を外すのは民主党にとってはリスクが高いかもしれませんが、「政治とカネ」が争点になるのは民主党にとってだけではなく、現在のあまりに厳しい情勢の下で、この国にとって不幸でしょう。今回の事態は、党利党略すら追求できない民主党の惨めさだけを浮き彫りにするのかもしれません。


 くどいようですが、実現可能性が十分にあり、実現すれば多くの国民に利益をもたらす政策でも、一政党が主張する限りは党利党略にすぎません。公益と私益を峻別するのは政治という特殊な営みではバカバカしいと思います。けちくさい「私益」は党利党略にも値しませんが。

 経済政策ではこれというほどの選択肢がないのが現状でしょう。したがって、外交・安全保障政策で政権交代があっても大きな変化がなければ、狭い経済政策の選択肢の中で争えばよいだけです。その程度の「競争」でさえ、民主党は政権交代で「変化」を演出することができるというアドバンテージをもっています。それすら、できないということになれば、政党としての存在意義を疑わざるをえません。民主党が明確で一貫した「党利党略」をいまだにもつことができないことが、現在の政治システムの不安定の一因だとすら感じております。

 議会制民主主義の下ではどの政党も私党というのは抵抗があるのかもしれませんが、公益を純粋に代表できる政党があるならば、その政党が独裁すればよいわけです。複数政党制というのは特定の政党が純粋に公益を具現化することはできないという現実を制度化したものでしょう。もちろん、政権を担う政党が国策を担う主たる主体になることを否定するものではありませんが、公益そのものを代表するという意味での公党にはなりえないでしょう。民主党に問われているのは、公党としてのあり方以前の私党としてなにを、どのようにやりたいのかということであり、小沢氏が代表を続けることはその点をさらに不明瞭にするだけでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27375793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

小沢民主党代表秘書ら逮捕
Excerpt: 民主党の小沢一郎代表の資金管理団体「陸山会」が、準大手ゼネコン「西松建設」からの迂回と知りながら献金を受け取っていた疑いが強まり、東京地検特捜部は3日、小沢氏の公設第一秘書で陸山会の会計責任者、大久保..
Weblog: 歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
Tracked: 2009-03-06 00:23