2009年03月22日

とてつもない国をつくるわよ(実践編) 国際経済の危機と『三國志VIII』?

 いろいろ慌しいようですが、原因不明の発熱に花粉症の潜在的症状などで集中力がまとまらない状態です。A.I.Gのボーナス問題では、だいたい米紙はポピュリズム批判と金融安定化への支障となりかねないことを主張している状態で、ごもっとも。対象となる範囲は経営者だけではなく、トレーダーにも及ぶようで、邦字紙の報道よりもかなり広いようです。主たる問題は、(1)法的問題(法の不遡及に反する)、(2)金融安定化のために必要な資金を受け入れるインセンティブを殺いでしまうこと、(3)公的資金を受け入れている金融機関から人材が流出したり、努力を行うインセンティブを損なうリスクなどでしょうか。下院で成立した法案があまりに筋が悪いことは明白でしょうが、それ以上にこのような法案がでてくる素地が気になります。"populist anger"(House Approves 90% Tax on Bonuses After Bailouts(参照))というのはあまりに抽象的で(たぶんアメリカ人には自明だからでしょうが)、どのあたりで感覚的につかめるのだろうかと。もちろん、損失を垂れ流して公的資金を受け入れている金融機関が多額のボーナスを手に入れるというのはあまり不条理だという感情はわかりますが、どのあたりでそういう雰囲気が表出しているのかがわかりにくいです。

 ただし、経営責任の問題を先送りしてきたこと自体は事実でして、The Market Tickerでも、"AIG Derivatives Guys: Just Do It (Seppuku)"(参照)を見たときに、やっぱりこれですかという感じ。昨年の9月から急激にバタバタと対策がとられて、ことが急を要する自体だっただけに経営責任の問題を先送りしたこと自体は賢明だったと思いますが、この問題がすっきりしないのは事実でしょう。以前、金融機関に対して過度に懲罰的になることを懸念した「寝言」も書きましたが、先週の半ばぐらいまでMadoffが話題にならない日がないぐらいのおかげで、金融業界以外の人々がどのように業界を見ているのかは容易に想像がつく上に、Madoffの話題が大きすぎて、端緒となったサブプライムモーゲージに象徴される腐敗の問題などはあまりに先送りされてきた感もあります。ガイトナー財務長官までが腐敗した一部ととられ、オバマ大統領の説得力が低下するのは非常に危険な状態です。あれこれ書こうかなと思いましたが、既にまとめている方も少なくないので、メモ程度で終了です。これはうっかりしておりましたが、この問題で身動きがとれなくなることは容易に予想できることですが、その場合には経済合理性の問題の範囲外だから、ブッシュ政権がすべて悪いという形で処理するしかないのではと思いましたが、人事を考えると、継続性を重視したために、それ自体はまともな判断だと思いますが、政治的な解がないまま推移するリスクが高いでしょう。さらに、アフガニスタン問題でチェイニー前副大統領がオバマ政権の政策批判をして、オバマ大統領がちょっと感情的ではないかという反論を行うなど、オバマ政権が一気に乱気流に巻き込まれてコントロールが難しくなりつつある印象です。

 「日本経済の将来構造はいかにあるべきか」という話が少ないというご意見もあるようですが、アメリカ経済自体が見通しが立たず、EU圏はさらに深刻な信用リスクを抱えている現状でそのような動向から切り離して日本経済について論じるのは限界があまりに大きいでしょう。外交問題でアメリカやその他の国の情勢を考慮せずに外交政策を論じるのと同じ程度にナンセンスな話です。相互依存が深化した世界で日本だけがアメリカがどう転んでも保険をかけるというのは無意味な議論でしょう。

 嫌らしく名指ししませんが、「経済のサービス化」は先進国共通の現象で、特定の政策によってもたらされているわけではなく、就業者別でみれば、1970年代初頭がが第2次産業に従事する就業者の割合がピークに達した時期です。この30年間でも1980年に第2次産業の就業者数は全産業の約34.8%でしたが、2005年には約27.0%に低下しています。そもそも経済の場合、政策的な誘導が所期の目的とは反したり、思わぬ結果を招くことが少なくありません。戦後復興期ならばともかく、高度経済成長期でも政府が日本経済の「あるべき姿」を描いてそれに民間がついてゆくという時代ではなく、池田内閣の「所得倍増計画」が象徴的ですが、経済政策から独立して経済の進むであろう方向性を敏感にかぎとってそれに政府が追従してゆく方向へと転換してきました。

 今後、必要になってくるのは、市場では解決できない問題に政府がどのように関与してゆくのかという消極的な問題であり、そのような消極的な姿勢ですら、経済を撹乱する効果をもつことに十分な配慮をどのように行うのかという技術的な問題です。技術的な問題であって、イデオロギーや「べき論」などは捨ててかかるべきというのが私のイデオロギーです。今回の金融危機ですら、市場が機能不全に陥っても、金融市場で過剰な介入を行えば、市場はそれに応じて反応しているのが現状です。「かくあるべし」という壮大な構想にもとづく議論ではなく、より事実を重んじ、後追い的と批判されながらも市場を用心深く損なわないように政府が補完してゆく政策が必要でしょう。

 一例を挙げれば、医療などで「市場原理」なるものをさらに導入するべきという議論もありますが、あまり同意しかねます。医療の特性や既存の制度があえて乱暴に表現すれば、供給側である医療機関、需要側である患者あるいは予防医療を含めた利用者にどのようなインセンティブを与えているのかを無視して、一方で単にカネを増やし(これは政府の権限を強める方向に作用するでしょう)、他方で「市場原理」の導入というのはわかりづらいでしょう。個々の市場(医療分野がそこまで金銭的なインセンティブで動いているのかは用心深く評価する必要がありますが)の特性を無視した「グランドデザイン」など無意味な時代です。ただし、国際通貨体制は究極的には市場のように自発的に形成されえない部分が大きく、今後も金融危機への対応からどのような変化が生じるのかを冷静に観察するのが最もプライオリティの高い分野でしょう。もっとも、これとて事前の「グランドデザイン」にもとづいて今後、再構築されるのかすら先入観をもたないほうがよいだろうと考えます。


 あれこれ個別の問題について書こうとしましたが、面倒になったのでつまみ食いで終わりです。漸く、本題ですね。世間が大不況下なのか私ごときにはわかりませんが、日常は華やかさは皆無ですが、平穏そのもの。レインズの『イギリス保険史』を現代的な関心とは無関係にじっくり読んでおります。高校生ぐらいのときにやった『信長の野望』(全国版の前)や『三國志』(Iとか数字はつかないです)シミュレーションはもはや楽しむ機会がなく、「げえっ関羽」がピンとこず、慌てて検索にかける始末。『三國志11』はきれいなのですが、内政好きにはつらいですし、なんといっても時間がかかりすぎます。それでも意地でなんとか統一したり、「決戦制覇」をクリアーしましたが、「逆賊討伐」はあまりおもしろくなく、「勇将終結」も慣れてくるとほとんど必勝なので飽きてきました(。他方、シナリオになると、セーブデータをロードしても、先週はなにをやろうとしていたのだろうという状態になるので、一日で確実に終わるのがありがたいです。適当に買った『三國志VIII』でしたが、以前にも書いた「寝言」のように意外とさっさと進められるので、ちょうどよい感じです。ただし、戦争が正直なところ面倒で、いまだにわかっていないことが多いです。落雷の効果が大きすぎてゲームバランスが崩れている印象もありますが、まともに戦争すると、疲れるので、大抵は委任して配下武将にやらせてしまいました。例によって184年のシナリオで曹操を選んで違う人生をと思いましたが、ダメですな。すっかりサラリーマン根性になってしまったのか、太守の命令に従い、知力を上げて、軍師と前とまったく同じパターン。また、何進の後継ぎですかと思ったら、袁紹が指名されて、放浪してやろうかと思いましたが、面倒になって再度やり直し。太守になったのですが、配下が「使えねえ」状態でやる気が失せましたです。

 今度も195年に何進が自然死して、後継に指名されたのですが、状況が微妙に異なりました。195年の段階で曹操の支配下にある都市数が27、総兵士数が101万5,119人で張角の後を継いだ張宝の都市数11、総兵士数41万8,774人(他に管亥が青州の北海(遼東半島)を支配していますが無視できる程度)と圧倒していますが、張宝の勢力が微妙な感じです(図の茶色が曹操、黄色が張宝、紫が管亥の勢力をそれぞれ表しています)。

19501.JPG

 幽州と冀州を抑えてはいるものの、前回ほど洛陽には危険がなく、北方はさほど脅威ではありません。問題は徐州と淮南を抑えていて、揚州も制覇目前という状態です。どうも、今回は下ヒが落ちてから再服できず、南方への進出を許してしまったようです。しかも、南方に張遼や賈ク、張ゴウなどの有力武将が集まっていて、まともにやると揚州を支配されかねない状態でした。総兵力では張宝を圧倒しているのですが、他の地域のゼロにして前線に集中するのも無理があります。益州や南中、荊南の平定も考えると、実際に張宝に集中できる戦力はだいたい60万程度でしょうか。それでも張宝よりも優位ですが、武将の厚みがやや薄いのが難です。大国ほど支配領域が広いだけに人材が肝心なのですが、今回は、夏侯惇や夏侯淵、荀イク、郭嘉などは未発見の状態で参りました。もっとも、前回のように敵陣営にいないだけマシですが。今回、参ったのは早々に孫堅を引き抜かれて、慌てて取り戻したものの、今度は孫策を引き抜かれるという状態で太守を狙い撃ちされるよりたちが悪かったです。孫堅は手元で使うというより、軍団長を任せるのに最適で、もちろん直属で戦争にでてもらうのも助かるのですが、やはり軍団長としての能力が高い印象があります。

 今回の基本戦略は北方は勢力を拡大しないように抑止した上で張宝の揚州制覇を阻止しながら北方に追い詰めるという方針でした。というのは、揚州を制覇されてしまうと、勢力全体で楼船が使用可能になって徐州や青州の戦闘が苦しくなります。まあ、戦力を周辺に集中して委任でやれば気にするほどでもないのですが、昨年は水軍が弱くて、大苦戦を強いられました(妙なところは史実と偶然でしょうが一致します)。とりあえず、洛陽に移動して冀州と幽州の都市を太守の引き抜きで抑えて揚州の最前線に移りましたが、これが失敗でしたね。なにしろ移動だけで1ターンを消費してしまうので、揚州へすぐに移動して北方の手当てをしておけば、軍団の再編成もスムーズでしたが、時間をムダにしました。陳留や許昌で人材探索をするのが遅れてしまいました。それでも、なんとか3ヶ月で猛将と知将を揃えて揚州へ。関羽を直属で使うのはもったいない気もしますが、登用したばかりでは率いることができる兵士数があまりに小さいので、関羽と張飛を直属に。おまけ扱いで失礼ですが、劉備も汝南で一般武将になっていたので直属に。軍師は例によって周瑜にお願いしました。郭嘉も知力が97と同じなので交代させる手もありますが、登用するまでは周瑜が最高なのでそのままにしておきました。

 人材も揃っていざ揚州にというわけで揚州唯一の拠点、柴桑へ錚々たるメンバーを率いて移動したのですが、その間に張宝の行動は早くて、翻陽(ハヨウ)と呉を落とされました。正確には廬江の太守であった張遼の調略が困難を極めたことも大きかったのですが。ただ、おかげで秣陵の太守が于禁になって寝返り成功。弱小勢力の拡張はけっこう危険ですな。張遼の調略は諦めて、忠誠度が84の状態で廬江へ侵入。敵兵5万強に12万を動員しましたが、なんとか勝ちました。単に戦争下手という気もしますが、張遼が率いる1万4千の部隊が相手ですと、関羽、張飛を率いても、けっこう兵力を削られます。関羽が五品官だったので部隊上限が1万2,500で1対1だとほぼ互角でしょうか。鬱陶しいのが、張遼の「車懸」(って謙信公のはずですが)が決まると、関羽といえども3,000以上削られた上に混乱するので大変です。曹操は主戦力で20,000の兵力を率いていますが、基本的には後方から「沈静」(「混乱」状態(指揮系統の麻痺によって行動不可)に陥った部隊の収拾)や「治療」(負傷兵を戦力に戻す)を行うことが多く、敵部隊数が減少してくると、漸く戦闘に参加できるという感じです。この戦いで張遼をえたのが大きく、後は各個撃破で揚州を制覇。積極的に楼船を活用するというよりも、敵対勢力に渡さないという側面が強いのですが、その間に孫堅が北方を抑えて青州と徐州の一部だけに封じ込めました。あとは孫堅に任せて、例によって洛陽で勇将と知将と交流。今回は夏侯惇と夏侯淵、郭嘉と義兄弟になり、エンディングでは夏侯惇がお供をする役目に。

 で、途中のセーブデータから再度やり直して曹操が使える戦法をコンプリートしようと戦略ターンの後の個人行動ターンで周瑜を「ストーキング」しました。といっても、毎回、会って親密度を上げていると、どの武将もたまに戦法を伝授してくれるので、たとえば弩兵の戦法なら夏侯淵でもよいのですが、「激流」という水上にある敵にダメージを与えて混乱させる戦法は呉の武将の多くが習得しているので、魏の武将は頼りにならんのです。というわけで、周瑜ちゃん、今回はお願いと思いながら毎月のように会っていたら、なんと顔を赤くしながら(顔グラはもちろん変化しませんが)義兄弟になりませんかという話になってびっくり。あのお、昔の話とはいえ、荊州に進出したワシを赤壁で打ちのめして再起不能寸前に追い込んだ敵将から義兄弟とは。もちろん、びっくりしながらも喜んで受け入れちゃいましたが。開始シナリオが黄巾の乱なので、魏・呉・蜀を建国し、支えた人材が何進の下で一同に会してはいますが、やはり相性はちゃんとあって周瑜との親密度は、郭嘉などとは比較にならないぐらい上げるのが大変です。義兄弟じゃなくて「激流」を教えてほしかっただけですが、いつの間にか「敬愛」されるようになっていて(「無視」→「知己」→「信頼」→「敬愛」の順に親密度が高くなります)、まさかと思っておりましたが、周瑜が義兄弟とは。その後、「兄者ではありませんか。ちょうど会いたいと思っていたところです」などと言われた後で、「激流」を教えてもらいました。けっこうランダムなので、前はもっと早く戦法を教えてくれたと思うのですが。しかし、「曹操様」から「義兄上」に変わるというのはなんともいえない感じです。もちろん、軍議の際には「陛下」ですけれども。

 で、調子に乗って今度は劉備・関羽・張飛と義兄弟になれないかなあと。中国大陸制覇は委任しておけばいいでしょといい加減な感覚でひたすら3人にアタックしたら、まさかと思いましたが劉備が義兄弟の提案をして曹操・劉備・関羽・張飛の自分でもとっても違和感のある義兄弟になりました。名声の大きさで決まるのでしょうか、私が「兄者」。なんでもありかよという感じですが、魏・呉「大連立」の次は魏・蜀「大連立」でありまして、次はいよいよ「魏・呉・蜀」大連立を狙いたいところですが、劉備はゲーム開始当初から関羽・張飛と義兄弟で、義兄弟になれる相手は3人までですので、残念ながら超「大連立」は無理です。まあ、三國志の世界観をぶち壊しにしかねない暴挙ですが、漢朝を復興した後、劉備と前漢の遺跡を回るのは感慨深いですなあ。戦争が終わって、配下の軍団が空白地を埋めている間に、開墾や商業、技術、(城壁の)補修、治安と各地を復興しているのですが、ちょっと残念なのが軍縮ができないこと。空白地を埋めるだけなら大層な戦力は不要になるのですが、治安の悪化を防ぐのに最小限の戦力に戻すことができません。こればかりは致しかたないのでしょうか。現実に萎えているので、ゲームの世界で「とてつもない国」をつくりあげる現実逃避の日々になるのかもしれませんね。平凡ですけれども、人々がおのおのの能力を活用して経済的にも文化的にも、速度は問いませんが、豊かになってゆく安定した社会がやはり私にとって理想ですから。

 これは単にゲームの設定の問題ですが、名声は60,000が上限ですかね。劉備以下と義兄弟になったときには途中で名声が増えなくなりました。知っている方は教えてください。
posted by Hache at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | まじめな?寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27767090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック