2009年09月11日

やる麻生とやらない細田で振り返る自民惨敗

 無責任な大減税に戦争を二つもやって、財政赤字に経常収支赤字が拡大した後始末をするのは大変ですよ。バーナンキがうまくやったかどうかはわかりませんが、国際通貨体制が崩壊してもおかしくないぐらいのインパクトはありましたからねえ。外野が悪口を言うのは簡単ですわね。

 アメリカ政治も段々と"Japanization"が進むのでしょうか。それとも、オバマが止められるのか。なんとなく傍観者の気分ですなあ。こうなったら終了よという記事がでて、目新しい感じはなく、まあ、そうでしょうねと。このあたりはしびれました。

「ゲームオーバーだな。しかし自民党の基盤である地方組織が残っている。これをきっちりと強化していかなきゃならん。総裁選でも、地方組織をかませていく必要がある」

 麻生は河村と細田にこう語った。総裁選は特別国会後に行い、首班指名では自民党議員に「麻生」と書かせる算段だった。そして、二人を唖然とさせたのが、麻生の次の一言だった。

「総裁選に手を挙げる者がいなければ、俺が立候補してもいいぞ」

漢字だけではない。最後の最後まで、麻生は空気が読めなかった。


 空気が読めないというよりも、状況が読めない、理解できないというのは先の大戦とそっくりですな。負け戦の典型でしょう。

 それにしても、麻生政権が終わるというのは、なんとも悲しく、今の新政権づくりを見ておりますると、なんとも殺伐とした世の中になりそうですなあ(遠い目)。新政権発足まで一週間を切った状況では、お笑い「麻生劇場」を最後まで楽しまずにはいられないです。元ネタは、「やる麻生スレ」で適当にググってください。


 ここを覗いていたおかげで、投票日は「寝る」のを避けることができました。「先の大戦」は大袈裟ですが、2007年の参院選より剣呑なムード、トップの奇妙な明るさなどが「麻生が招いた自民党『終戦の日』」を招いた一因なのでしょう。案外、書いていた人もストレス発散のためだったのでしょうか。たぶん「3」は落ちてますね。

やる麻生スレ3

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1249404615/

これねえ。拍手がまばらで違和感大だったなあ…… 動員かけてこれかよって

9sakuragichou.JPG

幹事長もボコボコ……


25hosoda.JPG

当時は笑ったけど、今はせつないなあ……

49munen.JPG

オチがまあまあ

75bunken.JPG

沈黙は金

81mugon.JPG

不謹慎ですがネタスレらしくてよろしい?

94yaruP1.JPG

148yaruP2.JPG

159yaruP3.JPG

伊吹はん、選挙区で落ちたとき、比例で復活したときは立派でしたなあ

213iyami.JPG

安倍さん、教訓を生かせないんですか?

216akumu.JPG

私も惜しんでますw

249nagomi.JPG

これはすごいな…… 民主は外しましたが

258jimindonpisha.JPG

これでは首班指名で「麻生太郎」と書けというのは無理ですね

278zetubou.JPG

元首相のおっしゃった通りだわ……

314maekarateppou.JPG

フリーザ麻生登場w

327honobono.JPG

官邸崩壊…… 自民崩壊……

406kanbuhoukai.JPG

地味にいい仕事してるなあ……

428jimi.JPG


やる麻生スレ4

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1251540066/


一番吹いたw

63WMD_of_LDP.JPG

悲しいね

92restracturing.JPG

そうかそうか

136soukasouka.JPG

幹事長もつらいよのお

180omei.JPG

これも見納めになるのかな

202hhn.JPG

痛いね

209negative_campaign.JPG

リアルで釘バットをもってほしいなあ……

241kugibat.JPG

アヴェンゲリオンが壊し、
チンパンがならし、
阿呆がとどめをさす
バカ三代……
いえなんでもありません

250umareyori.JPG

そのうち「神聖」保守政党かな

265conservative.JPG

なにもかもが懐かしい

276kanji.JPG

か、幹事長!! そ、それだけは……

407pikopiko.JPG

ま、骨まで見えている重傷に絆創膏ですけれども

542SGGK.JPG
posted by Hache at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ふまじめな寝言
この記事へのコメント
やる・やらコンビでかわいげがある(?)分みててまだ笑えますが…。
次回作はやるぽっぽ・やらない小沢劇場となっております(多分

個人的には麻生内閣の関係者に敢闘賞をあげるとしたら河村官房長官かなぁと。
ボスの足を引っ張らず、でしゃばらず、失言の尻拭いをし(笑)、党内外からの圧力もやんわりと受け止めて、揚げ足を取られるようなことを殆どせず、スポークスマンの責務を果たしていたように感じます。
Posted by ぬ at 2009年09月12日 01:35
>ぬ様

笑えないことも少なくありませんでしたが、漢字が読めないとか、発言にツッコミが入れやすいとか、まだ平和だったなあと振り返る時期になるのかもしれませんねえ。やるぽっぽスレでなごめるようになれば望外です。

河村さんは大変だったと思います。今思うと、閣僚人事を官房長官ではなく総理が発表したときから、官邸が機能しなくなる前兆だったのかもしれません。いろいろと考えさせられることの多い内閣ですが、とりあえずはネタとして最後まで楽しもうかという気分です。

Posted by Hache at 2009年09月13日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32053746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック