2007年02月19日

現場主義と知識

 ふだん読まない『毎日』ですが、ネットで文部科学省の記事を配信していて思わずため息が漏れてしまう。これと中川幹事長の発言のおかげでブログの更新などせずに本業に専念しましょうという気分になります(安倍政権への「告別演説」に聞こえてしまいました)。

 『毎日』が配信した記事(2007年2月15日18時7分)によると、文部科学省が4月から教員免許をもっている若手キャリアを公立学校に派遣するとのこと。教育行政に携わっていながら、「学校現場の実態」を知らないことが主たる原因のようです。文科省内でも学校教育の現場へ出向を望む声があったそうで、ご熱心なこと。それにしても、たった1年、それもベテラン教諭の指導の下で現場体験などするぐらいだったら、もっと他にやるべきことがあるような気もしますが。不適切なたとえでしょうが、防衛省なら背広組が自衛隊に1年入隊するようなものでしょうか。不適切なたとえに、さらにひどいことを書いてしまうと、こちらの方(防衛省)がまだしも試してみる価値がありそうな気もしますが。

 この「寝言」を書くかどうか、かなり迷いました。反発する方が多いでしょうから。文部科学省を批判することが目的ではありません。どうも、この国では「経験すること」、すなわち「わかること」という風潮からエリートすら免れることが難しいようです。「寝言」というより「ぼやき」ですが、高度に分権化が進んだ社会では個人が体験できることなど一握りです。経験しなければ、わからないというのでは、わかる範囲など極めて狭くなってしまいます。体験する範囲が非常に限定されている中で、どうやって知識を体系化してゆくのかということにこの国の人はあまりに不得手な気がします。この国に限らず、先進国ならどこでも同じ問題を抱えているとは思うのですが、この国はなんともいえない脱力感を感じさせてくれて、凄いなあと思います。まあ、きっと気のせいでしょうけれどね。
posted by Hache at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 不幸せな寝言
この記事へのコメント
突然、スミマセン

Hacheさんに同感です。
noblesse oblige
もっと他にやることがあるのでは?
ですね
Posted by バッキー at 2007年02月21日 01:39
エリートを現場出すの止した方がいいような気がします。

それよりも、現場が現状報告を上げてそれを検証するべきです。
現場が崩壊しててできない所が多そうですが
Posted by 早雲 at 2007年02月21日 11:31
>バッキー様

はじめまして。気軽にお越し頂ければ、幸いです。文科省のプレスリリースでは該当するものがなかったので、「現場知らない」という批判にもっとも安直な「対応」したのではないことを、あまり期待してはおりませんが、願っております。

>早雲様

まだ裏がとれていないので、文科省の対応自体が事実かどうかわかりませんが、仮にこの対応をしても、「現場」の把握は無理だと思います。というより、事態の深刻さを文科省が把握していないということになりかねない気がします。
Posted by Hache at 2007年02月21日 22:15
一部なりとも現場を知る事は、他の部分に想像を働かせやすくなります。別に悪いことではないと思います。
旧日本軍のように、現場を知らずに、無謀な作戦を立てるよりよいかと。
米軍でも、パイロット出身でないと空母の艦長になれないなど、現場の経験を重視しています。
Posted by K at 2007年02月22日 22:33
アメリカの新しいイラク駐留軍総司令官ペトレイアス陸軍中将は、イラク侵攻時に部隊指揮(第101空挺師団)をしていた人物だそうです。
戦闘指揮官としての働きはぱっとしなかったそうですが、イラクでの経験をかわれて就任するようです。
Posted by K at 2007年02月22日 22:47
>K様

はじめまして。私が目にした範囲では『毎日』の記事ぐらいなので、議論の材料としてあまりに貧困ですが、「教育再生」という割に方向感が見えないなというのが素朴な実感です。中央が関与する度合いを強めるのか、現場の裁量の余地を増やすのか、どうもすっきりしないです。教育の「アウトプット」の評価も迷走気味ですしね。あえて定義しないというのも考え方の一つかもしれないですし。

米軍の話はまったく別の話でしょうね。ご紹介頂いた人事が適切かどうかは、まったくわからないのですが、ご紹介頂いた範囲ではあくまで「現場」内部での話ですので。
Posted by Hache at 2007年02月23日 02:00
15万の大軍を指揮する大将(昇進している。)が、現場の人間と言われても、違和感があります。アメリカ軍だけでなく、イラク駐留各国部隊やイラク軍も指揮下において、マッカーサー元帥のようなものでしょうか。
前任者のケイシー大将は陸軍参謀総長に就任していますが、それは中央の人間という事になるのでしょうか?

「現場」と「中央」の区分て何でしょう?
Posted by K at 2007年02月23日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3380971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック