2007年02月25日

理念なき「寝言」

(@時の最果て)

ハッシュ:zzz
ボッシュ:……。なぜか日曜日になると、ここに来てしまう。習慣というのはつくづく恐ろしい。
ハッシュ:ふわあ。なんじゃ、また、おぬしか。
ボッシュ:いつも通りじゃな。気が抜けるが、同時に安心するのお。ところで今週のお題はなんじゃ?
ハッシュ:「おだい」?
ボッシュ:……。ほれ、先週はあのデブのおかげでひどい目にあったから、今日は覚悟して来たぞ。どこからでもかかってきなさい。
ハッシュ:はて?あのデブからはなにも注文はないなあ。
ボッシュ:……。ワシはその程度の扱いかね?
ハッシュ:……。私にも言われても……。ここはひとつ気を取り直して、おぬしの好きにしゃべってよいんじゃないかな?
ボッシュ:うーむ、拍子抜けするのお。どんな話題をふられてもよいように、景気、金利から教育、おまけにあのデブが適当な言い訳をして誤魔化しておる「CSISレポート」まで準備してきたというのに。
ハッシュ:……。そうか……。私にできる事があれば、力になってあげたいのだが……。そういえば、あのデブがずいぶんむかっ腹を立てておった「金儲け」はどうかな?
ボッシュ:金儲けといわれてもなあ……。ワシの店も繁盛しておるが、大きな会社からすれば、芥子粒みたいな金額にすぎん。それにしても、あのデブはなんで金儲けだけじゃダメだという主張に反発するんじゃ?それ自体は、まっとうな話ではないのかな?
ハッシュ:それはな、(ごにょごにょ)。
ボッシュ:なるほど。あのデブなりに後ろめたい部分はあるんじゃな。他人のあがりのおかげで好きなことをやらしてもらっているというわけか。
ハッシュ:まあ思えば、ジールの頃は似たようなものじゃ。
ッシュ:まあ、人間、一つぐらい後ろめたいことがあった方が、まともかもしれぬ。まあ、あのデブの場合、ひとつでは済まぬところが悲しいところではあるが。とりあえず、くじけずに生きることじゃな。たまには平和に終わるのもよかろう。ワシはそろそろお暇する。
ハッシュ:また、おいで。

 まあ、柄の悪い私には「倫理」だの「理念」だのはまるで似合わなくて、この種の議論に先週は付き合わされて、うんざりしてしまいました。本業に関することは書かないことをポリシーにしておりますが、やはりブログをやっていると、ついつい抑制が難しくなります。先週の記事は、本業で感じたことを無理にデフォルメして書きました。どうも、以前のように、仕事は仕事、ブログはブログと割り切った方がよいなと思いました。ただ、どこか喉元がつかえるような感覚があります。「天皇を筆頭に、みんながひたすら忠実に憲法を守るとき、明治憲法は作動しなくなってしまったのである」てな具合にならないことを祈るばかりです。

 理念や価値について論じること自体を否定するものではないのですが、それが実態からかけ離れていると、省みる人が減るだけでしょう。真剣にやっている「ふり」ならば、なんの問題もないのですが。余計なルールをつくると、肝心のルールが守られなくなる。そんなことはわかりきっているように思うのですが、なぜだか、わかりきったことを人は繰り返すらしい。それを嘲笑するのはたやすいのですが、こうも馬鹿げたことが繰り返されると、あまりこの言葉は使いたくないのですが、「人間の性」というものを感じずにはいられません。

私みたいに理念もない、クラシックも聴いて心地よいかだけで判断してしまう、「品格」からかけ離れた生活を送っている者は、そうでない方からすると、汚らわしいことこの上ないでしょう。失礼ながらお互い様と思って暮らしてゆくしかないのかなと思ったりします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3413813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック