2010年07月19日

アメリカの「平常への回帰」

 Washington Postが2010年7月15日付で配信した Karen DeYoung and Rajiv Chandrasekaranの"Afghan President Karzai approves plan for local defense forces"という記事によると、ペトレイアスはアフガニスタンの「ベトナム化」を着々と進めているようです。「ベトナム化」といっても、アフガニスタンにおける軍事行動が泥沼化することではなく、カルザイ政権からも独立した地方軍を設けて、徐々にアフガニスタンの人たちによる「自治」の基盤を整備して、アフガニスタンからの撤退を準備するというところでしょうか。リアルだとどぎついことばかり言っておりまして、「どうせ米軍が撤退したらケ○畑だらけになるのだから、さっさと撤退したらいいんじゃない」という程度。イラク戦争の泥沼化が囁かれた頃には、アメリカの内向きの「エゴ」への批判もあったようですが、なぜかオバマのエゴは批判の対象にならないようで。アフガニスタンから手を引いたら、アジア重視になるかといえば、むしろ内向きの傾向が露骨に出てくるのではないかと。もう、そろそろ2001年のテロの効果は賞味期限が来ていると思います。

 もっとも、すぐにアメリカが全世界から手を引くという事態も生じないでしょう。戦略的思考という点でブッシュ政権よりもはるかに劣るオバマ政権の下では、アジア重視といったところで具体策があるとも思えず、憶測と偏見にすぎませんが、単純に図式化すると、ブッシュ政権よりも対中政策は経済面では強硬であり、安全保障面では不満をもちつつも、宥和的な傾向が強まるだろうと見ております。言ってみれば、仮にアジア重視の傾向が強まったとしても、それは2001年のテロによる海外への関与から「平時への移行」、あるいは「平常への回帰」の色彩が濃くなるでしょう。オバマ政権の政策に関する選好も大きいのですが、昨年9月の米主要紙の報道は、9月11日こそアフガニスタンでの「主戦論」が強いものの、その後、アフガニスタンの現状に関する悲観的な報道が増え(事実報道自体はバイアスが少ないと思います)、当時、策定中だったアフガニスタン増派をめぐるオバマの迷いが前面に出てくる状態でした(参考)。「オバマはアフガンに沈む」という「寝言」を書いた頃には、オバマがアメリカの対外政策をアフガニスタンですってしまうのではないかという危惧の念が強かったので、今、読み返すと、オバマの柔軟性(悪くいえば首尾一貫性のなさ)を過小評価していたと思います。安全保障面で、アメリカ優位の勢力均衡が大きく崩れるリスクは、対中関係を除いてほとんど無視してもよいのでしょう。他方、2001年以前の状態に戻ろうというモメンタムがオバマ政権内だけではなく、広くアメリカ国民の中に生じてくると、太平洋戦争前夜までの孤立主義とも異なった、内向きの政策指向が強まるのかもしれません。

 また、いわゆる"double dip"、あるいは「二番底」への懸念が強まってくると、安全保障に割ける経済的資源はもとより、アメリカ国内における勢力均衡を維持するための方策に関する政治的説得が困難になる可能性が高いでしょう。アジアにおける同盟国への任務と負担分担の交渉は、とりわけ対日関係で困難を極める可能性が高いと思います。私の身近なところでは、中国の経済的な脅威への警戒心は強いのですが、安全保障上の脅威には関心が高い状態ではなく(これ自体はいつものことですが)、「脳死政権」が連続しそうだという政治情勢を捨象しても、おそらく調整コストが非常に高くなるでしょう。仮に、消費税率を10%に引き上げたところで、そのうち2%程度(約5兆円)を恒常的な防衛関係予算の増大に回す政治的な説得は、社会保障へのプライオリティが群を抜けて高い状態ではほぼ不可能であるといってよいでしょう。日本の場合、社会保障関係費の増大が他の費目とトレードオフの関係にあり、なおかつ高いプライオリティが置かれている現状ですので、そのあたりを説得するロジック(露骨に言えば社会保障関係費を抑制するコンセンサス)がなければ、危機を指摘しても、政治的影響力は皆無といってよいと思います。


 世の中は連休だそうですが、この数年、「ハッピーマンデー」のままでは業務に差し支える状態ですので、本日は平常通りの出勤です。なかなか見ることができなかったFIFAワールドカップ決勝戦を日曜日に存分に満喫しました。結果はわかっていても、楽しめる試合で、オランダが前半から後半の序盤にかけてスナイデルを守備的に活用してまでスペインのモダンなパス回しを封じていたのには驚きました。メディアではイエローカードが連発される荒れた試合のごとき報道ぶりでしたが、ラフプレイが散見されたものの、前半にスペインのミスからえたコーナーキックをオランダが譲るなど、決勝戦らしい風格がありました。守備でスペインのパス回しを封じたオランダが後半の中盤あたりまで優位にも見えました。ロッペンの動きの速さには脱帽で、決定的なチャンスを逃さなければというシーンがあり、どちらが勝利しても不思議ではなかったと思います。スペインのパスは速いのですが、さすがにあれだけ守備が厳しいと、シャビ・ビジャ・イエニスタの「黄金の三角形」も苦戦を強いられるのだなあと。しかし、後半の終盤から延長戦にかけてパスが生きてくるあたりはさすがだと思いました。PK戦で勝負が決まるのは、前回のドイツ大会でもすっきりしないものがあったので、私自身がややスペインもちということもありますが(やはり一見、狭いエリアで回しているようで、相手のDFを疲弊させながら主導権を握るパスワークに魅了されます)、しっかりゲーム内で決着したのはすっきりしました。

 NHKの中継に中田英寿さんが出演していて、この方はさすがだなあと。些細なことですが、開始直前にブブゼラの音が小さいですねえと指摘されていて、アナウンサーとともに、なるほどと。アナウンサーは、わかっていたのかもしれませんが、決勝戦だから抑制しているのでしょうかと説明していましたが、中田さんが、いや、決勝戦では世界中から人が集まるからブブゼラを使う人が少ないのでしょうと答えていたのが印象的でした。何気ないことですが、観察力、洞察力の鋭さはさすがで、本来なら、ピッチで本田圭祐選手を鍛え上げてほしい気もしますが、解説をしても、気がつかされることが多かったです。ちなみに、周囲で都道府県代表に選ばれたことがある若い人に尋ねてみると、本田さんの好き嫌いは意外とわかれましたが、中田さんの評価は全員一致するので、やはりなあと。「中田に指示を出されたら、従いますよ。だって、向こうの方が身体能力・メンタリティ・頭脳のすべて優れていますから」と答えていて、やはり格が違うのだなあと。引退後の途上国でのサッカーの普及なども素直に尊敬を集めていて、えがたい人物なんだなあとあらためて実感しました。

 先週の土曜日から暑くはなったものの、湿気が減ったおかげで快適です。右の第1臼歯は金属の冠で覆ったのですが、左の第1臼歯も15年前に治療した詰め物がとれていたので、結局、神経を抜いて金属の冠をかぶせることになりました。金曜の晩に麻酔をしてから、神経を抜き取ってもらいました。幸い、前回よりも神経を丁寧にとっているのか痛みがないのですが、右の治療中に左の臼歯でかむ癖がついていたのか、夕飯後、仮の詰め物が陥没してしまい、土曜の出勤前に神経を殺す薬を入れ直して再び、詰め物を入れて頂きました。

 土曜はぐったりして1日が終わりましたが、暑くなってくると、不思議なことに食欲が増してきます。日曜のお昼は、近くの焼き肉屋でハラミを頂いて、大満足でした。以前、店のご主人にハンバーグ以外で(治療中は柔らかく食べやすいハンバーグを食べる機会が多いので)柔らかい料理はないですかと尋ねたら、ハラミを焼きましょうと。ハラミ自体は横隔膜とはいえ、ホルモンとしてはけっこうなお値段ですので、不思議でしたが、口に含んで、治療後の歯で噛んだときの肉汁がなんともいえず、柔らかい上に、上品な味わいなので不思議です。左の治療中の歯で噛むとまずいのですが、思わず冷めないうちにあっという間に平らげてしまいました。塩・コショウと隠し味の薄味の醤油と酒の香りが肉のうまみを存分に引き出しているので、タレもあるのですが、そのまま頂くのが最高です。

 マスターと四方山話をしてから、午後3時から散歩をしたら、快適でした。雨で歩くどころではなかったのですが、水分補給だけ気をつかって近くの大きい公園にでかけて軽く散歩をしていたら、1時間半で10キロ程度、歩いて気もちのよい汗をかきました。現金なもので、お昼に贅沢をしていたので晩御飯は簡素にと思っておりましたが、田代食品の「献上豆腐」がなんとなくおいしそうで、冷奴でもと買おうとすると、なんと350円。一瞬、迷いましたが、おいしそうだったので、ついつい買ってしまいました。

 これが大当たりでして、「包み紙に塩を少量ふりかけるか、そのままお召し上がり下さい」とあったので、岩塩をミルで振りかけるかどうか、迷いましたが、味見をすると、なんとも口のなかで広がる豆乳が濃厚で、塩がなくても、デザートのように微妙な甘さがあり、たまらず、そのまま頂きました。ちょっと高いのがなんですが、デザート代わりにもよさそうです。

 歯の治療は10月までかかりそうですが、やはりおいしいものを食べる喜びというのはバカにできないものだと思います。治療中に不慮のことがあるのも困るので、飲みに行くお誘いをいくつか断りましたが、自宅でゆっくりおいしいものを味わうのもよいものだと思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39703159
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック