2010年09月10日

クリントン米国務長官のCFR演説

 クリントン米国務長官がCFRで行った講演で、アジアにおける同盟国を列挙する際の順番が、従来は「日本、韓国、オーストラリア」となっていたのが「韓国、日本、オーストラリア」になっていたそうで。この演説は知らなかったので、アメリカ国務省のHPで"Remarks on United States Foreign Policy"(2010年9月8日)の原文を見ると、そんな瑣末なことはどうでもよいのではと思いました。まず、日米関係の現状を考えれば、オーストラリアよりも先にくるというのは相当なものです。米韓関係が改善している状態で、アメリカとしては日米関係がうまく機能すれば、中国との関係もマネージしやすいところでイライラするところでしょうが、よく自制しているものだと感心します。まだ、体力的に全文を熟読するのは厳しいのですが、ざっとした印象です。

(1)外交の対象となる地域としてやはり中東の優先順位が高い。イラン、中東和平、アフガニスタン・パキスタンなどがアメリカ外交では最も高いプライオリティがおかれている。後半部分の多くは、アジア・太平洋地域に割かれているが、「中国包囲網」のような単純な発想は薄く、中国と並んでインドへの関与が併記されているのが興味深い。

(2)政策手段として、まずオバマ外交の優先順位は経済力や道徳的な影響力など、いわゆる「ソフトパワー」に置かれていることが明確になった。オバマ政権の内政・外交を問わない政策において最も高いプライオリティは国内の経済再建に置かれており、外交は、事実上、その従属変数である。次に、"international diplomacy – good, old-fashioned diplomacy"が挙げられている。具体的には、リスボン条約発効後のEU、そしてNATOの関係が挙げられている。ヨーロッパの変化に適応する課題も指摘されている一方、「大西洋同盟」がアメリカから見て、最もプライオリティが高い状態であることには変わりがない(他方、米英関係には言及が少なく、やや気になる。戦時モードから平時モードへの転換点だからかもしれないが)"the ability to evoke support from others" is "quite as important as the capacity to compel."というアチソンの言葉を引用して、アメリカの同盟政策の基本を確認している。この点は、抽象的ではあるが、日本のように、同盟を漂流させたいのかそうでないのか、はっきりしない国はよく理解しておいた方がよいだろう。形式的には同盟であっても、潜在的な対立を含む中国とのパートナーシップ程度の関係すら困難になる可能性を示唆しているからだ。

(3)次のヘッジクローズは要注意だろう。

  In this interconnected age, America’s security and prosperity depend more than ever on the ability of others to take responsibility for defusing threats and meeting challenges in their own countries and regions.


 この後に続く具体例は、低開発国の経済発展などが主題になっているが、ハース議長との質疑では同盟国へ応分の負担を求めることが明らかだ。この点でも、政権交代後の日本はアメリカを大きく失望させているだろうし、今後はさらに混迷する可能性がある。防衛費というハードパワーにおける問題に加えて開発援助なども考慮する必要があるのかもしれない。

(4)対中関係

 米中関係をこのスピーチから全体像を描くのは難しい。ただ、明確なのは、南シナ海への関与では米中対立の側面が強く出ていたが、このスピーチでは経済的には互恵的な関係を結び、イランなどを含む地域の諸問題に関して話し合うパートナーとしても位置付けられている。私のような素人には米中関係が対立一色になったり、逆に"G-2"のように米中共同統治という協調一色になることもないだろう(個人的には経済危機の前の段階でアメリカ中心の国際秩序に中国を組み込むという意味での"G-2"は中国が乗るかどうかは別として試してみる価値はあったと評価している)。また、スピーチでは、東南アジアにおけるアメリカの投資が中国のそれを上回っているなど、経済的な問題でも対立か協調かでは割り切ることができない、ライバルであると同時にパートナーでもあるというのが現状だろう。

 アメリカの姿勢は、対立一色でもなければ協調一色でもない。したがって、中国には選択の余地がある。アメリカとの同盟関係に入ることは無理だろうが、アメリカとの協調を重視して事実上、現状維持勢力の一員に加わるのがベストではある。他方、あくまで現状維持を超える行動を続ければ、今度はアメリカ側の選択の余地がなくなる。前者が、外交や安全保障だけではなく、先進諸国で保護主義色が強くなっている今日ではベストであろう。中国の行動を変えることは難しいかもしれないが、少なくとも選択の余地を中国に与えることは、有益だろう。ただし、中国の戦略が現状打破で一貫している場合、このような選択の余地を与えることは、中国にとって極東だけではない、アジア・太平洋全域において米中のバランス・オブ・パワーを変える時間を与えるリスクもある。


 日本と韓国の対比で興味深いのは次のあたりでしょうか。

 Helping other nations develop that capacity to solve their own problems – and participate in solving other shared problems – has long been a hallmark of American leadership. Our contributions are well-known to the reconstruction of Europe, to the transformation of Japan and Germany. We moved them from aggressors to allies, to the growth of South Korea into a vibrant democracy that now contributes to global progress. These are among some of American foreign policy’s proudest achievements.


 第2次世界大戦後、ヨーロッパ復興を中心にアメリカが尽力し、ドイツと日本を挙げた後、韓国の民主主義がアメリカ外交の成果として提示されています。日本のマスメディアでは韓国の後塵を拝するようになったのかという慨歎が多いのですが、日米関係の漂流を差し引いても、李明博政権の下で米韓関係が大きく改善し、アメリカ側が率直に歓迎していることを認識すれば十分でしょう。北朝鮮の動向はあまりに不透明ですが、仮に、10年後あたりに南北統一が実現し、そのときまで米韓関係が良好であれば、不確実な点も多いのですが、統一後も、米韓の絆は維持されるでしょう。このことは、日本が日米同盟を破壊しない限り、日本にとっても歓迎すべきことでしょう。韓国の次に挙げられることを嘆くよりも、米韓同盟のバッファは日米同盟であり、韓国の人口と経済規模を考えれば、日米同盟が堅固であれば、米韓同盟も揺るがず、日本から見れば、朝鮮半島が安定し、なおかつ日本にとって敵対的ではないという状態は、自国にとってはるかに有利です。その基盤である日米同盟を破壊することは、そのような外交・安全保障環境を根底から破壊するものでしかなく、民主党政権の混迷がどれほど危険であったのか、しっかりと認識する必要があります。当たり前ではありますが、今後、日米関係を修復することが最大の課題です。こんなことは「改革」の名に値しません。無能な人たちが話をこじらせたことを丁寧に解決していく持続する意思と能力こそが大切です。

 なお、米中関係については、アメリカだけではなく、中国の側にも決定的な対立関係に至ることを避ける傾向があることも認識した方がよいのでしょう。Wall Street Journalが2010年9月8日付で配信した"U.S., China Avoid Touchy Issues in Talks"(参考)ではサマーズ国家経済会議委員長のローレンス・サマーズと国家安全保障担当大統領補佐官Thomas Donilonが胡錦濤中国国家主席や温家宝首相と会談したことが報じられています。私自身、外交儀礼に疎いので勘違いをしているのかもしれませんが、胡錦濤や温家宝からすれば、要人とはいえ格下の高官の訪中を受け入れ、低姿勢に徹しているようです。このような関係は日米・日中ではなく、それだけ米中のコミュニケーションが難しいことを一面では示す一方、中国の指導者は中国のナショナリスティックな行動が危険であることを認識していることを示しているのでしょう。確かに、アメリカは南シナ海における中国の乱暴な振る舞いに怯えた東南アジア諸国に対して関与し、米中関係の対立の側面も目立っていますが、対立一辺倒に傾くことには躊躇があることを示していると思います。米中関係を対立一色でも協調一色でも描くのは危険でしょう。ただし、やはり中国共産党指導部の指導力が弱く、周辺諸国を小突きまわして米中が決定的に対立することが、日本にとって利益が薄く、リスクの高いシナリオであることは変わらないと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40623797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック