2010年11月08日

一難去ってまた一難

 土曜日に歯医者さんに通って歯の治療が一段落しました。几帳面な先生なのか、歯茎に子どもの頃からできているできものを大きな病院の歯科口腔外科で見てもらいましょうということで紹介状をいただきました。悪性腫瘍の可能性は低いようですが、念のためとのこと。静脈のときにも通った病院なので、予約をとるのが大変だなあというのはありますが、大きな治療は終わったという感じでしょうか。

 3週間ばかり、通常の時期には切れない程度でしかできない「本業」への配分を、通常ならば8:2ぐらいのところをほぼ逆転させて2:8に変えておりました。お給料をもらうための仕事を削るわけにはいかないので、結局、24時間を完全に「効率的に」配分するしかなく、安直に睡眠時間を削るのは避けたいのですが、最近の一週間は、気候がこの一年間でも比較的、安定したこともあって、無理ができてしまうので、この反動もくるのだろうなあと。しかし、おかげで見通しが非常によくなるので悪いことばかりではないのですが。依頼先には申し訳ないことに、私自身としては自分の仕事に辛い評価になりますが、とりあえず一回分はもたせたので、感謝はされましたね。時々、本業の線がとぎれそうなぐらい細いところを歩いているので不安になるのですが、今までやってきたことを違う視点から見つめ直す機会になりました。他人がやったことをなぞっただけですが、ふだんは避けている手法だったので、きつかたったものの、それ自体、勉強になりましたが。こうしてみると、高校2年生のときに、「確率・統計」(上の世代の数Vの一部。下の世代のカリキュラムは理解不能)をもう少しまじめにやっておけばよかったなあと。二項分布から正規分布による近似、大数の法則がすっきりしなくて、よくわらかないから公式を覚えるだけでしたので、試験では学年で唯一の満点でしたが、とても理解した感じがしなくて、さっぱり。解析というほどのレベルではありませんでしたが、「微分・積分」(上の世代の数Vの一部)だったかな、公式がちゃんと極限から導けるし、なるほどという感じで、点数はこちらは今一つでしたが、気もち悪さがあまりなかったような気がしますね。ロピタルの定理は、よくこんなことを思いつくなあと思いましたが、40歳を過ぎてから使うことがあるとはちとびっくりしましたが。

 完全に話が明後日の方向に行きますが、当時の文科省の指導要領では高校3年生配当でしたが、母校では数学の先生が妙に張り切っていて、文系・理系がわかれる前の2年生の段階で理科系の3年間分の数学を詰め込んでいました。「灘でもここまでやっていないんだぞ」と胸を張る教師を見ながら、田舎の学校というのは恥ずかしいものだと。向こうは眼中になぞ全くないのに。もっとも、進学した大学が理系は一流ですが、文系は文学部を除くと二流もしくは三流あるいは三流未満だったので、入試も楽勝で、入学初年次の数学も簡単すぎた感じ(というよりも受講者の8割方がほぼ満点だったのですがなぜ99点なのかがわからない。質の低い嫌がらせだったようですが)。大学に関しては高校よりも教育水準が落ちる印象がありますね。英語はテキストを買わずに単位がとれてしまう始末。おかげで22歳をすぎてから苦労させられました。経済学部なんだから数学は理学部・工学部の1、2年生程度の内容を同じペースでやった方がいいんじゃないのと思います。ついていけなければ、学部を変えるか、クビじゃなかった、退学させればよろしいでしょう。

 それはともかく、数理とは物理ほど密接な関係ではないので、でてきた結果の解釈が難しく、うーんという感じ。「時の最果て」にしては、仕事の内容に踏み込みすぎておりますが、たまには、「寝言」として書くのもよいのかなと。市場を活用する上で、1960年代前後までの政府規制が障害となっているのは否定できないと思うのですが、自由化のプロセスでは、図式的にいえば、「事前規制から原則自由化と事後規制の組み合わせへ」ということなのでしょう。ところが、競争がなかった市場で競争入札を行うためにあれこれ事前に既存事業者に規制をかけようという動きがEUでは10年前ぐらいから強くなっています。アメリカでも、1980年代かから1990年代にかけて経済学を機械的に適用してやろうとしたし、実際に実施したのですが、だんだんと疲れてきたのか、ブッシュ政権あたりになると、善悪の評価は難しいのですが、レーガン政権からブッシュ政権をはさんでクリントン政権に至る時期と比較すると、かなりアバウトな規制緩和が実施されました。EUは競争政策にはかなり厳格なご様子で、私が調べていたのはそのような動向にかなり否定的な見解です。こちらが、私には近い。独占の弊害を抑えるための規制と競争を促すための規制とは大いに違いがあると考えてよいのですが、実際には、自由化後の市場動向を事前に予測することは難しく、規制当局が事前に市場をセグメンテーションしてしまうと、その後の変化についていけないという不確実性があります。そこまで踏み込んだことは書いていないのですが、市場の特性を無視した競争の促進のための規制も、独占に対する規制と同程度に非効率を招くだろうと。整理していた話はそこまで根拠も薄いまま、強い主張をしているわけではないのですが、費用効率の点から実証的に分析していて、私の衰える一方の計算能力では見通しがひどく悪かったのですが、なるほどという感じ。もろの話は避けたいので、読んでもほとんどの人にはなにを「寝言」を書いているのやらというところだと思いますが、対数を使うモデルは変数が0から1の間の値をとると、困るんだなあというわけで、20年近く前の話が漸く意味がわかりました(いわゆる範囲の経済性を推定する場合には対数が負の無限大になってしまうので、通常ならばフレキスブルでよい近似を与える関数形が、極端な振る舞いをしてしまう)。ちなみに、AT&Tの分割に影響を与えたとされる実証分析を検証しているものも改めて読み返しましたが、普通は若いときにできたのが年をくってからできなくなるのが、今回は若いときにはちんぷんかんぷんだったのが、そういうことだったのかという珍しいことが起きました。

 別の場で、卒業した大学の先生がきていましたが、参入障壁を取り除くのにも社会的・経済的費用(例えば、収穫逓増が無視できない状態で競争入札を行う際に地域の範囲の設定が不適切だと規模の経済性が利用されないまま、費用効率が低下する可能性がある。また、範囲の経済性が存在する場合にはアンバンドリングによってやはり費用効率が悪化する)が生じうることを理解していなくて、ダメだこりゃという感じ。入ったときから、例外的にまともな先生がいるなあと思いましたが、相変わらずの低レベルでびっくりでした(反論した相手の主張が稚拙すぎるという問題があるにしても)。話がうってかわって、ある大企業の同世代が50代が使えなくて、どうやってあのごく潰しの連中の食い扶持を減らすのか頭が痛いとあまりにストレートな話に移ったので、ちょうどその世代だったらしく、沈黙。助け船を出すつもりもなく、そうはいっても、彼らも若いときには上の世代を支えていたのですからと一見、フォローするように見えて、地獄に落とす算段で話をふると、俄然、学者先生が元気になってそうなんだよと。しかし、今の20代後半から30代は、不景気でも賃金が十分に下がらないだけではなく、バブル時代に定昇はありの、ベースアップもありので、働きに関係なく高給を搾りとっていた世代のおかげで転職をやむなくされ、20代前半にいたっては職にありつくのも大変ですなあと。重くて重くて、とてもじゃないですが、支えられませんよ。実際は上の世代を支えているふりをしながら、おいしい思いをしていたのだから、因果応報ですねととどめを差しておきました。前も、団塊の世代がどうたらこうたらと言っていましたが、彼らは人数が多くてバラツキが大きいが故にひどいのが目立っただけで、今の50代というのは少数精鋭というわけでもなく、団塊の世代を劣化・縮小コピーしただけであろうと(言いにくいが政治とイデオロギーが関係がない分野だと世代に関係なく有能な人、無能な人、平凡な人(いてもいなくても大勢に影響がない私みたいな者)の3種類しかないだろうという感じ)。完全に沈黙させたので、あとは同世代と、やはり世代など関係なく、年齢を重ねると、ダメになると思うと憂鬱になりますねと不安を語っていたら、ますます、隣で落ち込んじゃったっけ。世代論など知ったことではないのですが、次の十年を過ごして、どんな役割を果たせるのか(あるいは果たそうとは考えてもいけないのか)は考えておかないと。そんなことが頭をよぎりましたね。

 本業の方は、見通しがよくなったので、ヘッドラインを読むだけにしていた英字新聞を読んでいたら、もう眠いです。クリントン米国務長官のベトナム訪問とカンボジアへの圧力など整理したいのですが、まずは疲れをじっくりととらなくては。と思っていたら、インドを訪問したオバマ米大統領が印パ関係で学生にきっつい質問を受けて、まともな受け答えになっていないですなあ。中国包囲網も結構なのですが、容易じゃないですよという程度で、今週は養生に努めます。虫歯の治療が終わったら、今度は次の病気が暴れ出して大変ですので。こちらは本文に書くのが若干ですがためらいを覚えるので、よほどお暇な方のみどうぞ。ただし、食事中に読まれて、不快になっても当方は一切の責任を負いませんので、悪しからず。それにしても、再来年は大厄ですが、一難去って、また一難。やや気が重い部分もありますね。


 「見たか、これが俺の実力だ!」から「つりょく」を抜いた状態になりまして、大変、困りましたです。はい。「初体験」ではないのですが、なにしろ、ブツが腫れておりまして、金曜日は人前で話しておりましたが、もう集中力を保つのがやっとです。虫歯と同じく、15年前にちょっと耐えがたい思いをしたのですが、このときは1か月ほど局部を朝と晩に丁寧に洗って、坐薬を入れたら、収まりました。今回は、いわゆる「いぼ」でしてなかなか大変です。しかも、局部から外にはみ出る規模に、たった2週間程度で大きくなってしまったので、びっくり。いくら時間がないとはいえ、軽視しすぎたようです。夏ぐらいに排便後、出血するときがあり、その段階で切れていたのでしょう。ただ、なんとなく収まっていたので放置していたら、10月の半ばぐらいに、いたすときに中で違和感があり、まさかとおもって入浴中になかにおできが。朝、時間がなくって焦って力むと、睾丸までくる痛みがあり、参りました。土曜で歯の治療が終わったこともあり、とりあえず、院外処方を扱っている薬局で小さな声で相談したら、「毎日、4、5件はお見えになりますよ」とのこと。坐薬かなあと憂鬱になりましたが(慣れると一人ですので、あられのないかっこうで挿入しても、どうということもなくなってしまうのが怖いのですが)、便利なもので注入タイプなるものがあって、5日分で1,330円でした。帰ってきて、ゆったり湯船につかった後、塗ろうとすると、なんと、中というより入口にちかいところまでおおっきいのができていてびっくり。とりあえず、塗りましたが、塗布した薬剤は注入しないで下さいとあるので、別途、中にも薬剤を注入しました。まあ、正直なところ、挿入時にはそれほど痛くはないのですが、異物が入るので気もち悪いです。

 で、「j○」でググると、あらま、まずいかもと。医者じゃないのでわかりませんが、手術が必要な場合もありうる段階のようなので、疲れがどっと出ました。まあ、座っていて運動不足なことが多いですし、本当に疲れると入浴するのも厳しいので、早くも無理をしたツケ(逆に読んではダメよ)がでてきているようです。

 所詮はウィキなので話半分ですが、静脈の問題というのが引っかかるところ。やはり、慢性的に運動不足で、おまけにタバコがやめられないというのが大きいのでしょう(10月末で切る寸前までいきましたが、今回の仕事のおかげで禁煙を断念しました)。歯科口腔外科の次は肛門科を紹介してもらわなくては。通院が多くてさすがに嫌になりますね。仙谷とか菅とかが税金の使い道を決めると思うと、頭にくるので、ついでに禁煙外来も行こうかなと。あの連中の顔をうっかり新聞などで目に入ると、税金を納める金額を抑え、払っている保険料を生きているうちに使ってやろうという執念が湧いてきます。単に「j○」ではなく、大腸がんがからんでいると大変なので、全くの偶然で掛け金の引上げを電話で済ませたがん保険の契約内容を確認してから予約をとろうかと。ネットで映像を見ていたら、手術の場合、1万5,000円から3万円程度ですか。歯医者で半年近くで40万円近い出費になって苦しいのですが。禁煙外来は、このままタバコ税を払い続けるよりも、はるかに安く済むので、負荷がかかる、残っている作業をさっさと片付けてから、通おうかと。あの連中が税の使い道を決めると思うと、所得を減らすのはさすがに辛いので無理ですが、消費と投資は抑えようかと。あ、これって古典的には不況へ至る道でした。てへっ。

 ちなみに、国内は興味がなくて、ツイッターで流出した動画の存在を知って見ましたが、これって公開して日中関係に影響が出るんですかねという感じ(これはついつい全部見てしまいました)。9月の段階で活字で漁船がぶつかってきたという報道はありましたし、映像というのは確かにインパクトはあるのでしょうが、その報道を後追いする程度ではないかと。まず、中国を宥めるために映像を国民に見せないようにした現政権の取引の感覚が理解できないです(俺たちみたいな無能を選ぶ日本人が多数だから信用できないと判断したのなら、インチキマニフェストでメディアも担いで政権を掠め取った盗人にも三分の理一理はありますが)。今回の件では、中国側の非なのですから、公開した上で、反日デモはおたくの国内問題だから干渉しませんが、自分のケツは自分で拭けと突き放すぐらいでないと、宥和というよりも、単に一方的に中国が利得を稼ぐだけでしょう。ただし、政治主導が拙劣とはいえ、動画がネットに出回るという情報管理体制のずさんさも頭が痛いです(動画を「流出」(変なサイトみたいですな)させたこと自体は法的には問題が大きいと思います)。他方で、ルーピーがクーデターとかわけのわからないことを言い出して(TLで見ただけだったので、ひょっとしたら語法かなと思ったら本当だったので頭痛が痛(以下略))、政治判断が拙劣であっても、情報の流出そのものは好ましくないと思うのですが、大丈夫かなあ。既に統治機構としては崩壊同然でしょう。善悪はわからないのですが、世代が下がるほど、「菅内閣の終わりマダ〜(AA略」状態のようで、余命いくばくもないのだから、武士の情けで(まあ、「お前は死んでいる」状態ですしね)と話しても、もうやだーとなってますな。

 そういえば、タバコで税金を余計にとられているし、テレビの保証書を見たら1996年製、冷蔵庫は1997年製だったのでエコポイント制度が減額される前にテレビは発注を済ませました。冷蔵庫はシャープ製を使っていて同じタイプを選ぼうと考えていますが、省エネ性能は300リットル未満(一人暮らしなので290リットルで十分なのよ)では最高なのに、価格が異常に低いので迷っています。エコポイント制度は、長引くと家電メーカーへの補助金として切るタイミングが難しくなるという点と、限定的とはいえ消費喚起の効果があるのかどうか、あった場合、やはり廃止するタイミングが難しくなるという点でそれほど強くはないのですが、反対でした。このところ追加的な効果が薄れているとのことですが、これから冬場を迎えて、大丈夫かなあと。いくらなんでも駆け込み需要とその反動ぐらいは理解なさっておられるのだろうと思うのですが。それも無理かな。

 菅がやめたら、前原か。周りでは期待する人もいるのですが、永田メール事件がねえ。官邸って良い情報が集まるはずですが、そうじゃないのも今の政権では入りそうですから(官僚も上司の耳に逆らうことは言いづらい雰囲気があるのとやはり政権の持続可能性に対する疑義が根強くあって、あげる情報のサニタイゼーションなどが十分じゃないらしい)、不安要素が強いです。しっかし、「交通基本法」をまじめに国交省の人が説明していて、これって本気なんだろうかと。終わってから、軽く話を聞いてみると、まともにやると計画経済になりかねない要素がありますねと他人事みたいでした(プレゼンや質疑応答のときには真剣に推進する立場で強く主張されていましたが、一個人に戻ると、とてもついていけないという雰囲気。(22:41)もう、ここまで読む人はほとんどいないでしょうから、実際には「計画経済」というようなぬるい表現ではなく、「社会主義そのもの」とうんざりした表情でしたなあ)。本省の人ではないので、わかりませんが、無能すぎる政権があと3年弱続いたら、霞が関もまじめに仕事をするインセンティブが残るのだろうかと。財務省の人がいなかったので、事業仕分けも茶番だなと年配の方がおっしゃるので、もっとえぐい話。

 小泉政権のときに、塩川正十郎財務相が「母屋でおかゆをすすっているのに、離れですき焼きを食べている」という趣旨の発言があった頃には、本気で財務省も道路特会にメスを入れる方に徐々に傾いていったそうですな(当初は財務省の一部が吹き込んだのでしょうが)。しかし、今の政権は、政治主導の名の下、すべての政治責任を部下になすりつけるのが仕様。こんな政権で下手に政治責任をおっかぶせられかねない特会に本気で取り組む酔狂はいない。おっしゃる通り、企画・台本:財務省、主演:蓮舫、その他に、枝野なんとかとか亀井なんとかが騒いでど素人の下手糞な演技がされている。ただ、政治が本気で特別会計に切り込むリーダーシップがない状態ですから、私が財務官僚だったら、特別会計を丸裸にして他の省庁を敵に回すのはちと怖い。よって、特別会計にも手を入れたことにするのはやむをないでしょうと。あと、まともに積立金不足を出すと、財源の目途なども立たないし。と、数分ほどぼそぼそと呟いていたら、周囲が完全に沈黙してしまったので、なんか外して恥ずかしいなと周りを伺うと、御年輩の方がまあそういうことですなと引き取って頂いたので、ホッとしました。ちと、身も蓋もない話だったのかしら。

 政権交代から1年がすぎましたが、既に日本政治は全治10年というところでしょうか。いや、治ればの話ですが。アメリカはアメリカで中間選挙が終わって、たぶんですが、内政は、正確な期間は見通すことはできませんが、停滞するでしょう。現在の弱々しい景気回復にどの程度、財政政策が貢献しているのかを評価することは難しく、わかりませんが、多少とも、経済成長率が落ち込むのを支えているとすると、これから季節的にも冬ですが、経済も冬の時代を迎え、対中包囲網といっても、外交資源(一番大きな問題は冷戦後、アメリカがヨーロッパを除く各地域の専門家を育てなかったことなど人的な制約だと思いますが)が限られおり、軍事も縮小傾向となると、国際情勢の点でも非常に厳しい10年を迎えるのかもしれません。
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不健康な?寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41633572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック