2010年11月13日

第23期竜王戦第3局 有利を意識すると……

 なかなか、まあ、そのお、不潔な部分にできたおできというのはしつこいようで。まだ、「治療」をはじめてから1週間たらずですが、またまた長期戦の気配です。来週でも治らないようですと、民間療法では無理でしょうから、専門医のお世話になるのかもしれません。肛○を人前でさらしたら、ただでさえ恥知らずの破廉恥な人間がどうなるのだろうと不安がありますが、まあ、いいか。どうせ、終わってますしね。

 お尻が冷えないように工夫はしていますが、やはり座っての作業は微妙に苦痛です。そんなわけで、夜中に寝転がって録画しておいた竜王戦第3局の中継を見ていたら、うとうとしてしまいました。棋譜解説を読んでいると、横歩取りの最新形とのこと。素人には無理だなあと思いつつ、見ていましたが、夕方の段階では羽生名人の攻めが続いてはいるものの、細いなあという感じ。渡辺竜王がやや指しやすいかなというところ。攻め駒を一掃する85手目、▲6五馬は丁寧すぎる感じもしますが、後手の攻めを切らしてから反撃すれば、一気に形が決まるでしょうから、難しいところです。中継では攻めきる手順が並べられていて、渡辺竜王自身はさほど楽観はしていなかったのかも。地味に羽生名人が金をお尻から引き上げてほほおという感じ。その手は食いませんと、▲2九香としたところで、棋譜解説では「下アタック」(参考)。確かに、なんだか強そう。ただ、香車から成り込む手順が消えたので、損得は難しいところです。羽生名人は苦しい感じですが、細かく利かしていく手順はさすが。92手目の△7六金はびっくりです。攻駒の金がじわりと上がってくるのですが、ほとんど攻めが切れている感じです(余計ですが、今回のj○は切れる方ではなくていぼの方です)。

 さて、ここで▲7八銀として棋譜中継ブログには「先手勝勢」とあるのですが、そこまで差が開いているのだろうかと。他方、▲4五角から先手が決めにでると、寄りそうではあります。したがって、中継中は▲7八銀として、後手からなんとか勝負手をひねりだす△6七金を防ぐのがよさそうに見えたのが、機を逃す変調の始まりだったのかなあという感じです。しかし、歩切れを解消するとはいえ、△7五金はすさまじいです。横歩取りの将棋は、最初の段階で先手が歩を二つ、後手が歩を一つ手に入れる形が基本になりますが、後手は歩切れに苦しむことが多く、この将棋も、62手目から羽生名人の駒台に歩がない状態が続きました。94手目で歩切れではなくなったものの、攻めにも受けにも歩がほしい。ここでさすがに渡辺竜王も▲3五桂と攻めに出ましたか。このあたりの呼吸は素人にはまったくわからなくて、羽生名人はらしからぬ直接的な手(ほとんど素人が好きな俗手に近い)が多く、渡辺竜王も中盤までは「だ、大丈夫?」と思うぐらい踏み込みがよかったのが、85手目から一つ一つ相手の攻め筋を消していく慎重な手順が増加しています。感想でははっきりとはおっしゃっていないのでわからないのですが、やはり有利だと感じていたのでしょうか。

 木曜日の晩に棋譜をざっと見ているときには、98手目△2五飛の時点で、既に情勢がもつれている感じでした。飛車交換しては、中住まいに一段目に飛車を打たれてはたまらないので▲2五歩。解説にもあるように、後手からすれば2筋からの圧力が大幅に緩和されて、飛車が横に動いただけとも見えなくはないのですが、利かした形です。終盤ではスピードが最優先とはいえ、飛車が直射している状態を敵から止めてもらえるのだから、実質的には自分が指した以上の効果でしょう。羽生名人の感想では102手目の△7九角に代えて△5二角がよかったとのこと。確かに、本譜の進行は、ほとんど無理筋に近い攻めです。111手目の▲2四歩はびっくりしました。2三の地点は数からいえば3対2で先手が多いのですが、寄りますかと。さすがに、低レベルでも△5九馬は見えるので、これを見落とすはずもなく、この時点で渡辺竜王は情勢を悲観していたのかなと思いました。しかし、飛車が成り込んでも、2八飛と引いて、竜と交換してもなんとか指せるという算段だったようです。この損得計算はかならずしも間違っていたわけではなく、119手目に▲4九桂としておけば手順が伸びて、一分将棋ですから、羽生名人も間違える可能性もあったようです。しかし、▲4九金に△6一香ではっきりと後手がよいのでしょう。128手目で素人でもこれは寄りますなとなりました。

 第2局を見て、この第3局を羽生名人が落とすと、番勝負としては興味がもてないなというのが戦いの前の感覚でした。プロの最新形なんてど素人には猫に小判ですし。ただ、まだ本調子という感じはしませんが、羽生名人の終盤の細かい技芸を久しぶりに見た感じでお値打ち感のある一局でした。こんなところまでスクロールする方は、過疎地にお越し頂いている人の、おそらくは1%程度でしょうが、どちらの応援をしているのかを疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。私自身は、どちらが第23期竜王となられても、お給料が増えるわけでもなく(仕事は増える一方なのはどうにかなるならどうにかしたいのですが)、どうでもよいのですが、見ごたえがあればいいかなと。この2人なら、相振り飛車とか変態変わった将棋になる確率は少なく、相矢倉のがっぷり四つに組んだ将棋もよし、横歩取りのような空中戦もよしというところでしょうか。

 とにかく楽しい。


 NHKのBS中継で、中座真七段が指摘していた新山崎流の最新形の激しい将棋も見たいなあと(人が金だけではなく、名誉も棋士人生も賭けて戦っているところでお煎餅パリパリしながら見ているだけなのに、あまりに強欲か)。それにしても、第1局と第2局は羽生名人が新構想を提示した後で、中終盤に緩急を間違えるという珍しい展開でしたが、第3局は渡辺竜王が終盤で寄せきるチャンスを逃すというこれまた珍しい光景でした。しみじみ将棋は難しいと感じましたです。

 話がうってかわりますが、かわいいイラストからど外道な言葉が漏れると、たまらないという妙な好みですが、このやりとりは噴きました。手順前後がもったいないのですが。やはり「判決」の後で、上告をするまでもなく、周知の事実だから無罪放免という流れの方が、うるわしいですなあ。しっかし、現政権は崩壊直前の旧共産主義国家(ゴルバチョフに失礼か)みたいで、出来の悪い左翼が権力を握ると、旧共産圏の人たちの気もちの一端がわかるような気がするのは、喜ぶべきか悲しむべきか、難しいところです。

anekdot

 偏執狂かもしれませんが、2009年に安直に民主党に入れた人たちが、民主党からは、総理にどの世代から、どなたがなろうと、それなりにこなせることができる人物さえ碌にいないということを学習するまでは、どうにもならないなあというところでしょうか。おそらく、統治機構を再構築するのには、仮に民主党が2013年に崩壊したとしても、10年近い歳月が必要でしょうが、今の野党もそのような覚悟で取り組んでいるとも思えず、前途多難でしょう。

(おまけ)ツイッター等での拾い物

笑えない現実

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1058.html

ルーピー2号も意外としぶといですな。まだ、3号から5号だけで、前原、岡田、小沢とスペアが揃っている。まだまだ、二大政党制がかっこいいと感じているバカも無視ができない。齋藤さん、技量の有無を民主党に問うのは時間のムダ(まだわかっていない人もいるけどね)。私ならこうしますがという話をとことんやった方がよいでしょう。失礼ながら、あなたがこけたら、小泉ジュニアがお骨を拾ってくれるでしょう。そのぐらいの覚悟で進んで頂きたい。後は、有権者を甘く見ず、単なるバカが多数だと見た方がよい。土下座をして、民主党はもうお断りでございます、二大政党制とか分不相応のことは申しませんと言いだすまで冷たくした方がよい。正直にいえば、さっさと元に戻してほしいのだけれど、バカが多い限り、足を引っ張りかねない。あの選択がどれほど愚かだったのか身に沁みるまで、こちらまで被害を受けるのはたまったものではないけれど、民主党に壊させていくしかない。この国の、自分で自分を利巧だと思っている大半が(二者択一問題すら正答できない(ry)単なるバカだ(から一択にしておけということ(ry)と自覚するまで、厳しい時代が続く。ただ、下の動画は妙にノリがいいですなあ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12716011
posted by Hache at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41701463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック