2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

 午後2時45分を回ったあたりでしょうか、やや強い揺れが始まって、「またか」と思いつつも、通常の地震よりも時間が長く、気味が悪かったです。耐震の関係で職場では新しい建物に移ったので、揺れたといっても、それほどではなかったのですが、揺れる時間が長く、船酔いでもするような気持ち悪さでした。ふだんならば縦波と横波の区別がつくのですが、動いていたせいか時計を見る余裕もなく、区別がつかないまま、奇妙な揺れだけを経験しました。自分でも極端に鈍感だなと思うのですが、駅で電車が遅れているのを見て、大変なんだなと。家に帰ってPCの電源を入れずにテレビの電源を久しぶりに先に入れましたが、NHKで宮城県の津波の様子が流れていて、ショックでした。リモコンを適当に操作して民放も見ましたが、うるさいだけなので(避難している方たちに取材とかどうかしていると思うのですが)、NHKに戻りました(公共放送の回し者ではありませんのでご安心を)。

 津波そのものはスマトラ島沖地震でも見たはずの光景ですが、NHKが民放のように騒ぎ立てながら報道しないので、津波というより土砂の流れが畑を飲み込んで、道路をも埋め尽くすのを繰り返し見ながら、呆然としておりました。人が乗っているであろう車が浮いているのを見て、感情が反応せず、死んだように呆けてしまいました。あまり意味がないのですが、メカニズムについての説明が少なく、太平洋沖で500kmの断層というのがピンと来ないので、PCの電源を入れて、グーグルアースを起動させました。日本列島を拡大すると、これは初めて知った機能ですが、震源を示すマークがついていました。

Tohoku_Pacific.jpg

 上の図は2011年3月11日の午後8時30分頃に作成しました。赤の太線は「定規」機能でつけました。午前の段階で前兆のような地震があったのが不気味でした。地震の発生メカニズムに私自身が疎いので、素人的な発言は控えますが、地殻の震えというのは私たちが事前には予想できないだけで、非常に複雑なんだなあと。下の図は、同日午後11時過ぎに作成しました。余震で赤の太線が見えない状態になっています。

Tohoku_Pacific2.jpg


 実は午後10時40分ぐらいにNHKで200人前後の方が溺れたとみられるとの報道が入って涙が流れました。今年に入って初めてでしょうか、泣いたのは。あまりにつらいのでテレビの電源を落としました。大地の震えにはあまりに私たちは無力です。被災された方々は、個人の自助努力の限界をはるかに超えた経験をされているのでしょう。党派を超えて今回の事態を乗り切っていくことを切に願います。
posted by Hache at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 不幸せな寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43799150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

東日本巨大地震
Excerpt: 11日午後2時46分、東北・三陸沖を震源とする国内観測史上最大のマグニチュード9.0の極めて強い地震が発生し、宮城県北部で震度7を観測しました。地震や津波などにより、東北を中心として北海道、関東など広..
Weblog: 歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
Tracked: 2011-03-16 00:45