2011年04月06日

悲しみは絶望じゃなくて明日のマニフェスト

 憂鬱な日々が続いておりますが、「汚染水」を海中に放棄するという月曜日深夜の東電の会見はあまりにもみじめで、なんと罪深いことをするのかと。この国を守るように取り巻く海に、人工の産物である放射性物質を含んだ水を投棄するという事態に、これまでの震災による人的被害とは異なった悲しみを覚えます。「寝言」も浮かばない状態でしたが、完全にふさぎ込んでしまいました。

 今回の事態は、東京電力が電力自由化にあたって掲げた「公益的課題」を自らがすべて放棄し、公益事業の担い手として不適格だとみなさざるをえない行為です(参考)。復興に向けた方向へ頭を切り替えたいのですが、福島の大地と大気のみならず、海を汚す事態に及んだ深刻さを東京電力がどのように考えているのか、まったくわからないまま、マスメディアが「やむをえない」で片づけているのを見ると、ゾッとします。英字紙も遠慮があるのか、見出しでは"release"とぼかしていることもありますが、Wall Street Journalの"dump"というのが近いのでしょう。まだ放射性物質をより多く含んだ水があるからという理由では、今後、事態が収拾に向かわなければ、より高濃度の放射性物質を含んだ水がある限り、いくらでも投棄できることになりかねません。

 「The Br​iefing On Japa​n Quake -外国プレス​​へのブリーフィング」なるものを見たおかげで、さらに気分が沈みました。当初はもっと外国人記者が多く参加していたはずですが、見たところ4名前後。木で鼻をくくったような官僚的答弁に終始する会見では、日本人記者は慣れているのでしょうが、外国人は参加している暇はないのでしょう。経済産業省原子力安全・保安院は津波は想定外と繰り返すばかりで、質問する側だったら、こんな場に来ても意味がないだろうなと。驚いたのは内閣府原子力安全委員会でして、津波に関する最新の指針は2006年であり、今回の津波を想定していたとも想定しなかったとも、どうとでも読める指針の一部を読み上げるだけで、指針がどのように具体的に活用されたのかを示さないあたりは驚くばかりです。

 公益的課題を自ら掲げながら放棄する一般電気事業者、監督していたアリバイだけを作ろうとする政府の各機関、これらをいまだに統括できずにいる首相官邸および内閣官房の下で「復興」が進むのだろうかと暗澹たる気分になります。堕ちるところまで堕ちて浮かぶ瀬もあれという感じでしょうか。ざっと目を通しただけですが、New York Timesが2011年4月5日付で配信した"Radiation Errors Erode Confidence in Power Company"という記事は、東京電力が公開しているデータへの懐疑が中心ですが、原子力発電は日本人にもたせるには危険すぎるという世論が形成されても不思議ではないことにも留意が必要でしょう。


ツイッターのタイムラインに時代が「TOUGH BOY」の歌詞に追いついたとあって、「Keep you burning 駆け抜けて この狂気と希望と幻滅のまっただなか No boy no cry 進まなきゃ 勢いを増した向かい風の中を」というあたりはなるほどと。第一部以降は原作を読みましたが、なんだか白けてしまい、結果としてアニメはつまみ食い程度でしたので、聴いたことはあるけれど、内容は忘れてしまったなあと。全曲を聞いて印象に残ったのは、「悲しみは絶望じゃなくて明日のマニフェスト」というあたりでしたので、そちらを「寝言」の「お題」にしました。もはや2011年3月11日以前の世界には戻れないのだなあと。



 本来は、『朝日』が配信した、「下水道復旧は数年かかる見通し 沿岸部に集中、被害深刻」という記事を読みながら、インフラを中心に復興を考えようとしておりましたが、福島第一原子力発電所の迷走を見ていると、見通しが立たないのが率直なところです。首都圏在住者ではないのですが、東京電力に過度に懲罰的になっては困るというスタンスでしたが、もはや一般電気事業者たる資格を失った東京電力を存続させるのも無理だなあと。しかし、ここで50Hz/60Hzの問題を解決しようとするのはやはり「複雑骨折」を招きかねないような。まずは、夏場に想定されている1日当たり1,000万kWを超えるとされる電力の供給不足に手を打たなければなりません。それにしても、下の記事を読むと、復興も実に悩ましいです。



 東日本大震災で東北地方では、上下水道も激しく損壊した。上水道は内陸部を中心に復旧が進むが、標高の低い太平洋岸にある下水処理場は津波の被害が深刻だ。全国の自治体が給水車を派遣したり設備修繕を支援したりしているが、下水道の本格復旧には数年かかるとの見通しもある。

 「自宅前で、きついにおいの水がどんどん噴き出していた」

 宮城県多賀城市の洋服仕立業、渡辺敬一さん(69)は顔をしかめて振り返る。約1キロ先にある下水処理場、仙塩浄化センターのポンプなどが津波で損傷し、汚水が逆流。あちこちで下水管からあふれ出た。

 仙台市の7割の下水を処理する東北最大の南蒲生浄化センターも津波で稼働停止に。孤立した約100人の職員らは管理棟の屋上で一夜を明かし、自衛隊のヘリコプターで救助された。

 どちらの処理場も、国土交通省の仮設ポンプの緊急配備などで処理量は徐々に回復。住宅地で汚水があふれる事態も収まっている。

 ただ、微生物を使って汚水中の有機物を分解除去する本来の工程などは省略されたままだ。沈殿や塩素消毒といった簡易処理だけで近くの運河に流している。宮城県によると、水の汚れの度合いは地震前の約20倍だが、水質汚濁防止法の規制範囲内という。

 国交省によると、東北の太平洋側にある岩手、宮城、福島の3県に147カ所ある下水処理場のうち、21カ所が稼働停止した。復旧には2〜3年かかるという。福島第一原発の近隣の10カ所は原発事故の影響で状況把握もできていない。

 処理場の被害が大きかったのは、その多くが沿岸部に集中しているためだ。家庭から出た汚水や側溝から入る雨水を傾斜を使って管路で流すので、処理場は標高の低い所に設けられる。そこに津波が直撃した。

 下水管も陥没などで破損し、千葉県浦安市など液状化現象によってマンホールが隆起し、管路が断絶した地域もある。下水関連の被害総額は、まだ全体像をつかめていないものの「少なくとも数千億円」(国交省下水道部)という。

 下水管や処理場が復旧しないと、汚水が路上にあふれ疫病を引き起こす恐れすらある。このため新潟、札幌、大阪など自治体の下水道事業者からのべ2600人が応援に駆けつけ、被災状況の調査や簡易処理での復旧の手助けをしている。

 だが、本格復旧は遠い。阪神大震災で被災した神戸市東灘区の処理場が本格復旧したのは約4年後。国交省の松井正樹・下水道部長は「生活が平常化するほど下水などの能力不足は深刻になる。風呂や洗濯の回数を減らすなど節水に協力してほしい」と話す。

    ◇

 上水道も、沿岸部では津波被害が大きかった。

 「一からやり直さないと」。日本水道協会の御園良彦専務理事は、3月下旬に現地入りし、宮城県石巻市や福島県いわき市で情報を集めた。「橋の下の配水管が、橋もろとも流された。沿岸部はいつ復旧するか見当もつかない」

 厚生労働省によると、岩手、宮城、福島県では、実態把握が進んだ3月16日時点で断水が90万戸近くに達した。全国から水道事業者が給水車を派遣するなどし、急場をしのいだ。

 3県の水道管の耐震化率は2割未満と低い。ただ、太平洋沿岸とは対照的に内陸部では持ちこたえた管路が多かった。浄水場もほとんどが難を逃れた。下水とは逆に、高台にあることが多いためという。

 最近は電気の復旧で内陸部を中心に送水ポンプも再稼働している。3県の断水も約20万戸に減った。仙台市や福島市など都市部では「9割近くの能力が回復した」という。ただ、どれだけ上水が回復しても、下水の復旧が遅れれば普段のような水の使い方は難しくなる。(鳴澤大、田中美保)



 記事を丸々引用いたしましたが、上水道が回復するほど、下水道への負担がかかるというのは悩ましいです。復興というのは、いわゆる「グランドデザイン」にもとづくのではなく、実務的な問題(「正解」がないタイプの問題)を、一つ一つ対応していくプロセスなのでしょう。それにしても、うかつなことに下水の処理場の多くが沿岸部にあったとは知りませんでした。実際的なことを知らずに、結論を先に立ててしまうと、間違えるという典型でしょう。

 最近、世間が「いい大学」とみなしているところを出た人たちが、なぜ役に立たないのかを考えているのですが、どうもまとまらないですね。ただ、「君子豹変す 小人は面を革む」という文脈での「君子」を育てるには、現代の高等教育は力量不足ではないかと。季節を重ね、年月とともに、見事に豹の毛と皮が育つには、若いときの教育が必要なのかもしれませんが、現代的な意識的な教育の限界を覚えることが多いです。端的に言えば、年を重ねるごとに、自分の意見に都合の悪い事実に目をつぶり、心地よいストーリーに委ねることが増えるわけですが、そうなってしまった人に「君子たれ」と言ってもムダだしなというところでしょうか。学者さんも「縁なき衆生は度し難し」となりがちで、育てる担い手がそもそもいないという現実からスタートするのがよいのかも。出典が『論語』になりますが、「君子固より窮す」ともいいますしね、ええ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44160952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック