2011年07月07日

中国の地方政府の債務問題

 眠い日々が続くので、英字紙も大半はプリントアウトして後で読む状態ですが、中国はまずいなあと。Wall Street Journalが2011年6月28日付で配信したTom Orlikの"China Tallies Local Debt"という記事によると、中国の公的債務はGDPの82%に上り(ファニー名などの、そのうち27%は地方政府が発行したものとのことです。まあ、国と地方の長期債務残高が180%を超える国に住んでいる者としては、まだまだ「メタボ」には遠いわねという感想とともに、利上げしてもインフレを鎮めるのは大変なんだろうなと。

 まずは、地方債の大部分は不動産と関連しており、不動産価格の下落は地方政府の償還能力を損なうだろうと指摘しています。また、水関連(上水道でしょうか)の投資も資金繰りが苦しい事例が紹介されており、公的資本形成などというのは本質的に非効率だと思うのですが、なかなか大変なご様子です。商業銀行の不良債権問題にも多くを割いていますが、ハッと息を呑んだのは次のあたりでしょうか。

A report published early this month by China's central bank suggested that just the debt taken on by local government financing vehicles−entities created and backed by local governments to get around legal constraints on their borrowing−could equal 30% of loans in the banking system. That would be about $2.2 trillion.

 今月(6月:引用者)のはじめに中国の中央銀行によって公表された報告は次のことを示唆している。地方政府の金融機関(地方政府が借入れに関する法的制約を逃れるために創設し、支援している)が引き受けた債務は銀行システムの30%に上る。これは、約2.2兆ドルだろう。


 共産党中央が地方のグリップをどの程度まで握っているかどうかは、中国の国内情勢で最も不透明な問題の一つですが、これはさすがに。いわゆる「不動産バブル」が崩壊しなくても、地価の上昇が鈍り、成長率が低下すれば、高い成長率を前提とし、またそれに拍車をかける要因の一つであった地方政府の公的固定資本形成の原資が厳しくなり、金融システムにも負荷がかかるリスクがあることを示していると思います。私自身は、中国の経済成長に関して10年単位では楽観的に見ておりますが、中国共産党がマクロ経済政策の舵取りを間違えると、かなりきわどい状況なのかもしれません。この記事だけで論評するのはあまりに危険ではありますが、地方政府の公的債務の膨張を考慮すると、金融政策のみを用いたインフレーションの沈静化は容易ではないのでしょう。他方で、地方政府も含めた財政政策も本格的に引き締めると、それまで脱法的な手段によって調達されてきた地方の公的債務問題が表面化し、単に成長率の低下に留まらず、地方政府の共産党中央への向背や社会的不安にもつながるのかもしれません。財政状況はひどく、中央銀行もゆるゆるなのに物価が上がらない国にいると、感覚が麻痺してきますが、中国の方が、政治システムの透明さという点で分からないことが多いのにもかかわらず、起こっているであろう事態は、昔の教科書レベルなのかもしれないなと思いました。

 あとは南シナ海だけではなくインド洋まで人民解放軍のプレゼンスが高まっていますが、財政に負荷をかけられる余地が低下している可能性もあるのでしょう。あえて軍拡競争へと巻き込まなくても、既に中国の側に"overextend"を抑制するインセンティブがない状況では、下手を打たなければ、財政における脆弱性が顕在化するのかもしれません。


 最近は、なぜか夜の7時ぐらいから猛烈に眠気に襲われて、自宅であろうが勤務先であろうが、意識が朦朧としてたまらないです。自宅ですと、ついつい横になって起きると、9時を回っていて、晩御飯を慌ててつくって食べ終わると、目が冴えてくるという不健康な状態です。電車の車内ですと、終点で駅員さんに起こされて、慌てて下車するという有様。おまけに、PCの自作を半身の体勢で始めたおかげで、自爆してしまいました。カワセミさんのアドバイスでずいぶんと助かりましたが、やはり準備がよろしくないと、悲惨ですね。元々は、勤務先のPCが限界にきつつあり(8年前のPen4にRIMM1GB、ディスクドライブはパラレルATA接続の上に、グラボはAGPというもはや化石)、予算計上の関係で来年度と考えておりましたが、あまりに遅いので、家で自作機の2台目をつくって、1台目を職場に持ち込もうという無茶苦茶なことを考えておりました。初代は立ち上がりこそ、比較的トラブルが少なかったのですが、途中でひどい目にあって、投げ出しそうになりましたが、踏ん張ったおかげでこの1年間は非常に快適でした。Windows 7とXPをBIOSをちょちょっといじれば選択ができましたし、SSDもいらないぐらい動作が速くて軽かったので、職場でこの環境なら、家の光熱費を節約できるなどといらざる邪念が入ったのが、失敗の始まりでしょうか。

 一応、まぎれもない日本人ですが、国内は政治を筆頭にカオスすぎて、正直なところ、訳がわからなくなっております。孟徳Pの動画を見すぎたせいか、「閣下ハトテモ素晴ラシイ方デス」とか意味不明の、正真正銘の寝言を口走りそうな愚民状態です。あ、ちなみに、アイドルマスターはもちろんですが、BGMに使われているらしいゲームもまったくやったことがないので、コメントを見ながら、濃い動画なんだなあという感じです。基本的に、『信長の野望』と『三國志』、ドラクエ(実質的には3まで)とFF(実質的には6まで)あたりがメインで、シムシティとシヴィライゼーション2をやりこんだ程度でしょうか。三国志のキャラを崩壊させる動画にクロノトリガーとかが使われていなくて、ちょっとホッとしました。あくまで動作確認のためですが、ニコニコ動画は重いですが、ちゃんと動きますね。それはともかく、夭逝したことが大きいのでしょうが、諸葛亮よりも郭嘉の方が軍事的才能に恵まれていたのではと思ったりします。素行が悪かったという点も含めて、好きなキャラだなあと。やはり北伐が孔明の評価を落とすところでしょうか。呉との連携がうまくいってないのが痛いところ。こんな話を書き出すとキリがないので、さっさと吉川三国志を読み終えたら、やはり25年ぶりぐらいに陳寿の方も読みたいものです。
この記事へのコメント
この問題ですが、中央政府が地方のグリップを握ると言うより、財政破綻を理由として
グリップを握り直すという流れの方がありそうに思われます。ネーションとしての
ナショナリズムの盛り上がりも都市部の政治の風景(特に若年層)に見受けられないことも
ありません。もちろんどこまで放漫な地方の実情をカバーできるかということではありますが。

思うに、敗戦処理という面では、中国ではかなり苛烈な責任の負わせ方が可能でしょう。
そうは行かない日本は軟着陸のためにかなりの時間を浪費しました。
国全体としてみれば投資によって生み出す富の量を増加させるという基本的な要素は
まだ残っていそうな気もします。ただそれだけを見るなら上海閥のような都市部重視の
路線が有利かもしれませんが。

問題が発生するとなれば、やはり金融面で急速な変化が生じて間に合わない場合
でしょうか。過去の例を見るに、指導者層の政治日程とか、
そういう問題で対応する内容が左右されそうなので予測は難しいです。
Posted by カワセミ at 2011年07月08日 02:09
>>カワセミ様

中国の経済政策の動向に関しては共産党内の権力闘争として見る視点も必要でしょうが、最初の部分は、率直なところ、同意しかねます。インフレの昂進が経済成長率の低下と同程度に中国社会の安定を損なうと共産党中央が見ているなら、それは正しいと思います。中東では貧困層への影響に注目しましたが、中国のような経済大国の場合、インフレの悪影響をって「被害」を受けるのは、貧困層だけではなく、中間層が大きいでしょう。中国社会で中間層がどの程度の厚みをもっているのかはわからないのですが、資産の大半を金融資産、それも預貯金でもっている層には実質的な増税となり、共産党支配を消極的に是認している層が積極的に否定する側に回ると、社会が相当程度、不安定になるでしょう。

金融引締だけではインフレを抑制することができず、以前からわかっていたのかもしれませんが、地方政府の財政が相変わらず拡張的であるとすると、かなり危険だと思います。採算の問題は、費用便益を直接、表すものではありませんが、効率が悪い公的固定資本形成が増加していることを反映していると思います。地方の脱法的な金融機関が引き受けている債券がすべて不良債権となることはないと思いますが、パフォーマンスの低下により、2007年頃から表面化した金融危機とは異なる原始的な金融不安・信用不安が生じた場合、共産党支配の信認への疑義の背景となりうるでしょう。中国共産党の選択肢を極端に広く見るのも情勢を見誤る危険性が高いと思います。
Posted by Hache at 2011年07月11日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46579887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック