2011年07月11日

PC自作2台目 リベンジ編(後編)+Zalman CNPS9900 Maxに関するTIPS

 ふう。なんとか日曜日の午後10時30分をもって新しい環境で安定的な動作を確保しました。ケースサイドのファンの設置などの作業は残っておりますが、HDDはそのままで従前どおりのスピードは出ています。OCは、暇ができたらやるという感じでしょうか。ASCIIの記事で、Zalmanの"CNPS9900 Max"はよく冷えるなあと思っていたので、GIGABYTEの"G-Power II Pro"が販売されなくなって、これで冷やしたいと考えておりました。カワセミさんのアドバイスでは、取り付けが難しいとのことで、価格.comのレビューでも面倒なようだったので、ご紹介して頂いた、峰2をネットで検索してびっくり。ヒートシンクが巨大で、重量が1kgを超えるので、「すごく…大きいです…」という感じで、こんな巨大なものを入れたら、痛いじゃなかった干渉しないかなと不安になったので、あっさり除外しました。ソフマップのフロアで無限参も見ましたが、忍者シリーズと同じく、ヒートシンクが触ると危険な感じ。店員さんに尋ねると、「確かにけがをしやすいです。当たり前ですが、手袋は必須ですよ。でも、気を付ければ扱いやすいです」とのことでしたが、ちょっとした微調整(ケーブルの裏配線の修正など)のときに、うっかり手袋をせずに作業すると、けがをしそうなので土壇場で除外。消去法でZalmanのCNPS9900 Maxを買いました。店員さんの方が怪訝そうで、「これもヒートシンクは大きいですが大丈夫ですか?」と尋ねるので、無限参よりわずかですが、総重量は軽いですからと答えると、納得していない様子でした。某パーツ店の店員さんよりも商品知識が豊富でアドバイスも的確だったので、助かったのですが、CPUクーラーに金を使う変わった人だなという目で見られて、ちょっと恥ずかしかったです。土曜の深夜から日曜の未明にかけて書いた「寝言」の後でCPUクーラーをとりつける作業の直前まで進めましたが、眠気に勝てそうになかったので、作業スペースを整理して、そのまま寝てしまいました。日曜の午後からCNPS9900 Maxのセットアップを始めましたが、さすがに1時間近くかかりました。もっとも、説明書が英語とハングルのみだったので、これをじっくり読む時間とサブマシンでZalmanのHPの動画を見る時間で45分ぐらいで、実際の組み立ては10分程度で終わりました。説明書とパーツをじっくり見ていれば、説明書通りの手順を少し工夫すればなんでもないことがわかると思うのですが、意外と書かれていないので、「続き」にTIPSを書いておきます。

 前編で書いた通り、新しいマザーボードにはASUSの"Maximus IV Gene-Z"を選びました。売り場に行ったときには、MSIが本命かなと思っていたのですが、展示品だけで判断しかねますと店員さんが機転を利かしてくれて、こちらも現物をもってきてくれて上部を見てくれました。「ヒートシンクが出っ張っているのが気になりますね。組み立ててみないとわかりませんが、上部ファンと干渉すると、12V電源コネクタを取り付けづらいどころではないかもしれません」とのことでした。そんなわけで、Maximus IV Gene-Zを選びました。前にも書いたように、オンボードとはいえ、"Sound Blaster X Fi"を積んでいるのは、なかなかです。SATAポートは6Gbps対応が2ポート、3Gbps対応が4ポートと、ASUSのミドルクラスのマザーボードと比較しても控えめですが、十分でしょう。完成形態としては、SATA600のポートにSSDとHDDを組み込む予定ですので、光学ディスクドライブとXP用のHDD(イントール後無理やりAHCIのドライバを組み込みましたが、このマザーで動くかは未検証)をつなぐ程度ですので、数自体は十分です。コントローラはすべてインテル製なので、動作も安定しそうです。インテルレジスタードマーク ラピッド・ストレージ・テクノロジーを理解していないので、SSDにシステム領域を移行するのがよいのか、RSTを使ってRAIDにする方がよいのかはわからないのですが、今は従来の環境が再現できれば、仕事に支障が出ないので、仕事がフル稼働になる7月下旬から8月上旬がすぎてから考える予定です。

 ちなみに、売れ筋のASUSの"P8Z68-V PRO"もネットで先週、見ておりました。背面のI/OにDVIとD-Subがあり、SATAコネクタも600と300が4つと充実しています。問題は、背面のI/OからPS/2がなくなって、USB2.0になっています。P5Q-Eのときには、PS/2の隣のUSBがレガシーで動作不良があったので、大丈夫かなと。しかも、背面端子の構成は、上位モデルではなく、下位モデルのP8Z68-Vと同じです。今のところ、トラブルがあったという話はないようなので心配しすぎでしょうが、真っ先に乗り換えを考えて真っ先に候補から消えました。



 GIGABYTEのGA-Z68X-UD3H-B3との対比ですが、ASUSは背面パネルのつくりがやや粗いのに対し、ギガは丁寧な印象です。Maximus IV Gene-Zは一応、ミドルクラスの上位かなと思うのですが、それでも背面パネルでPS/2コネクタが背面パネルの円形の真ん中からかなりずれます。P5Q-Eはひどくて、IBM製のキーボードをPS/2-USB変換コネクタでつないでいました。今回は、そこまでひどくはなくて、この「寝言」もPS/2コネクタに直接つないだIBMのキーボードで打ち込んでいます。使い始めて15年目ですが、キーストロークが過度に速くならず、それでいて連続して打っていて疲れないので、USB接続のキーボードはもっていますが、PS/2コネクタがない場合の予備です。他方、ギガの致命的な欠陥は、中途半端なハイブリッドUEFIを採用していることでしょうか。ASUSのUEFIを使えるかなと思いましたが、レイアウトが変わっているものの、基本的な設定は昔のBIOSとさほど変化がない印象です。また、キーボードでの操作にも対応しているので、石器時代の人間でもあまり違和感はありません。フルスクリーンロゴをオフにするなど、数箇所ほど設定すると、POST画面はあっという間に消えて(ちょっと目を離しているとdeleteキーを押し忘れるのが難ですが)、Windows7の起動も速いです。IDEでいまだにマスター/スレイブの表示があったり、"Limit CPUID Max. to 3"なんてXP以前のOSのためのレガシーを残しているのは、まさか98SEで使うユーザーのためだろうかと首を傾げます。Maximus IV Gene-Zは、ぬるぬる動作してOSから再起動も普通にできたので、この2週間はなんだったのだろうと。

 ただ、これはブルーレイディスクドライブを選択してせいかもしれませんが、ASUSのドライバやユーティリティソフトを読み込むのが遅いのはイライラしました。空になった麦茶(麦酒ではありませんよ)の入ったボトルを洗って、やかんから移し替えた頃に、読み込みが終わる始末。ブルーレイは再生専用で十分なので、DVDの読み込み速度が速いドライブを選べばよかったと思いました。後は、AI Suite IIは単体でインストールできなくて、InstALLでないと、ダメというのはちょっと面倒かも。もっとも、ギガのユーティリティも似たような感じですが、インストールするドライバやユーティリティソフトを選択できないのに対し、ASUSでは選択が可能なので、カスタムインストールが面倒な方には不向きですが、使いそうにないユーティリティソフトは省いて、後でインストールできるという点では便利でした。また、ゆーてりてぃソフトのインストール中に自動で再起動して、インストールを続けるという点では、ログイン画面でパスワードを入力するのが煩わしいといえば煩わしいのですが、時間がかかるものの、しっかりしているなという印象です。ギガは毎回のようにドライバがインストールできていないというメッセージがでて、どれなのかわからず、起動するたびに読み込もうとするので、とにかく遅かったです。

 通常のアプリケーションの起動や書き込みは、Q9650とほとんど変わりません。SandyBridgeといっても、コア周波数が3.0GHzから3.4GHzにあがった程度ですので、こんなもんだろうと(メモリのインデックスが下がっているので、デュアルチャネルで動作していないか、零点シーの設定が必要なのかも)。エクスペリエンスインデックスもGA-Z68X-UD3H-B3からMaximus IV Gene-Zに換装しても、CPUやメモリ、HDDなどは同じなので変化がないのは当然ですが、参考程度ですね。OSやアプリケーションの起動、安定性などは反映しないでしょうから。ちなみに、Windows7のアクティベーションがうまくいかなくて自動電話サポートを利用しましたが、6桁の数字を電話で聞き取って、8箇所も打ち込む作業でミスをして、中国人かなというオペレータにつながりましたが、事務的ではありながら対応が丁寧で助かりました。XPはすぐに使う必要がないソフトしか残っていないので、7が仕事で使えるところまできました。日曜日の未明に「リベンジ編」などと書いて返り討ちにあったら、ネタ的にはおいしいのですが困るなあと思ったら、思ったよりもスムーズに進んだので、SSDへの移行はお盆あたりまで伸ばす予定です。ドスパラで散財しなかったら、Western DegitalのVelociRaptorシリーズのSATA600対応WD6000HLHXが買えたのですがね。実は、まだ携帯を替えていないので、こちらの予算を削って、SSDとWD6000HLHXを組み合わせようかなと考えております。SSDはシステム領域と仕事で使うアプリケーションのみにして、それ以外のアプリケーションとデータはWD6000HLHXに放り込もうかと。UEFIで3TBもOKなのですが、そんなに巨大なデータもないですし。バックアップは、外付けのHDD(USB3.0)が無難かなと。現状では急ぐ必要がないので、SSDとHDD、メモリの価格が下がった頃を見計らって再構築する予定でおります。

(GA-Z68X-UD3H-B3搭載時のインデックス)

experience_index20110709.jpg

(Maximus IV Gene-Z搭載時のインデックス)

experience_index20110711.jpg


 あまり役に立たないでしょうが、Zalman CNPS9900 Maxに関するTIPSです。まず、説明書にある通り、作業は手袋をして行うのが必須です。実は、パッケージから取り出してヒートシンクの横を触ると、これだったら素手で大丈夫かなと思いました。しかし、上部を囲っている包装をとると、意外とヒートシンクが鋭く、けがをしやすいようです。手袋は静電防止用のもので大丈夫です。細かい作業がしづらいという人は、嫁がいる人は、手袋をして乳○を触らせてとお願いしましょう。服の上からピンポイントで○首がつまめれば、作業には支障がありません。嫁がいない人はTシャツの上から自分の乳○をつまむ練習をして下さい。

……これがTIPSだって? かなり滑りましたね。手袋をして、PCケースのサイドパネルのネジを締めたり、緩めたりできれば、まず大丈夫です。手順通り、クーラー本体のCPUとの接地面を止めているネジを緩めて、クリップを挿入してもよいのですが、先にバックプレートにボルトを止める作業を行っておきましょう。これは要手袋です。このバックプレートは1枚でソケット775/1155/1156/1366とAMシリーズに対応しているので、対応するマザーボードを確認しましょう。以下は、1155の場合で話を進めます。バックプレートのインテル用部分は穴が3箇所も空いています。中心に近い順に775/1156・1155/1366ですので、バックプレートの裏表を確認したら、真ん中の穴にボルトを挿入します。これを特殊なナットを横から挿入して固定するのですが、バックプレートはギュッと握ると、けがをするかもしれません。素手で軽くボルトとナットの位置関係と止め方をつかんだら、手袋をしてナットを強めに挿入しましょう。4箇所ほどボルトを止めたら、手袋を外しましょう。時間帯にもよりますが、エアコンの設定温度を28度にしておくと、手袋が少し蒸れるかもしれません。ソケット1155は金具のブロックを使わずに両面テープを中心部に直接、貼りますので、片面だけカバーを外してバックプレートに固定します。この時点では、両面テープのマザーボードに張り付ける面はカバーをしたままにしておきましょう。

 次に、クーラー本体にマザーボードに固定するためのクリップをとりつけます。CPUと接する面の近くのボルトは、本体から離れない程度に、思いっ切り緩めましょう。接地面が緩んだら、その下にある隙間に取り付け用のクリップを挿入します。間違っても、接地面の上にクリップを挿入しないように。クリップが収まったら、マニュアル通り、ボルトを締めます。

 作業としては無駄が多いですが、次にバックプレートをマザーボードにとりつけます。このとき、いきなり両面テープを外すと、私はしていないのですが、大変です。テープのカバーを外さずに、マザーボードに空いている穴にバックプレートのボルトが一致するところをマザーボードの上から見ながら、探します。一致する位置を見つけたら、裏側を見て、バックプレート中心部がマザーボード裏のCPU領域のどの位置にあるのかを正確に覚えます。裏側のマザーのパーツを溶接している場所などを頼りにするのがよいでしょう。位置を覚えたら、両面テープのカバーを外して、まず裏側の位置をみます。この時点で間違ってもバックプレートをマザーにとりつけてはいけません。表を見ながら、4つのボルトがマザーの穴と一致しているのかをしっかりと確認して下さい。両面テープを外す前に、位置を確認しておけば、極端にずれた位置にくることは少ないですが、両面テープを浮かした状態で4箇所のボルトがマザーの穴と完全に一致するのを確かめて、バックプレートをマザーボードにやや弱めに押し付けます。少しでもずれていたら、早めに微調整して下さい。すべてのボルトマザーの正円と一致するまでやりましょう。時間がかかるように思えるかもしれませんが、ここまでで10分程度でできます。この作業を正確にやっていれば、クーラー本体の取り付けは5分もかかりません。

 価格.comのレビューには付属のレンチが使いにくいという意見がありますが、ガン無視しましょう。見ればわかりますが、レンチの先が丸みを帯びていて、クーラーを取り付ける際にまっすぐにレンチを挿入するのはまず無理なので、多少、斜めにレンチを傾けても、ボルトを締めることができる便利な道具です。間違っても、レビューにあるように市販のレンチは買わないように(実は、この作業の前に百均でレンチのセットを買いましたが、パナソニック製のデスクスタンドがレンチで調整するタイプだったので、作業用にスタンドを調整するためだけです)。

 忘れていましたが、付属のグリスをCPUに塗ります。私は、別途、もっていたシリコングリスを使いましたが、前に厚塗りになってしまったので小出しにして時間がかかりました。説明書にある通り、3分の1程度のグリスを送出して手早く広げましょう。

 次が重要です。説明書やZalmanのサイトの動画ではクーラー本体に取り付けたクリップにボルトを一つ一つ取り付けるようになっていますが、これは危なっかしいです。まず、クリップの1155の位置に4つのボルトを挿入しましょう。できれば、クーラー本体を手袋をしたどちらかの手でもって、片一方の手は手袋なしでボルトを挿入しておきます。4つとも挿入したら、次は、手袋をしている手で、クーラーの内側をもちながら、マザーボードの穴と一致するよう、位置を調整します。上記のバックプレートをマザーボードに取り付ける際に、完全に正円になるように取り付けていれば、クーラーをゆっくり降ろせば4つとも、自然にバックプレートのボルトの穴に入り込みます。後は、レンチで締めるだけです。いきなり一つのボルトを堅く締め付けるのではなく、4つとも均等に締めていきましょう。もちろん、付属のレンチを丸い先を使って斜めに挿入して、2-3回点づつ締めましょう。角度は作業しやすポイントを探ってみて下さい。4つのボルトが少し緩めに入ったら、堅めに締めましょう。レンチを回すときには間違っても力まないこと。レンチの先は単に丸くなっているのではなくて、斜めでも正六角形を保つようにできています。軽くボルトに挿入して回るかどうかを試してください。いきなり全力でボルトを締めようとすると、レンチが空回りして、ボルトの正六角形の穴を痛めます。手順通り、クーラー本体を下して、ボルトを一つ一つ占めるのは意外と難しいと思います。クーラー本体にとりつけたクリップの穴(内側から2番目が1155/1156に対応しています)にボルトを入れてからクーラー本体を下せば、ボルトの先端部分がバックプレートのボルトの穴に入った状態になるので、1つのボルトをいきなり完全に締め付けるのではなく、4つのボルトを均等に少しずつ締めていけば、取り付け作業は楽な部類です。バックプレートの固定の方が面倒なぐらいで、本体の取り付けは5分もかかりません。なお、本体をもつ手はかならず手袋を着用してください。クーラー本体のヒートシンクの内側をもつと調整しやすいのですが、手袋をしていても、痛いぐらいですので。

 あまり役に立たないTIPSですが、上記手順で装着してみて、なにが難しいのか、わかりませんでした。だいたい15分ぐらいで装着できます。LGA775でドライバーでネジを締め付けるよりも楽でした。
posted by Hache at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報通信技術関連
この記事へのコメント
お疲れ様です。

私の場合目が悪いという事もありますが、なかなか器用に
作業をされていたみたいで羨ましい限りです。
バックプレートの調整とか一苦労でした。

メモリが遅い件ですが、マザーによって4つのメモリスロットに
一つおきに挿す場合と隣に挿す場合があったように思います。
memtest86+あたりでチェックしてはどうでしょうか。

その他ストレージボトルネックはあると思います。
体感的に、爆発的に高速化した印象がありますので。
ちなみにこちらでのエクスペリエンスインデックスは、
メモリは7.8、ストレージは7.9が出ている状態です。
体感の差ですが、iTunesとかが意外に違ってきますね。

Maximus IV Gene-Zは無難そうですか。BIOSの更新は頻繁なので
枯れてくると安定性も期待できそうですね。
Posted by カワセミ at 2011年07月12日 00:44
>>カワセミ様

ご助言のおかげです。なんとかなるだろうぐらいの感覚で取り付けていたら、大変だったと思います。バックプレートを見たときに、インテルのおかげで、メーカーも苦労しているんだろうなと苦笑しました。実際に使うときには机の下においているので、フル回転していても、まったく気にならないです。動作テストの段階ではそれなりにはうるさいなと思いましたが。

メモリは謎です。ASUSの場合、スロットを色分けしていますし、イメージで表示したインデックスは、マニュアルで推奨されている方法で挿入した結果ですね。CPUソケットに近い順にA1、A2、B1、B2で、メモリ1枚ならA2を、2枚ならA2とB2が推奨されているのですが(あとは4枚挿しが推奨構成になっていたのでマニュアルを見て乾いた笑いを抑えましたが)、B1とB2に挿したときがインデックスは同じですが、動作が速いです。P5Q-Eのときも同じでしたが、A1にメモリを挿すと、動かなくなるのはASUSのミドルクラスのマザーの仕様でしょうか。GA-Z68X-UD3H-B3はマニュアルどおり、隣り合わせがインデックス上は高いのですが、動作はどう組み合わせても遅かったです。

SSDは手持ちのインテル製を使う予定です。ただし、今回、あれこれ試してやはり新規インストールした方がよいなあと。そうなりますと、各種アプリケーションの認証の問題などもあり、1週間ぐらいは仕事が中断しかねないので、まだ先にした方がよさそうだなあという感じです。SATA300のときのベンチを見ましたが、SandForceではなくても、SSDは「もうじゅうぶんにはやい」状態なので、いざというときの保険になりそうなWD6000HLHXの価格が2万円を切るのを待っています。ST3320613ASがレガシーになっていて、インデックスには影響しませんが、これを取り付けた状態ですと、システム全体がやや遅くなる感じです。XPで動かしていた、アクティベーションを必要としないアプリを徐々に7に移していますが、想定以上に、ちゃんと動作するので、SSD+Raptorの環境を2台目の完成形態として目指しております。

末尾で恐縮ですが、お体、ご自愛下さい。
Posted by Hache at 2011年07月12日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46681996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック