2007年08月22日

東海地方の「旅」

 浜松も広くなったものだなあと感心してしまいました。長野県との県境まであと数kmというところまで友人に車で連れて行ってもらいました。思いっきり遅刻してしまったため、不興を買いましたが、おかげで夕方の涼しい時間を満喫しました。おそろしいことに、その数日後にフェーン現象もあって40度を超すという殺人的な事態になったようですが。もう少し早い時刻に到着していれば、川遊びもできたのにとちょっと残念でした。旧市内も暑いのは暑いのですが、カラッとしていて過ごしやすく、隠居する年まで生き延びちゃったら、浜松か静岡がベストかなと思ったりします。

 飲めば愚痴が多くなるのは、みんな年を食ったなあと思います。ある信用金庫に勤務している同窓生が「最近の新入社員はわからん」と言っていて、内容としては残業を嫌がるとか。こういう風景は、地方都市でも同じなんだなあと思いました。「この後来るのが、いよいよ本格派の『ゆとり世代』ですよ」と意地悪をすると、ぐはっとなっていました。考えたくもないでしょうね。学校はなにをしていると、幹事役の「先生」へ矛先が。

 なにをしているもなにも、教育改革の「受難者」のご様子。土曜日に授業がなくなって教えにくいし、部活動の顧問(本人は楽しんでいるご様子ですが)をしていると仕事は減らないしで、なにもいいことがない。おまけに、正確な名称は忘れましたが、安倍政権の「改革」のおかげで一年間の教育の到達目標を書けだの、くだらない作業が増える一方で現場では白けきっているようでした。保護者はといえば、学校の不祥事に関心が高く、これには先生もさすがに参っている様子。「正直、小学校はやばい人が少なくないようなんだけど、どうしてなんだろう?」と振ってくるので、酔った勢いで思わず「そういう素質を持った人が混じる確率が高いんじゃない」と答えると、向こうが真剣に考え込んでしまったので、まじめな話に「ネタレス」をしてしまって一瞬あせりました。それ以上に酔いが醒めそうになったのは、「それはいえてる」という返事でした。おいおい冗談だってばとはいえない雰囲気に。

 日の丸・君が代とか東京の問題を地方に押し付けるなという話題(昨年も書いたと思いますが、小・中・高と浜松市と静岡市で卒業しましたが、日の丸の掲揚と国歌斉唱は当たり前だったと思います。今でも変わらないようです)になってホッとする反面、なるほどと思いました。大都市圏と地方の格差といっても、大都市圏によっても差がありますし、地方と一括りにしても、浜松のような最近になって政令指定都市へなった地方部と、それどこれではないところでも差がありそうです。要は、国、あるいは中央が細かいところまで口を出して地方ごとの差異を無視してしまう(これはこれでやむをえない部分があるように思いますが)ために、「改革」するたびに疲弊してしまう。「格差」の議論がうるさいほど多いので隠れているように思いますが、国と地方の関係で明治維新以来の近代国家建設の過程では中央集権的になること自体はやむをえないと思いますが、国としての一体感が定着した段階では国と地方の関係を、あくまで行政のレベルですが、以前ほどタイトにする必要がなくなってくるのでしょう。通常の「地方分権」という場合、あるべき姿や理想像として語られることが多いように思いますが、現実には中央ですべてのルールを整備できなくなってきているという現実を反映しているだけではないかと思ったりします。まあ、酔っ払って考えたことなので、いい加減な話、じゃなかった「寝言」ですけれど。

 日は変わって、お墓参り。お盆のピークは避けたかったので(8月15日に靖国神社に行く人の気持ちがわからないのは、ひとえにゴミゴミしている時期になんでわざわざでかけるんだろうという不謹慎極まりない理由ですが。初詣なんて三が日にでかけるのは10年に一度で十分というぐらい人ごみが嫌いなので)、ちょっとだけ前倒しで粛々と手を合わせました。父上が車で迎えに来てくれたのですが、びっくりしたことに母上がいない。ありゃまあと思ったら、車に日よけがついていなくて真昼に乗るのが嫌だとか。確かに、言われてみると、駐車場の車のほとんどは日よけがついていました。実家から1時間以上かかるので、意外とこたえるのかも。どうも、もっと遅い時間にお参りをするらしい。ちゃんとお花を買ってきているので珍しく段取りがよいなあと思いましたが、お墓の前まで来て慌てて「線香を買ってくるのを忘れた」。ふだんは、いい加減なおっさんにしか見えないのですが、さすがにこういうときは神妙なもので慌てて買出しに。その間に私はお墓を清めてお花を供えるのですが、包みを開けてちとひいてしまいました。なんと値札がついていて、一束200円。祖父と祖母が悲しんでいるだろうなあとちと涙がこぼれそうに。こういうのは値段じゃない、気持ちだと言い聞かせるものの、あまりのせこさに母上に告げ口しようかと思いました。いつも、ケチだの紐が堅すぎるだの文句たらたらなんですが、ご本人も意外と堅い。

 父上がお線香を買ってきてお参りを済ませた後、他のお家のお墓に備えてある花を指さして「これは何の花?」と尋ねるとほおずきの花と答えるので、そんなことわかってますがなと思いつつ、うちのお供えにはなかったよねとじわじわと責めて、最後に「あれ、一束200円で計400円でしょ。お母さんに言ったら、どんな顔をするかな」といじめると、動揺しながら目線でそれは許してくれと訴えているので、武士の情けというところでしょうか。ありがたいことに名古屋駅まで送ってくれるというので、電車賃が浮きました。

 ちょっと驚いたのは、名古屋駅の近辺にトヨタの本社ビルが建設中でいろいろ説明してもらいました。父上はJRのビルよりちょっと高くて妙なところでプライドが高いとか細かいところにこだわりがあるようですが、個人的にはトヨタもそのうち三河の会社じゃなくなるのかなとこちらも「寝言」。事業内容は既に三河だけの会社ではないのですが、登記上の本社も名古屋に移るんでしょうか。1990年頃までは名古屋の「財界」ではトヨタは三河の会社として下に見る傾向があったように記憶しますが、本社機能が名古屋に移るというのは時代を感じます。これで東京に本社が移るとなると、トヨタも終わりかな、株も売り払おうかなという感じ。

 元々、東京で生まれた会社は別として、首都圏以外で大きくなった会社が東京に本社を移すと、強みがなくなる印象があります。例外も多いでしょうし、東京が日本で経済的にも活力がある都市であることは間違いがないのですが、うまく表現できませんが、地方で生まれた会社が東京に出ると、地方よりも様々な交流でえるものも大きいのでしょうが、その会社がもっている強みがなくなってしまう印象があります。他方で、東京に本社を移す頃には既に旬を過ぎているだけかも知れず、ああでもない、こうでもないという「寝言」をつぶやきながら、自宅に戻ったのでありました。

 以上、旬の過ぎたお盆のお話でした。
posted by Hache at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5164495
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック