2007年09月20日

麻生「閣下」の「陰謀」

 「不規則発言」を拝読して、ああ、阪神が負けたのねとネットで確認すると、「やっぱり」。ほんと、わかりやすいなあ。2リーグしかないのに「クライマックスシリーズ」なんてやめておけばよいのにと、どうでもいい寝言。中日が短期決戦に弱いのは織り込み済みなので、今年は阪神でいいんじゃないですか、フフン。でも、うかうかしていると、「あっさり塩ラーメン」(インスタントだけど)で長期も目指しますよ、フフン。うちは、井川とかメジャーへ挑戦するほどの選手はいませんが、国内ならそれなりに人は揃ってますからね、フフン。

 気を取り直して、「麻生陰謀説」は誰でも思いつきそうですが、このタイミングでやりますかね。もっと、「深い闇」がありそうですな。「旬」も過ぎたことですし、8月12日未明のやりとりを「時の最果て」風に再現しましょう。

A生:晋三、最近、覇気がないぞ。
安B:…。いつもテンションが高いですね。
与S野:まあまあ、平Nさんは私が手を回しておきますから、総理、ご安心を。たまにはカラオケでもどうですか?
A生:いいねえ。晋三もどうよ?
安B:……はい。

(某都内「高級」カラオケボックス)

A生:よーし、新曲をお披露目だ。
与S野:ほお、幹事長が作曲もされるとは存じませんでしたが。
A生:まあ、替え歌だけどな。谷村の『昴』だぞ。これで晋三も元気になるだろう。
与S野:総理も楽しみましょうよ。
安B:…(すでに虚ろな目)。

(A生が『縋』を熱唱。「さらば縋よ」のさびをバッチリ決める)。

A生:どう?晋三も吹っ切れただろう?こんな小憎たらしい奴の天下なんて嫌だと思えば、小Zなんて…。
与S野:総理、何のために続投したんですか?ダメですよ、逃げちゃ。
A倍:……。

(沈黙の後)

A倍:逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。
A生・与S野:…。
A倍:辞めます。僕が降ります。
A生・与S野:……。
A倍:僕が辞めても、代わりはいるもの。
与S野:……負けたな。
A生:……。

(次回予告)

自分の心を克服できず、タロウからも逃げるシンゾウ。だが、コイズミは、チルドレンをあっさりと見捨てる。そこにやさしい言葉はなかった。次回、「安倍、逃げ出した後」。この次も、サービス、サービスゥ!(by 四石琴乃)

(補足)初回のみ、「逃げちゃダメだ」×5ですな。

 こちらは、辞任表明直後にお蔵入りさせたメモです。つまらない「寝言」ですが、夜は涼しくなりましたし、タイミング的にはこのあたりでしょうか。ちなみに、私は「エヴァヲタ」ではありませんので、誤解のなきよう。1995年には阪神・淡路大震災に続き、地下鉄サリン事件があって世情は暗く、経済も盛り上がりを欠く状態。知り合いに「絶対、これは歴史に残る」と勧められて、『新世紀エヴァンゲリオン』をとりあえず見ろと言われました。よくはわからないですが、「不条理」がテーマとかでバブル期入社組あたりで受けているとかなんとか。が、知り合いの部屋に案内されて、ドン引きした記憶があります。綾波レイ(変○ヲ○クの愛玩人形)のポスターにグッズ。この手の趣味はないなあとご遠慮しました。

 数年後ですが、CATVでCSの配信をしていたので、『キッズ・ステーション』で『らんま1/2』を見るついでにエヴァンゲリオンも見ましたが、意外と絵がきれいだし、見れるなあと思って見始めたら、なんのことはない。「汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオン」なるロボットは、「パイロット」(チルドレン)がプッツンして暴走しないと勝てない欠陥「兵器」。初回こそ、父、碇ゲンドウに連れてこられて無理やりロボットに載せられる碇シンジはなるほど入社直後に893がらみの「債権回収」にかりだされて、「やってらんないよ」とぼやいていた都銀に就職した先輩方の愚痴を思い出させましたが、あとになるほど、ストーリーが混乱して、ナンセンスさとギャグの「お約束」度(わかっちゃいるけれど、こちらの予想を超えるベタさに脱力する)でホッとする『らんま1/2』に軍配を上げた覚えがあります。

 肝心の(?)総裁選ですが、今回ほど自民党員でもなく、党員でもなく、まして議員でもなく、自民党で勝手にお決めくださいという感覚が前面に出るのは久々だなあと。細川政権は、「国民福祉税」のゴタゴタで訳がわからないけれど、しょうがないかなと思いました。村山政権は、自社さの枠組みをつくるための便法だというのがミエミエで、あの方の支持率が高いのが理解不能だったので、さっさとお辞めになってすっきりしたというのが実情。しかるに、今回は…。救いようがないですね。「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」はどうなるんでしょう。誰が総理になるかよりも、こちらの行方の方が気になります。

 まあ、それにしても、「政界再編」が「排除の論理」で進むとは思えず、いったいどうしてそんな夢想ができるのかが私にはわかりません。「自民党崩壊」ならありそうですが、単に混乱するだけで、仕事が進むとも思えず、摩訶不思議。「左右」の「原理主義者」の方たちがお疲れになる、あるいは「共倒れ」になるのを待つしかないのかなと無気力な「寝言」が浮かんでしまいます。


 『新世紀エヴァンゲリオン』を御覧になったことがない方も少なくないでしょう。「サービス、サービスゥ!」でエヴァの世界観の「入門編」をよく表した動画へのリンクを貼っておきます。なお、次の「注意事項」を御覧になった上で、自己責任でお願い申し上げます。

(1)リンク先を開くと動画および音声が出現します。職場等、パブリックな場での閲覧を控えることを強くお勧めします。単なる職務怠慢にとどまらず、「あいつ、エヴァヲタ」らしいよなど「風評被害」にあう虞があります。当ブログは、一切の責任を負いませんので、ご了解ください。

(2)リンク先の動画でのセリフの意味が理解できない方は、精神状態がほぼ正常であるといえるでしょう。製作者は、「あちらの世界」に行かれたかったようですが、残念ながら、才能が不足していたせいか、逝ききれていないようです。共感してしまった方は、精神汚染の可能性があります。専門医にご相談されることを強くお勧めします。

(3)動画を御覧になれば、一目瞭然かもしれませんが、「綾波レイ(ファーストチルドレン、優等生、朴念仁)」の声優は、林原めぐみさんで『らんま1/2』で女らんまを担当しています。逝きたくても逝ききれなかった作品で欲求不満になった方は、レンタルビデオ店でもなんでもよいので、『らんま1/2』を御覧になることをお勧めします。逝っちゃっている度は『らんま1/2』の方が高いので。

http://video.google.com/videoplay?docid=561267206269213819&q=evangelion
posted by Hache at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 不幸せな寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5509266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック