2012年09月13日

統治の自死

 正直なところ、いくら眺めていても、経済はわからないです。ユーロ圏に関してはメルケルがタフになっていて面倒なのは今に始まったことではないのですが、困るといえば困ります。ただ、現実にはQE3を期待しているのでしょうか、ドルが弱くて、FXの類は一切やらないのですが、現物のドルをまとまった金額で買ったのですが、ヘッジを手抜いていたら、あっという間に含み損が万単位になってありゃまという感じです(これにレバレッジなんかかけていたらゾッとするのでFXには手を出さないのですが)。為替相場一つとっても、この程度ですので、私の経済の話など「寝言」以外のなにものでもなく、よほど暇で時間を持て余している方だけがお読み頂ければと存じます。

 それにしても、中国の反日デモのしょぼさには涙が出ました。習近平の消息がわからなくなっているのはサーチナでざっと読みましたが、あまり深入りするつもりもないです。共産党内部の権力抗争なのか、人民解放軍が絡んだ大規模な権力闘争なのかすら、私では目星がつかないですから。ただ、中国共産党の統治の劣化は想像以上に進んでいる可能性があり、共産党支配が揺らいだ際に権力を担うのは人民解放軍でしょうから、共産党支配の弱体化や極端な形では共産党支配の崩壊が中国の対外強硬姿勢を変化させるという見通しは甘いと思います。民主化しても実は変わらないのではというのがより長期的な見通しじゃなかった、「寝言」なんですが。

 海外情勢がこれだけ動いている時期に国内の、それもくだらない話に時間を割くのはくだらないのですが、松下忠洋の自殺は呆れました。公人、とりわけ閣僚の自殺には『奇妙な弔辞』という「寝言」でも書いたように、手厳しいです。NHKの夜の9時のニュースを火曜日に見た程度なのですが、「ご冥福をお祈りします」とキャスターが神妙な面持ちで述べていて滑稽でした。死人にムチを打たないというのは、この島国のよき美徳と思うことも多いのですが、なにかあればその決断が国民の生死を分けることもある閣僚が自殺というのは論外だろうと。松岡利勝のときには安倍氏を支持していたこともあって、つい抑制しており、いま読み返すと手ぬるい感じです。今更ですが、文句なく不適格者を選んだ任命責任は総理大臣にあり、安倍氏の任命責任は重いと考えます。同様に、不適格者を選んだ豚はさっさと責任をとって辞職するのが筋だと思います。適当に職場で新聞を読みましたが、そりゃあ官僚が惜しい人を亡くしたというのは松下の経歴なども考えれば当たり前で、意味がないのではと。自殺の原因などどうでもよく、閣僚の責務に耐えないのなら、さっさと辞職するのが当然であって、その判断すらできない人物を選ぶというのは、どの党派に属するという問題前に論外だというのが「時の最果て」におけるスタンスです。

 驚くのは、首相官邸HPの「第2次野田改造内閣閣僚名簿」(参照)から松下忠洋の名前が消されているだけで、後任は誰になったのかもわからない状態のままだということです。これでは不用の人物をひな壇に挙げただけではないのかという印象すら持ちます。対照的に、安倍内閣の閣僚名簿を見ると(参考)、松岡利勝の名前があって在任期間もわかる状態です。豚が松下の自殺を大いに悲しんだと新聞には書いてありましたが、都合の悪いものは消してしまうようですね。前の民主党代表選挙で第一声が消費税率の引上げで、あまりに評判が悪いので撤回したのを見て、鳩山と菅を超える「逸材」と思って、ある種の敬意をこめて豚と呼んでおりましたが、本当にお二人を超えたなあと。自民党も総裁選モードということもあって現政権の悲惨さが隠れていますが、豚は歴代民主党政権が破壊してきた統治にとどめを刺したなあと。前の二人は統治の体をなしていなかったのですが、豚は統治そのものを破壊したという感じでしょうか。

 例の維新の会とやらが伸びれば、冗談で大阪市が日本を破滅させる"final weapon"を霞が関潰しに送ることになりますよと言っていますが、統治の自死が先に来るとまでは思っておりませんでした。維新の会は廃墟をかき回してがれきの山にするだろうと。統治機構の再建には数十年単位の期間が必要でしょうが、まず手を付ける人物がいなけばならず、まだ成熟する過程を見守ってその任に堪えうる人物かどうか、期待はしつつも、それなりに厳しく見ている状態でしょうか。


 先週からポリーニとベーム指揮のウィーンフィルのモーツァルトのピアノ協奏曲23番を聴くのが楽しいです。本音を言えば、国内政治はその10分の1以下の時間しか見ていないと思います。個人的には26番と27番の評価が低すぎると思うことが多いです。モーツァルト好きの人と話すと、26番はわかるけれど27番はあっさりしすぎじゃないかみたいな評価みたいで、私の耳が悪いのかなあと。23番をけなす人はまずいなくて、「あれは美しすぎる」という評価ぐらいしか聞いたことがないのですが、27番はダメなのかとちょっとがっかりです。アシュケナージぐらいしかもっていないのが残念ですが、27番がよい曲だというのは実感できます。ただ、CDについている解説の「白鳥の歌」説には乗れないです。ちょっと表現がよくないと思いますが、当時の聴衆には技巧的すぎる曲では売れないということを実感してメロディの美しさが強く出ている印象があります。

 あとはヴァイオリンの小品が心地よいです。久しぶりにハイフェッツでベートーヴェンのロマンスを聞いていたら、ちょっとびっくりしました。モーツァルトが次から次へとメロディが湧いてきて、そのまま楽譜にすると完成してしまう天才として描かれるのと対照的に、ベートーヴェンは旋律を磨き上げる時間が長いみたいな話が多いのですが、ベートーヴェンも思いついたメロディの数なら相当なのではと。ただ、取捨選択の基準が厳しいのと、やはりモーツァルトと比べると、時代が異なるので当然ではありますが、市民的ではあるなあと。

 しかし、ヴァイオリンの音色という点ではサン=サーンスの『ハバネラ』や『序奏とロンド・カプリチオーソ』あたりも大好きですね。今度、『ハバネラ』は2回目の生演奏が聞けるので楽しみです。今月下旬からサビ残休出当たり前ですので、今のうちに好き放題しておかないと精神的にもちそうにないです。



 以下のリンクなどは予告なく削除することがあります。

天国と地獄(グロ注意)



 タグの「リアル審査員ジェノ戦法」で噴きます。ちなみに、「ジェノサイド戦法」というのは、『アイドルマスター』無印(2はやっていないのでまったくわからないです)、オーディションで各ユニットがアピールをするたびに、ボーカルとダンス、ビジュアルの該当する審査員の興味が低下していくので、それを逆用して、たいていは流行1位(1位の審査員が5票、2位が3票、3位が2票とウェイトがついています)の審査員の興味をゼロにして帰らせてしまい、流行2位と3位(場合によっては3位のみ)の点数でオーディションを勝ち抜く戦法です。基本手には対人戦向きのテクのようで、初心者向きではないので、私は使いませんが、思い出でBadを連発したり、他のユニットがBadを連発しても審査員が帰ってしまいます。上の動画は、ゲームの中の「ジェノサイド戦法」をリアルに再現したというより、料理で無自覚にgenocideを図っているあたりがすごいです。

(変態という名の)淑女と歌と神



 公式サイトの小鳥さんのフィギュアの説明を読めば、仁後さんのセリフの大半は、公式に忠実なのがわかります。「わっしょいチーム」(繪里子とその下僕愉快な仲間たち)がまだまともかなと思いますが、面白さでは「うっうー」チームが上なので、こちらが先頭に来ている動画を選択しました。愛男(愛夫?)と麻美が変態淑女なのはデフォなので破壊力はそれほどでもないのですが、仁後さんが「買った人だけが覗けます!」発言とかネタ満載ですので、こちらがよいかと。他の注目ポイントは7分45秒前後でサウンドディレクターの中川さんがカプセルを開けるときに意外と力を入れているあたりで、ひとひねりで開けるまっちょんちょんの握力のすごさを実感するあたりです。次のポイントは9分あたりで、変態だけどぬーにゃんかわいいとなるあたりでしょうか。千早、もとい壁に隠れるあたりがかわいさ倍増です。アニメの特別編(26話)を見たことがあれば、『おはよう!!朝ご飯(スタッカートver)』(俗称『メカご飯』byミンゴス)が採点不能だったというあたりが、26話収録前なのか、その後なのかが気になるところです(26話は千早と貴音だけ中身がダダ漏れで笑えるのですが、なんだろうという感じはします)。若林神は料理とのギャップがすごくて、料理のときに芸人路線に流されずに、良心を発揮していればというのが惜しまれます。ちなみに、PS3のカラオケソフトの採点基準は不明ですが、15年ぐらい前のカラオケで採点が導入された頃に、音痴の私が95点を叩きだしました。要領は簡単で、セリフの色が変わる直後にあわせることと、音痴と言えども音程を外さないことの二つだけですね。自分のペースで歌うと、どんなにうまくても80点を超えるのが限界です。昔の話ですので、今は違うのかもしれませんが。

まっちょんちょんと牛



 実は、生放送で再配信なしというのは知っていたのですが、うっかり放送時間を忘れていて、不覚にも見逃しかけたのですが、最後のパートの始まりから見ました。仁後さんがすっかりカプセルを開ける係みたいになっていますが、その始まりが上の動画の10分50秒からの話ですね。今井さんは瞬殺され、中村さんは変顔し損になるという話です。それ以外にもビーフストロガノフとかかぶら蒸しとか伝説が連続して、時々つい聞いて、作業が疎かになる主因でもあります(個人的には「宿題をしていない春香を叱るように」がお気に入り。こちらよりも再生数が少ないのですがR4Uは破壊力満点でダルい子最高!)。1日2週分ペースで、やよいっちのプロデュースを続けているのですが、ユニット名はもちろん「まっちょんちょん」ではなくて「まっちょん」です。早くオーディションでごまえーを聴くのが楽しみなんですが。蛇足ですが、久々に26話を見たら、「腕っぷしのやよい」=「まっちょんちょん」という中の人補正じゃないのかと。単なる邪推ですが、最近はニコマスの影響なのか、なんなのかはわからないのですが、公式の壊れ方が本気すぎて少しだけ引きながら、受けてしまいます。 
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58211524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック