2012年10月29日

名言・迷言?

 RSSに残るのが面倒ですので、暇で暇で仕方がない方だけ「続き」をクリックして下さい。あ、ちなみに私は今週も土日がないので、ストレスを溜めつつあります。まあ、仕方ないなあという感じですね。


 まずは下の動画をご覧あそばせ。2分40秒あたりで、名言が出ます。

アイドルマスター あっというま劇場「ある日の光景 Pからの試練編」




「人間、死んで骨になればF91もつるぺたも一緒ですよ?」

これはなかなか。F91とつ○ぺたを他の言葉に替えても使えそうな汎用性もあります。名言です。

 他方、「迷言」という側面もあります。問題は大きく言って2点ほどあります。第1は、死ぬまでにF91とつる○たとでは天地ほどの差があり、骨になった段階ではその区別にこだわる必要は確かに皆無ですが、それまでは残酷なほど長く、やはり重要な要因であるということです。第2に、現代人は死後のことにあまりに無頓着ですが、骨になることが終局ではないかもしれないリスクが無視できないかもしれない点です。つるぺ○が好きな人にとっては発言者を伴侶とすることは無問題かもしれませんが、男性の多くにとっては悲しい日々が骨になった後も続くかもしれません。F91への未練がこの世の心霊現象の根源となっている可能性すらあります。

 この発言の真に優れた点は、名言が迷言でもありうるという二面性をよく示していることでしょう。過去の名言をスピーチなどに盛り込むことを習性としている方をしばしばお見受けしますが、たいていの場合、その場にそぐわない迷言になってしまうのは自分の言葉ではないこともさることながら、名言のもつ二面性という人間性への根源的な洞察に欠けているからでしょう?

(「寝言」とはいえ、本当か?)
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ふまじめな寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59618438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック