2012年11月19日

選挙よりもゲーム?

 土曜日に『ぷよぷよ』初代をクリアしました。ルルー強すぎ、ワロタ。20回ぐらいリセットしたような。残念なのはサタン様で2回目のチャレンジで、4連鎖1撃で40秒足らずで終了しました。なにせ、落下スピードが異常なので下押しする必要がないのですが、連鎖を組もうにも、無情にも絶え間なく、おじゃまぷよが降ってくるので、ぺちぺちですら間に合わないことがあります。ゾウ大魔王からコンティニューの嵐でしたが、ゾウ大魔王はデスタワーもどきが決まって、あっけなく沈めました。Schezoでよかったかな、これも強敵で2分もかからず詰まされては、コンティニューの連続で、デスタワーもどきもまぐれだとわかったので、今度はヘルファイヤーBとぺちぺちのコンボが決まって沈めました。ミノタウルスもつらかったのですが、このあたりから「究極連鎖法」の基本形にこだわっていては組めないことが多いのと、3列目にゴミが増えて危険なので、左右を対称移動して、3連鎖ぐらいのおじゃまぷよでは発火点が埋まらないように上部に発火点をつくって(発想としては真川折り返しに近いのですが、考えてやる余裕がないので勘で適当においている感じ)、相手のフィールドをチラ見して5段以上のフィールドにぷよがあったら、即発火すると、即死でした。赤玉一個でも致死連鎖になるので、単なる4連鎖で十分です。ただし、それを組むのがまぐれに近い感じでした。

 ルルーとは死闘と言ってよい感じでした。まともに組んでいると、3連鎖があっという間に2回連続で来て、体感的には即死に近いです。やけくそになってカエル積み使いましたが、やはり所詮はカエル積み。2連鎖すらしないことが多く、ルルーまで来て投げるのももったいないので、粘って、向こうが1発目を放ってから運よく3連鎖が組めたので2発目が来る前にこちらが3連鎖を終えると、向こうが散りました。サタン様相手は運がよかったです。

 日曜の朝は『日経』を読んで朝から不機嫌になりました。安倍氏の発言が痛いのは知っていたのですが、建設国債を日銀引受で発行して、公共事業を行うという発言をしたという『日経』の報道が正しいのなら、私自身の話ですが、投票先として自民党を選ぶことはないでしょう。『日経』ではマイナス金利と金融緩和が両立しないという話を追っていましたが、それはそれとして、「無制限」の金融緩和とインフレ目標の関係も意味がわからないです。単に既に採用されているインフレ目標、あるいは物価安定の目途を2−3%に引き上げるのなら、実現可能性は皆無だと思いますが(除く中央銀行引受による公債発行。ただし2−3%というマイルドな水準に誘導するのは不可能に近いでしょう)、まあ理解はできるのですが。あと、短期的にはエネルギーなどで輸入が増えている状況で円安誘導というのはバカらしいと思いますが。

 Wall Street Journalが2012年11月15日付で配信したPhred Dvorak and Alexander Martinの"Leading Politician's Remarks Rock Japan Markets"という記事では、安倍氏が退陣してから再度、自民党総裁の地位につき、影響力を回復して、その発言が金融市場を動揺させていると指摘しています。また、大腸の病気についても触れ、安倍氏周辺は最新の治療によって制御できると述べていることにも触れるなど、個人的なことにも関心を払いながらも、冷たい印象を与えます。大半は靖国参拝に象徴されるナショナリズムとしての記述に割かれています。あとは、防衛費の増額が東アジアの軍拡を招くとして描いているあたりは記者の立場が偏っている可能性もあります。全体としては、長期的に中国との関係を悪化させ、日本が東アジアの安全保障環境を悪化させる可能性に記事の焦点が当たっています。総理をおやめになり、5年たって厨二病が悪化されたご様子で、大変そうですね。ただ、できればあべしの奇妙な金融政策に焦点を当てるだけで、日本政治の混迷ぶりが浮き上がると思いますが。

 与党には触れていませんが、ネットで見る限りはまともな政策論議をする意欲もないまま、少しでも議席を守るために世襲を問題になさっているようで、現状では二弱政党の「対決」となっているようです。どちらも地に足がつかな議論ばかりで、段々と無関心になりました。サブタイトルが「豚と下痢」ではいかにも盛り上がらない感じです。

 財政再建一つとっても、2014年度から消費税率の引上げが決まっています。現状のままであれば、消費税率の引上げで民間最終消費支出が急激に落ち込むと予想しますが、2014年1−3月期における国内総生産の金額に確たる見通しがもてませんので、消費税率の引上げを見送ることも考えておいた方がよいでしょうねという程度のことしか言えません。他方、消費税率を可能にする環境を整備するために景気対策を行うというのは本末転倒ですし、見送れば、必要になったときに財源がないという状況に直面するでしょう。いわゆる「税と社会保障の一体改革」にはまるで期待しておらず、同世代は年金支給開始年齢が70歳になると予想している人が大半ですね。70まで生きていたら、払った一部を返してやると言われているようなもので、長生きする気もなければ、体がもちそうにない予想をしている者としては、掛けた金額が払い戻される期待値がゼロというひどいギャンブルを強制されている気分になります。現行の社会保障制度にギャンブル的な要素が大きいことすらわからない人たちに「改革」など期待するだけムダだというところでしょうか。


 上記のWSJの記事で上智大学のKoichi Nakanoという人の「リーダーが不足している」という発言が紹介されていますが、個人的にはそもそもいないという感じですかね。足りないのだったら足りないなりにやり繰りすることを考えることもできますが、いないとなると打つ手なしという感じです。

 『ぷよぷよ』をクリアして、日曜日に軽く連鎖を組もうとしたら、まるでうまくいきません。コンピュータ戦をやっていると、私の場合、連鎖の感覚がかえって落ちているようです。対人戦以外は一通りやってみて、このゲームは向いていないなというのが率直な実感ですね。

 ペトレイアスをCIA長官から解任したおかげで、リビアの米大使館襲撃事件でフリーハンドを与えましたね。誰が見てもテロですなあ、即座に認めないというのは理解不能でございますとCIA長官の職にあったら言えないことがいえるようになった御様子。なんだかアメリカ政治も混迷しそうで、観察する気が起きず、適当にうっちゃってます。

 ニコマスでこの1週間で繰り返し見たのが下の動画ですね。こちらは続きを楽しみにしております。「崖の上のピヨ」で文字通り「掛け算」をした方の作品というのが不思議でもあり、それはそれ、これはこれなのかなと思ったりします。



 「メインヒロイン(笑)」はネタで済みますが、「選良(笑)」は寒気がしますね。ニコマス自体はネタとして楽しんでいますが、寒いだけの「現実」には興味を維持すること自体、困難を覚えるだけです。
posted by Hache at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ふまじめな寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60141007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

安倍「下痢は完治したと言ったな。あれは嘘だ 今後は体調管理をかなり優先していくからな」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/17(月) 15:18:46.11 ID:tkOGbtbl0 ?PLT(12000) ポイント特典自民党の安倍晋三総裁は17日の記..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-12-17 18:01