2012年12月16日

有権者に優しい? 日本の総選挙

 とりあえず、昼間に投票を済ませました。腕時計で計りましたが、投票所に入って出るまで約3分でした。最高裁判所裁判官の国民審査の用紙を渡す段階で少し混乱があったようでしたが、アメリカ大統領選挙と比較すると、実に快適でした。小選挙区は造反者がいつの間にか戻っているので、ここだけ外しているので、2009年とまったく同じ行動パターンでした。報道では自公で320議席もありうるようですが、時代も変わりましたねという感じ。選挙特番を見ていましたが、もっともらしい議論をしていらっしゃるのですが、興味がわかないので、ニコ生に切り替えたら、割と丁寧に各党関係者のインタビューをしていたのでよかったですね。というか、地上波の議論の一部が電波すぎてついていけませんでした。民意はすばらしくて自公に320議席を与えることでねじれ国会を乗り越える力を与えようとしているそうで、自公が320議席取ると地獄ですよと話していたので、やはり有識者の見方は私のようなど素人と異なって凄いなあと。簡単に言えば、来年の参議院選挙は安倍政権で松岡氏の自殺など混乱しきった2007年の次の改選なので、よほどのことがなければ、自民党が議席を伸ばすと見るのが普通ですが、念のために、現状維持がやっとという線も考えなければならないでしょう。なにぶん、景気がこのままずるずると悪化するというのも考えにくい気もしますが、弱いのは間違いないのでしょう。他方で、財政政策にせよ金融政策にせよ、それほど効果のある政策は残っていないのが現状だと思います。したがって、なにもやる気がないと見られるのはあまりに稚拙なので、やっているぶりを真剣にやる、あるいは効果があまり期待できないというのはおくびにも出さずに、やっているように世論に映るようにしながら、期待を適度に抑えていくのがよいと思いますが、言うは易く行うは難し。景気以外でもいくつもの政権が失敗しているので、やはり難しいのだと思います。したがって、次の参院選までおよそ半年なので、2010年の参院選ほど極端にはならないだろうと思いますが、3分の2を抑えてしまうと、迂闊に解散ができない安倍政権以降の困った状態になるリスクがあるので、素直には喜べないと思うのですが、有識者様はさすが違うなあと痺れました。

 まあ、始まって見ないとわからないことが多いので、とりあえずは様子見ですし、議席も確定してからでいいかなと。面白そうな動画でもと探したら、下のような動画が出てきました。



 じっくり見たいのですが、いかんせん、月曜日が終わるまでに仕上げないといけない仕事がありますので、今は辛いです。作業をしながらでも、作業の妨げにならない程度がよいので。これは終わってから、階段連鎖が自由に組めるようになってからかなと。まだ、年賀状は買ってもいない状態で、今年は禁煙の効果のおかげか、体力は回復しているのですが、いつになく予定がタイトなので、アップアップの日々です。というか今週は生きて終わるかなという感じです。


 で、前から気になっていたのですが、『アニマス』第15話でキサラギがF91のロケットを食らっていながら、ノーダメージの状態で、「つる○た万歳!」(グーグル検索にかからないようにするために、この手の伏字を使うことが多いです)と亜美・真美が叫んでいるのがナチュラルで、台本通りだと思っていたら、なんと台本どころか、下田麻美さん(若い方の麻美、あるいは胸のある麻美)のアドリブだそうで、今井麻美さん(若くない方のry 胸がない方のry)が隣にいた下田さんの台本を見て確かめたとのことでしたので、この二人はどんな関係なんだろうと。とても気になっていましたが、偶然、『生☆声優グランプリV 』で下田さんがパーソナリティ、今井さんがゲストの回があって、タイムシフトは有料コンテンツでしたが、ためらうことなく入会しました。入会しないと見られない部分を見てなるほどと。『アイマスタジオ』第29回で、沼倉さんが「あさぽん、麻美さんの隣に座っているのにすごい勇気だなと思って」とまで発言して、今井さんが「まあ、わたしじゃあ、ないんですけどね」と言っているあたりで、古い付き合いなんだろうなと思いましたが、10年近くとはなあ。亜美・真美も千早もプロデュースしたことがないので、やよいっちをSランクに上げて、雪歩もSランクにした後に、亜美・真美からという予定です。それはともかく、同じ名前で同じ事務所所属で今井さんが気を遣わなくていいからねという趣旨のメールを送ったけれども、あまり意味が通じていなくって、下田さんがわからないまま、記憶していたあたりはすごいなあと。

 画数が28画というのは女性の晩婚だそうで、下田さんがたぶん深く考えずに、いくつまでが晩婚なんでしょうねという話題を振ったときには、見ている側が「あわわ」となりかけましたが、今井さんが「つうこんのいちげき」を食らいつつも、60歳なんじゃないとか泣けるフォローをしているあたり、優しいなあと(婚約指輪が年金3か月分とか声を出して笑ってしまいました)。画数とか気にしたことがないのですが、検索して適当に本名を入れると、智謀に優れ、晩婚傾向だそうで、今井流の晩婚の定義によると60歳までおkらしいので、油断はできないです。

 あとは、クラシックの話をしていたら、とりあえずピアノは誰で聴くと尋ねられて、まあ、やはりマウリツィオ・ポリーニでしょうかと答えたら、ヴァイオリンはハイフェッツでしょと言われて図星でした。最近は、海外の演奏家よりも国内のオケで充分じゃないかと思うようになりましたと話したら、N響は別格として、やはりレベルが上がっているようです。漫画やアニメ、ゲームといったジャンルだけではなく、ちょっと堅苦しいジャンルでも日本の演奏や作品の完成度の高さというのは認められる時代になってきているのかもしれません。政治を見ていると暗澹たる気分になりますが、日常生活がそれほど苦痛ではないのは、飯がうまい上に、様々な楽しみも揃っていて、デフレで大変だとかそういう話はそれはそれで無視できないとは思いますが、ダメなのは政治ぐらいであとはけっこう恵まれているからなあとぼんやり思ったりします。
posted by Hache at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
ぷよm@s31話見てきました。いやー、最期ああ来るとは読めなかったです。個人的にはちょっとショックな終わり方でしたが、しかし内容的には素晴らしかったですね。ぷよにますます手を出しにくくなりました。ドはまりしてしまいそうで…。

総選挙は、まぁ、来年の参院選はともかく、次回の衆院選の結果がどうなるのか今から楽しみになりました。3年後くらいの東アジア情勢がどうなってるかも含めて全く読めないなぁと。民主党は底を打ったでしょうから、これからが正念場でしょう。出戻り組なんぞ発生させずに再生していけるかどうかですかね。
Posted by 名無之直人 at 2012年12月18日 00:32
>名無し之直人様

コメントの反映が遅くなり、失礼しました。管理画面を覗いている余裕がなかったのでご容赦下さい。

『ぷよm@s』part31は、伏線が半端ではなかったですからね。カウンターが美希に潰された戦法というイメージが強すぎでした。繰り返し冒頭から結果を忘れて素直に見ると、視聴者を騙そうという意図はほとんどないなと思うのですが、タイトルにまで伏線とか、鱈Pには脱帽です。

誠に遺憾ではありますが、安倍自民党が失望に終わる確率はかなり高いと思います。公共事業は増やします、社会保障も頑張ります、防衛費も増やします、消費税率の引上げはもにょもにょでは、景気の悪化による「痛み」をほんの少しだけ和らげる程度で、恐らく麻生政権以後、糖尿病コースに入った日本財政に打つ手なしになる確率が考えたくないレベルにまで上昇したと思います。

自公政権に失望した民意が民主党に戻る確率はかなり低く、いわゆる「第三極」、とりわけ維新の会を選ぶ確率の方が高いように私には映ります。その時点では、維新の会を擁護する気はありませんが、打つ手自体がほとんどなくなっていると思います。疲れているので、悲観的なことを拾うバイアスが強いとは思いますが、二大政党制が日本に定着する可能性は低いと思います。
Posted by Hache at 2012年12月19日 12:17
いえいえ、年末のお忙しい中反映等ありがとうございました。

ぷよm@s、これ以上感想書くとネタバレになってしまいますので控えますが、準決勝残り一試合が噛ませで終わるのか、決勝とその先がどうなるのか、楽しみは尽きませんね。

阿部政権が失望に終わるだろうという予測はたぶん外れないし、その先で維新の勢力が政権を掌握する事があってもその時は更に状況が悪化してて採れるオプションも無くなってるだろうという予測も同感です。二大政党制もアメリカ見てると解では無さそうですし、だからこそその時どんな展望が開けているのか楽しみにしてる感じです。
Posted by 名無之直人 at 2012年12月20日 08:31
>名無之直人様

あまりにも間が空いてしまいましたが、私自身は安倍政権が失敗に終わらないことを願っています。悲観的に見てはおりますが。

Bぷよはキャラスキンを使うと、小鳥さんと対決している気分が味わえますね。デスタワーが上級者では有力なようですが、連鎖の練習を楽しんでおります。
Posted by Hache at 2012年12月27日 01:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60816574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック