2014年04月25日

とりとめもなく

 体調がよければ、2月ぐらいからウクライナ情勢を取り上げていたと思います。言い訳ですが、なんだか疲れてしまいました。いい加減な話ですが、ソ連崩壊後、民主化の波が東欧や旧ソ連領内に押し寄せたわけですが、民主主義を過度に普遍化する信仰には元々ついていけないですし、なんか疲れてしまったというのが正直なところです。暇ができたら、オバマ訪日は何か書くかもですが、日米ともに無能な政権では大丈夫なのかなと強い不安に襲われます。

 というわけで、現状は体調の回復が最優先ですので、好きなことばかりやっています。"ambiguity"を理解したくて、まず、確率微分方程式を理解するためにはどの程度の数学が必要なのかを3月ぐらいまでに見極めて、今はまずは測度論ですね。率直に言えば、砂を噛むような作業の連続ですが、やっと少しだけ楽しめるようになりました。しかし、手強いです。まあ、理科系の大学の授業に潜り込めば、あっという間という気もしますが。

 最近は、将棋名人戦も見なくなっていましたが、第72期名人戦七番勝負第2局は9時過ぎに帰ってきたら、中継が終わっていてびっくりでした。確か、電王戦の第3局で豊島七段の指し手を見ながら、強いなあと感心していたあたりから、ニコニコ動画の将棋中継を見ることが増えました。このときは、「水平線効果」という話が出ていて、素人目にも、いかにもコンピュータがやる、意味がほとんどない手が出たのですが、数十手進んでどうしても避けたいと評価した局面があると、それ以外の局面に誘導するために、変な手を指してしまうというのはなるほどでした。人間とコンピュータの対戦もよいのですが、やはり人間どうしの対戦もみたいなと。王将戦の最終局を見ながら、羽生さんが弱くなって悲しいみたいなコメントが出たので、ふだんはコメントを全く書かないのですが、思わず、「弱い羽生三冠(笑)」と書いてしまいました。羽生三冠と渡辺二冠の二人だととくにどちらをもつというのもなく、渡辺二冠が防衛しても、否定的な感じは全くなくて、確かに一時期のようにタイトル戦の番勝負で圧倒的な強さを誇った時期とは異なるとはいえ、名人戦も挑戦者だし、貧力虚脱灸でもすえられていたら別ですが、そんな状態には見えないので、「タイトルがとれない=弱い」というのは理解できなかったりします。

 話がそれましたが、相掛りの力戦型で棋譜を見ていて、やはり41手目の印象が強烈でした。実は1日目は全く見てなかったので、棋譜を見ただけですが、これは、はあというため息しか出ないです。ただ、ここまで大差がつくということは森内名人の側にミスがあると思うのですが、58手目以降の手順なのかなあ。実はこの対局が終わった時点で久しぶりに、なんかすっきりしたので、「寝言」でも書こうかと思ったのですが、書かずじまいになりました。

 明日は天気もよさそうなので、大切な人と会話したら、あとは散歩ですかね。パーソナルトレーニングのトレーナーから起床時の脈拍をチェックするように言われたので、3月の終わり頃に電子血圧計で測ったら、毎分50拍でした。そ、そうですかと思いましたが、今朝は午前6時に目が覚めて、毎分70拍でした。疲れているなあと思ったので、適当に会議をサボって、散歩して、体内時計をリセットしようかと思いましたが、くそまじめに会議に出てしまいました。

 オバマ訪日はウクライナ情勢に比べれば鬱にならない話題ですが、なんだか両政府とも事務折衝から稚拙な印象をもっているので、よほど暇になったら書くかもです。



 飲みに誘ってくれる人が2人ほどいたのですが、どちらも最近は他人の悪口が3分の2(一人はほぼ全部)で、飲み終わると、とてつもなく疲れるので、体調を理由にお断りしております。悪口を言わなくてはいけないような人とは、仕事でやむをえない場合はお付き合いもしますが、そうでもない人は関心すらなくなってしまうので、酒を飲んでいるときに、わざわざまずくなる話題というのは、その場は適当に合わせるのですが、一人になってから本当にぐったりします。代わりの話題となると、ボレル集合族とかそんな話ぐらいしかできないので、面倒ですし。

 そうはいいつつ、去年から極秘に進めていた『進撃の巨人』の輪が広がって、しかも、すべて20代から30代女性と語り合っている状態です。まどかマギカはコアなオタク体質じゃないと無理なようなので、限定されますが、この動画をスマホとかで見てご覧よというと、ふーんと言いながら、翌日、何話まで進撃を見たとかそんな感じですね。



 今年は、体調を崩す要因をはっきりさせて、365日の8割は集中力をもって過ごすことが目標ですね。そんなわけで、出席する会合や会費を払う団体を一気に削りました。最後に、タクシー労働者を保護するために料金のカルテルもやむなしという意味不明の話がまかり通る団体と手を切って、かなりすっきりします。

 この年齢で、確率微分方程式に手を出すというのはかなりリスキーなので、無駄は全部、そぎたいといったところでしょうか。
posted by Hache at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/94051504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック