2013年08月07日

「ジラース法」をめぐる諸問題?

 天気予報によると、すさまじい驟雨と湿気の後は、猛烈な暑さのようで天気のことは考えないことがよさそうです。入院の準備だけではなくて、入院前に仕事を片付けておかなくてはならず、前回のごあいさつでお休みしようと思いましたが、8月5日に『ぷよm@s』part32が投稿されているのに気がつく始末で、ちと、これはひどいなと。天気と景気の話はご勘弁願いたいところでしたので、干天に慈雨でありまして、「寝言」の一つでも呟こうかと。

 前回と比べて、ギャグの要素が多くて、こういう回も楽しいです。さすがに、「せんだサプライズ」とか「みつおウェイブ」は初見でありまして、中カウンターの補足説明に続くパートは「消化試合」と言いながら、アイマス自体から離れていますが、笑いが止まらないです。しかし、そういいながら、雪歩が勝負に目覚めるきっかけが織り込まれているあたりはさすがだなあと。真とは対照的に、part30の状態では雪歩が中途半端な状態で決勝戦に入ってしまうので、このあたりは構成が緻密でうなります。単に深読みのしすぎかもしれませんが。

 ただ、今回が事実上、決勝戦の始まりとなるとは予想していなくて、ちょっと驚きました。まあ、えぐいジラース法で妄想が広がるのも困るのですが。最初は、part30で雪歩が経験したカウンター側の起爆色の問題かなと思ったのですが、ジラース法の演出のおかげで、見れば見るほどわからなくなります。その程度なら、あそこまで引っ張るかなあという感じで、真も織り込み済みではと考え出すと、カウンター以上に、凝視もちの5連鎖の弱点なんて簡単そうで難しいなあと。何気に凝視ができるのが当然の前提になりつつあるのが、もうやだ、この芸能事務所みたいな感じ。「申し訳程度のアイドル要素」という7分38秒あたりのコメントですべてが語られているのでありました。それはともかく、カウンターそのものについては、本編でも触れられているように、除くデスタワーですが。鱈Pのジラース法にすっかり踊らされている感じですが、楽しいので無問題です。



 他の技も面白いのですが、たかが「せんだみつおG@ME」でけが人が出たり、「ごめんね春香。これも勝負だから!」という迷セリフが出たりとくだらなすぎて、その動画に見入っている自分に呆れるぐらい泣けてきました。エピローグで伏線回収とか、オチがシンプルなようで、細かい配慮があったりと(オフ組とせんだみつお組は声を出して笑いそうになったので、職場で見るのはお勧めできないのが遺憾ですが)、最後まで笑えていいですね。



 なによりも、完結している作品は、「次回を待て」とじらされないのが精神衛生にはとっても良いですねえ。1年ぐらい待った気がしたのですが、前回はいつだったんだろうとpart31の投稿日時を見ると8カ月も待っていないのかと。1年以内に次回作が来たら、それはとってもうれしいなと思ってしまうのでした(遠い目)。


 続きを読む
posted by Hache at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2013年07月30日

入院のお知らせ

 8月19日から副鼻腔炎の内視鏡手術のため、1週間程度、入院いたします。先週、副鼻腔を中心としたCTの結果が出まして、鼻ポリープで鼻汁が溜りやすくなっているとともに、副鼻腔の大部分に膿がたまっている状態なので、一度、きれいにしましょうとのこと。手術の説明を受けていると、眼窩のすぐ近くまで副鼻腔が広がっているので、病気そのもので死ぬことはまずなさそうですが、失敗すると、生きる気力がなくなりそうな話でびっくりしました。全身麻酔をかけるので、喘息の既往歴があるため、念のため、今週に免疫リュウマチ科で診察を受ける予定が入るなど、やや疲れております。実は風邪も症状が改善したと思いきや、のどの痛みとせきがしつこくて、ほとんど集中力がありません。

 しばらくは静養したいのですが、それもかなわず、厳しい日々が続きます。
posted by Hache at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2013年07月26日

そんなに簡単?

 先般の参議院議員選挙について、最近は、若い人からどう思いますかと尋ねられるので、軽くいなしています。マスメディアの報道通り、民主党が再起不能であることを自他ともに確認することがメインでしょと。「ねじれ」解消後の話も、自民党の利権体質が復活するとか、暇くさい論評をしている人がいるそうですが、財政再建に社会保障制度改革、超過疎化時代の地方分権と内政の課題を考えるだけで山積みなのが現状であって、問題をどのように解決するのか、あるいは凌いでいくのか、丁寧に説得して人々の行動を誘導するのに骨が折れることばかりですから、慌てず、優先順位をつけて魚の骨を丁寧に取り除くような作業の連続に耐えるしかないでしょうと。成長戦略や消費税率の引上げの延期などに力みすぎると一気に紛れる可能性が高いので、普通ならば長期政権を期待するところですが、リスクシナリオも考えざるをえないでしょう。

 とまあ、ない頭をひねったところで妙案などないわけでして、それよりも、先週から今週にかけて人生で最後から2番目になるかもしれない決断をしました。この商談にも、当然、相手がおりますので、こちらの言い分が通るとは限らず、精根尽き果てるまで準備はしたので、あとは運次第です。加齢のせいか、年下の方からご厚情を頂くと、ちと目頭が熱くなったりします。

 人生の最後は静岡県で過ごしたいと考えておりましたが、学生時代に旅行して以来、この数年で2度ほど博多に出かける機会があり、都会的な要素と人情が調和していて、一度は住んでみたいなあと。旅でよい思いをしても、中々、住みたいとまでは思わないのですが、福岡は別格でした。もう少し若ければ、首都圏で一度は暮らしてみたかったのですが、もうこの年になると、地方都市でのんびりと過ごす方が楽しいです。あとは、なんだかんだで、外見から入るタイプなんだなあと。いわゆるブ○の三大名産地が出身地なので、肌がきれいな人ばかりで驚きました。縁があるとよいのですが。

 風邪がほぼ治ってきました。のどの腫れやせきなどは残っているのですが、だるさがほぼとれてきたので、暑さに耐えられる体になりたいですね。ジムでパーソナルトレーニングを受けておりますが、人体は本当に不思議だなあと。ストレッチとアクティブストレッチの組み合わせで、歩き方が変わるので、ちょっと驚きでした。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2013年07月22日

しつこい風邪とふくらはぎ

 7月1日に扁桃腺と診断されてから、とにかく治りが悪くて疲れました。現在は、のどの痛みと咳が主な症状です。7月に入ってから初めてジムでパーソナルトレーニングを受けましたが、気を遣って頂いて、ほとんどリハビリメニューでした。ふくらはぎが以前よりも固くなっているという指摘は耳が痛くて、風邪が治ってからの話ですが、歩く際にもストレッチを必ず入れなくてはと。以前は、とくに意識しなくてもしていたのですが、いつからかさぼるようになってしまいました。

 もともとふくらはぎが固いのでけがをしやすい自覚はありましたが、風邪の思わぬ副産物で、腰痛の原因にもなるという話を聞けたのは驚きでした。整形外科等で、「患者」が腰痛を症状として訴えている場合、腰の疾病があるのは2割程度とのことで、これは『日経』に載っていたようです。大半は運動不足とのことでしたが、さもありなんという感じ。ジムに通っていると、体が軽くなります。

 土日はジョジョの第4部で潰れてしまいました。露伴先生登場ぐらいまでは読んだ気がするのですが、大学卒業後は漫画自体から離れてしまったので、ラスボスも知らなかったので、最後まで展開が読めなくて楽しかったです。展開が見えている話は本当につまらないので。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不健康な?寝言

2013年07月07日

扁桃腺炎が象徴する不健康

 この数年、気候の変化の激しさについていけず、体調を崩してばかりです。それにしても、先週は奇妙だったので、簡単に自分用のメモです。正直なところ、自分の生存がやっとで、仕事をしていたら、他には手が回らないです。

経緯

7月1日(月) 耳鼻科にて扁桃腺が腫れていると診断された。のどに痛みがなく、扁桃腺が腫れていて、初めて自覚症状がないケースを経験した。糖尿病ではないかと尋ねられて(びらん性の疑いがあるということか?)、現時点ではそのような診断は受けていないと答えた。副鼻腔炎の治療薬に加えて、1週間分のアモキシシリン250mgのカプセルを2つずつ毎食後、服用。

7月2日(火) のどに痛みはないが、声が少し出づらい。

7月3日(水) とにかく体がだるい。発熱はないが、体力が削られている感じ。

7月4日(木) 初めて、扁桃腺が腫れていると痛みで自覚する。午前から夜まで仕事をこなしたが、立っているのがやっとで、話をするのが苦痛である。内容は論理的なことなので、まだ楽であった。勤務終了後に毎週、通っているジムのパーソナルトレーニングを当日、キャンセルした。軽いトレーニングぐらいならと思っていたが、若い子にいくらなんでもそれは止めた方が止められる始末。正常な判断力が失われていた。

7月5日(金) とうとう、のどの痛みが耐え難いレベルに。さらに、朝食終了後、薬を服用してから、しばらくすると、鼻水が止まらない。耳鼻科の治療対象となる鼻炎と風邪の症状が区別できるのかはわからないのだが、風邪をひいたときに、たまに、鼻水が絶えずしたたり落ちて、外出不能になる(マスクでごまかせることもあるが、この季節では無理)。2時間程度で200枚入り鼻セレブの1箱の半分を消費してしまう勢いである。食後から時間がたっていたが、黄色のベンザ(ベンザS)を探したら出てきたので、とにかく飲むと、眠気が強いものの、1時間もすると、鼻水は収まった。のどの痛みはどうにもならないが。ただ、よほど食い意地が張っているのだろうか、医師によると、「食べ物も喉を通らない」レベルの痛みがあっても、平気で食べれてしまう。おかげで中々、痩せない。

7月6日(土) ベンザの効果で外出可能に。ホームパーティにお呼ばれして楽しかったが、自分でも体調だけでなく、テンションがおかしくて、周囲に不快な言動を繰り返していて申し訳ない限り。帰宅して、7日未明にもどしてしまい、地獄を味わった。20年ぶりに酒の量も調節ができていなかったようで、浴びるように飲んでいたようではある。おいしい酒のときにはついついペースが速くなるが、焼酎でひどい目に合わないのは、家なら燗、そとではお湯割りで飲むので、このあたりで十分だなあというのが比較的、短時間でわかるのがだが、うっかりロックで飲んでしまった。ロックで飲むときには、早くても1時間で1杯が目安だが、倍以上だったので、完全に飲み過ぎだったのだろう。

分析

(1)発熱しない扁桃腺炎は意外とたちが悪い。これは要注意。気象の変化に対応するのが精一杯で、予防まではなかなか難しい。

(2)精神的な面では勤務先の業績が左前で、幹部連中の発言に絶望して、将来不安を抱えている。率直に言えば、現勤務先にはなにも希望していない。

(3)他方で、業績が不足しているため、他の勤務先への移転が困難な状態でもあり、やや自暴自棄になっている。

(4)あと2年以内に勤務先を変更できるように、冷徹に自己管理をしなくてはならない。

(5)昨年の健康診断で糖尿病に気を付けるように指導を受ける一方で、まだ、先だからとも言われている。リスクが明確になっているので、リスク回避を確実に行って、立て直しを図る必要がある。


続きを読む
posted by Hache at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不健康な?寝言

2013年06月17日

供給超過の世界

 金曜日から、昼は書生論議に明け暮れ、夜はうまい酒、おいしい肴をつまんで団欒を楽しみました。お付き合い頂いた方々には感謝の念があるのみです。一番、長く時間を過ごして頂いた方には独身最後の貴重な時間を割いていただいて、感謝の気持ちを言葉でうまく表現できないですね。

 簡単に備忘録ですが、酒を飲みながら、電力会社の方とガス会社の方とお話しして、とても楽しかったです。東北地方太平洋沖地震が起きた直後は、本当にひどい話がまかり通っていて、50Hzと60Hzの変換所がなんでこんなに少ないんだとか、周波数を統一しろとか、耳を疑う話が横行していましたが、送電線を引っ張り込むためには、用地取得から容易ではないわけで、昔のシムシティでいえば、発電所に金をかけて電線を引く金が足りなくなるようなバカな話ですなと。これを日本みたいな急峻な国土でやるわけですから、容易じゃないことぐらいはわからんのかとつぶやいていたら、あんたみたいな人の方が例外ですよと言われて、苦笑しました。まあ、柄も悪いし、口も悪いですから。

 それにしても、経済学者というのはなんでバカばっかりなんだろうという話になって、とある国立大学で本まで出版された方を引き合いに出したところ、「いやあ、あの方はものを知らないだけで、話せばわかる人ですし、悪意がないですから全然、良心的ですよ」と言われて、なるほど。学者は世事に疎いんですね。かなり図々しい話ですが、社から朝、こんなメールが届くんですよという話になって、なるほど、ある火力発電所で1基が故障して、60万kWが飛ぶと、異常気象でただでさえ需給がタイトになっているのに、これは怖いなあと。火力をベースにするという発想は、父上のように中部電力の営業エリアでは仕方ないのかなと思うのですが(PWRは実質的にベントにフィルターを付けている間に寿命が来てしまう勢いなので)、こういう綱渡りを電力会社に強いるのだなあと。

 ふと、思ったのですが、経済学者が電力問題に関して発言するときに、なにかずれるのは電気工学など理科系の知識が不足しているからでもなく、現場の知識が不足しているからでもなく(もちろん、無視はできないとは思いますが)、単に需要量と供給量が一致する状態が均衡だという発想に過剰適応しているからではないかと。そんなことをぼそぼそしゃべっていたら、電力マンが黙ってしまったので、まずいことを言ったのかなと思ったら、その発想はなかったみたいな反応でした。まあ、父上の話では予備率が4%を切ると、なにがおきるのかわからない、あるいは何が起きても驚かない世界になるそうでしたが、高卒のロートルの感覚は侮れないようでして、5%でも十分、怖いようですが、4%を切る前に手を打たないとまずいとのことでした。基本は原発の再稼働が最優先で一致していたのですが、実は原子力発電所は低格以上に稼働させるのは原理的に無理なのに対し、火力は定格が100万kW(火力発電所のプラントとしてはかなり巨大ですが)であっても、一時的になら105万kWぐらいまで頑張れるので(火事場の馬鹿力みたいな話なので筋が悪い気はしますが)、短期的な変動には火力発電所の方が柔軟性があるとのことでした。ただし、長期的にそのような利用をしていると、故障する確率が上がるのは自明ではありますが。

 単なる自己満足ですが、供給量が需要量を超過している状態が安定的な世界は電力と通信ぐらいかなと。道路もいけそうでしたが、渋滞という形で供給制約が顕在化するのが日常茶飯事ではありますし。ガス会社の方に聞いてみたいので、まずは電力会社の人の前では言えませんが、オール電化はもにょもにょと裏切ります。昔、『選択』というカストリ誌をとっていましたが、やめるきっかけになったのは、ガス会社の軍門に電力会社が下るという下世話すぎる記事を読んだおかげでした。現実は、震災の後でも、オール電化にガス会社が押され気味であって、ガス業界の新聞でルサンチマンをまき散らしている、ある種のメディア関係者にしか取材してないんじゃねえのと呆れたせいです。やはり、料理はガスに限りますし、ストーブもガスですよと、よいしょではなく、事実なのでそう話をすると、やはり人間関係ですから、ガス会社の方も警戒心が薄くなります。

 このガス炊飯器がおすすめですよと、スマホで見せて頂いたのが、直火炊という炊飯器で、嫁がいたら、これはいいなあと。一人なので、ご飯は一日半合しか食べないのですが、すくないぶん、おいしく食べたいという願望もあるので悩ましいです。あとは、ガスコンロによっては自動で炊飯してくれますよと教えて頂きましたが、家に帰って確かめたら、それでした。鍋を買って、ご飯を炊くのもいいかなと。おかずは電子レンジでも問題ないのですが、ご飯はまずいです。

 で、実は電力会社の方と供給量が上回っていないと、まずいので、経済学者がバカな制度設計をするんじゃないかと話していましたと率直に申し上げると、いえいえガスも同じですとのことでした。ちょっと端折りますが、LNGを専用船で運びこむ際にも、ガス会社と電力会社で協力関係が以前よりもはるかに強化されているようで、ガス会社が電力会社にとって代わるという記事を2年前に読みましたが、どう思いますかと尋ねたところ、円安もあり、競争ではなく、協調が主流ですとのことでした。ガスの方は暗いので、供給超過というよりも、在庫を抱えるという話のような気もしました。このあたりはもう少し勉強したいところです。

 明日から通常出勤ですが、とりあえずはこんなところでしょうか。まあ、お世辞にもロジカルではありませんが、この程度のメモはしておきましょう。


続きを読む
posted by Hache at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気分しだいの寝言

2013年05月29日

無神経な副流煙

 帰宅してから疲れがひどかったのですが、今朝、目を覚ましたら、呼吸が苦しくて参りました。あいにくとかかりつけの先生もおやすみでしたので、やむなく我慢していましたが、呼吸困難というのは初めてで喘息のように軽くぜいぜいする感覚もありました。最後に寄った喫茶店で長居をしたおかげで、ヘビースモーカーが5、6人で10分に1本間隔でタバコを吸うので、途中で気分が悪くなりました。その「後遺症」というわけではないのでしょうが、体がだるいだけでなく、症状自体は軽微とはいえ、明確に呼吸困難でして、無神経な喫煙者と同じ店で過ごすというのは自殺行為に近いなあと。これまたお世話になっている方とご一緒でしたので我慢していたのですが、次回以降、スタバ以外は無理ですね。非喫煙者がいるのに、同じ宴席で喫煙する人がいまだにいるということ自体に先週は驚きましたが、今週は知人ですらない、単なるヘビースモーカーが近くにいるだけで、ファブリーズを買って、噴霧しては乾燥させまた噴霧するの繰り返しが必要で、体は大丈夫かなと思いましたが、大丈夫じゃなかったです。

 おかげでスターバックスが安定して混雑する理由がよくわかったという感じでしょうか。正直なところ、10年以上前にここのコーヒーはおいしいからと言われて、味音痴の私でも、これって自分で入れたモンカフェと大して変わらないレベルじゃないかと思いましたが、全面禁煙というのは安心ですね。副流煙だけでなくタバコの香り自体が苦手になってきているので、法律で強制する分には分煙でよいのではと思いますが、私自身は禁煙以外の宴席はすべてお断りすることにしました。体へのダメージがいかんせん厳しすぎます。

 ユーロ圏の危機はいよいよポルトガルの離脱という話が米紙に出るぐらいまで煮詰まってきているので、要注意だと思いますが。アメリカ、EU、アジアと中国が揃って景気回復というのが「お茶会エンド」ベストですが、ユーロ圏が黄昏ていて、中国は低成長となってきたときに、アメリカが逃げ切れるかどうか。アメリカ政治はオバマ政権発足以降、極端に党派的になっていて、昨年末から今年の初めにマスメディアが大騒ぎしていた債務上限の話などどこかへ行っていますが、不安要素は意外と多いと感じます。

 日本の長期金利の上昇については恥ずかしながら、謎です。景気回復のシグナルだというのが一番、素直な見方なのですが、他方で、日銀は「異次元緩和」で金利を低水準に抑えようとしていると。先日、引用した米紙の記事でも指摘されていますが、金融緩和で金利を抑制するという政策とインフレ目標へ誘導するという政策は矛盾したシグナルを市場に与え、混乱させるというのは、そうなんでしょう。まあ、インフレ期待が金融政策で変わるというのはおとぎ話みたいなものなので無視したいところですが、一応、目標自体に強くコミットしているので、黒田総裁の講演を読む限りは、実質金利の定義とフィッシャー方程式の区別ができないレベルの人がトップに座っているとはいえ、インフレ期待が高まって名目金利が上昇したとすると、来春の消費税率引上げの2%のうち、どのぐらいが国債費で消えるのかが興味深いところです。あれで国民年金の国庫負担の割合を3分の1から2分の1に引き上げた分を補いたいのが正直なところではと。

 財政再建などあまりに道のりが遠いので、現実的に今後、財政赤字を拡大させかねない支出の財源をどのように担保するのかぐらいはきちんと説明して頂かないと、まずいのではと思います。国債の新規発行がいずれ困難になる時代がくるのでしょうから(半年以内に来ても驚かないです)、先回りしておいた方がよいのでしょう。まあ、そうならないでしょうけどね。今の政権では。


続きを読む
posted by Hache at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 不健康な?寝言